2018年04月26日

20180425 悩ませる女王

KIF_0630.jpg

 「サリー・クイーン」は、例年、苗づくりに戸惑う。発芽しても成長が遅く、苗代に二ヶ月近く居座ったまま植えどきが見極められない。ある時点で見切って苗取りをするも、田植えを始めてみると小さくてひ弱な苗が目立つのである。いろいろ試行錯誤したのだが、これといった解決法が見出せず、今年は思い切って下処理を中稲なみに早めた。他の品種、すなわち「豊里」・「神丹穂」・「緑糯」・「黒田苑」は晩稲とわかっているので本日下処理。例年「神丹穂」・「緑糯」は数日で発根するので、これらの苗代への種まきを4/29 (日) にやります。「黒田苑」は、昨年初めて栽培しようと試みたのだが、発根したものの苗代で全滅したので、リベンジできるか・・・念のため昨年取り置いた「朝紫」・・・これは中稲なのだが・・・を保険に下処理した。「豊里」は発根までに時間がかかるので、おそらく5/03頃の撒種になるだろう。・・・というわけで、次回4/29 (日) 10:00-15:00 古代米の種まきやります。苗代もご覧いただけます。神戸ノルデスチ道場付近参加無料。

KIF_0632.jpgKIF_0635.jpg

posted by jakiswede at 00:00| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月25日

20180425 春春

KIF_0621.jpg

 さらに追い立てられる。奥手のはずのパン用小麦「ユキチカラ」出穂即開花。キクイモ発芽、田ゼリ繁殖始まる。大根満開、ウスイエンドウとソラマメ開花。タマネギとニンニクがカラスノエンドウにあっというまに取り囲まれ、駆けつけてこれを救出。今シーズン初の本格的除草、作物の根を傷つけないように、しかもこぼれ種から発芽して越冬したコリアンダー (パクチー) を残しつつ、見極めながら・・・

KIF_0617.jpgKIF_0616.jpgKIF_0625.jpgKIF_0624.jpgKIF_0615.jpgKIF_0620.jpgKIF_0614.jpg

posted by jakiswede at 00:00| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月19日

20180420 篠山青山歴史村

KIF_0543.jpgKIF_0541.jpg

こうしてまたひとつ、屋根が仕上がっていく。私は下準備・後片付け・掃除をさせてもらいながら、見事な作品に日々ふれあっております。この世の天国、しかし現実は厳しい。現場仕事の後は深夜までブラックバイト・・・あの世の地獄。


30762719_1709682222472390_6843663123522519040_n.jpg31087085_1709776932462919_9079099206299287552_n.jpg31124696_1709683119138967_8017630560585252864_n.jpg

posted by jakiswede at 00:00| Comment(0) | 茅葺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20180419 大蒜玉葱干し

KIF_0586.jpgKIF_0588.jpgKIF_0589.jpg
 吊るして保存していたタマネギの発芽が始まると、中身が傷んでくる。晴れ続きを頼んでこれらを干して粉にする。瓶詰めにすると一年はもつ。ニンニクはちょっと手遅れだった。ほとんどカビて中はスカスカだった。健全なものだけを残して他は廃棄。
KIF_0590.jpgKIF_0591.jpg
posted by jakiswede at 00:00| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月15日

20180415 種籾塩水選温湯消毒

KIF_0554.jpg

 稲の種籾の塩水選とは、一定の比重の食塩水を作ってそこへ種籾を浸し、沈んだものを種子として使う選別方法である。定説では、その比重を「うるち1.13、もち1.08」と定めて、その基準で選別することになっている。しかしこれは現代の品種改良された「良食味米」の基準であって、機械化農業における均質化された種籾にのみ当てはまるものである。私の栽培する古代米や、不耕起農法で反陸稲状態で栽培される稲などは、品種によって大きさや充実度、籾殻の厚みや芒のあるなしによって全くバラバラであり、このような数値は全く当てはまらない。しかも、醤油の仕込み水の記事でも触れたように、食塩水の濃度とその体積との関係を等式化することは大変難しく、使う水道水や食塩の性質によって濃度と比重の関係は、かなり大きくブレる。小数点以下二桁を提示しておきながら、厳密な測定には専用の機器が必要になるので、仕方なく手引書などでは生卵がどのくらい液面状に出るかなどというあやふやな測定方法が示されている始末である。しかし卵だって必ずしも均質ではない。このように厳密性を求められる物事をあやふやに処理してしまって良いはずがない。目の前に種籾があってそれが全てなのである。これの中から良い種籾を選ぼうとするならば、これをまずは半分に分ける方法を考えるのが現実的だと思う。

KIF_0558.jpg

 というわけで、私は飽和食塩水を作ることにしている。これ以上濃いものがないのであるから、飽和食塩水に浸して全て沈めば文句なしの全部合格。しかし大抵は全部浮くので、これを攪拌しながら少しずつ水を足してゆき、食塩水の比重を下げていく方法をとる。やかんでじゃぶじゃぶと水を注ぐと、ある時点で種籾が一気に沈んで失敗する。薄まってしまったものを濃くするのはなかなか大変なので、面倒でも少量ずつ、攪拌しつつ慎重に進めるべきである。塩は安いもので良い。1kg程度の種籾を選別するなら、3ℓの水に2kgの塩をぶち込んで加熱攪拌し、溶けきらなかった分を除去して冷ましてから使えば良い。これでだいたい飽和食塩水になる。私の栽培している稲の品種を比重の重い順に並べると、黒田苑・緑糯・豊里・神丹穂・サリークイーンとなるので、この順番に選別してゆけば食塩水を薄めながら選別できるというわけである。しかし年によって作柄に違いがあり、順番が逆転することがあるので、食塩水の一部を分けておいて濃度を高める時に使うと良い。選別基準は、浮いている種籾が沈みはじめて、その量が約半分になった頃としている。塩水選を終えた種籾は即座に塩抜きをしなければならない。流水でよく洗う。種籾は散逸を防ぐために網に入れておくと良い。

KIF_0561.jpg

 引き続き温湯消毒に入る。これは60℃の温湯に10分浸す方法をとる。60℃は手がやけどするほどの温度なので、網袋を木じゃくしなどで攪拌して温度を均一に保つ。また10分経過するうちに必ず温度が下がるので、別に少し高めの温湯を用意しておいて混合し、温度を一定に保つ。10分経過したら即座に流水で冷却する。

KIF_0559.jpg

 引き続き浸水に入る。これは目安として一日の平均水温を積算して100℃、すなわち20℃の日が5日続いたら100℃と考えて、その間、種籾を水に浸して和らげることである。通常、種籾が鳩胸状態になることを識別の目安としているが、これも品種によって差がある。特に今回処理したものは、例年栽培に手こずるサリークイーンという長粒米の品種であり、これはほとんど変化がないので、積算100℃で切り上げている。

 最後に催芽処理をする。これは十分浸水した樽も身をぬるま湯につけてきっこんを促すものである。「催芽」といっているが、最初に出てくるのは根である。2日ほどで白い根が顔を出すのでその時点で切り上げ、苗代に撒くために一旦種籾をザルか網にあげて乾かす。種まきの際に手につかないようにするためである。

posted by jakiswede at 00:00| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20180415 ネトゲ ??

KIF_0535.jpg

先日、ちょっとヌキ用で大阪へ出た。ちょうど昼時だったが、オフィス街から出てくる人ほとんど全てが歩きスマホ。ほんまに避けてもくれへんし、ぶつかり合っても無言・・・ここまでいくとなあ・・・と呆れつつも時代に全くついて行ってない自分を実感。

KIF_0536.jpg

posted by jakiswede at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月14日

20180414 春

KIF_0612.jpg

さて季節に追い立てられる日々が始まった。


KIF_0532.jpg

posted by jakiswede at 00:00| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月06日

20180406 花見

KIF_0386.jpgKIF_0383.jpgKIF_0375.jpgKIF_0378.jpgKIF_0361.jpgKIF_0373.jpgKIF_0358.jpgKIF_0351.jpgKIF_0343.jpgKIF_0349.jpg

 今年は花見ができた。まず例年にはないことだ。この調子で余裕を持って行こう。道場から宅原 (えいばら) を経て三田へ・・・途中、白洲次郎ゆかりの心月院をさんさくしたついでに三田の城下町の路地を歩いていたら、西方寺の由来について読んだ。そうか・・・とすると、私の住んでいる道場長の名前の由来は、我が祖先、伊丹親興の・・・中略・・・伊丹城を攻めた荒木村重ゆかりの土地というわけか・・・しかも宅原はここの家主の発祥の地でもある。そこで私は百姓になることができたと言って喜んでるわけや。まあご先祖様がみたらどう思われるか、でもこうして平和に暮らしているのはありがたいことと理解してくださるであろう。

P1010212.jpgP4050260.jpgP4050258.jpgP1010190.jpgKIF_0443.jpgKIF_0404.jpgKIF_0397.jpgKIF_0428.jpgKIF_0412.jpgKIF_0431.jpgP4050264.jpgP4050267.jpg

posted by jakiswede at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月04日

20180404 接続部をナメらかに

 パソコンで文字を打てない、音声が出ないというトラブルに見舞われておりましたが、さすが俺、自力解決しました。症状は以下のようなものでした。皆様のパソコンにも起こりうることなので、どうかご参考までに記憶の片隅にでもひっかけといてください。一週間ほど前に全く突然、キーボードからの文字入力ができなくなったのです。ワイヤレスなのでバッテリー切れかと思い、充電ケーブルをつないでシステム環境設定で確認してみると、ほぼ満量。その状態でしばらく文字入力ができたので、取り急ぎのやり取りだけこなしていたが、数分後にダウン。マウス操作はできたので、自力で調べはじめるも原因不明。その日は未解決のまま就寝し、翌日再トライしたものの、やはりケーブル接続後の数分しか入力ができず、やがてスピーカーからの音声も聞こえないことがわかり、そこへインターネット接続におけるセキュリティ認証ができず、インターネットにも繋がらない状態になったので、ほぼお手上げ。システムの不具合、ハードのクラッシュ、あるいはウイルス感染か・・・と様々に疑っても仕方なく、とりあえずネットから物理的に隔絶し、PRAMのクリア、バックアップした上でのシステムの入れ替え、さらにハードディスクの消去と再構築など、ユーザでできる限りの対策を講じたものの、全く解決しなかった。しかたなく電話でアップル・サポートへ・・・これがまた例によって繋がらず、半日を無駄にしてやっと出たオペレーターは大変好感のもてる熟練者で、コミュニケーションも良く取れて私の言いたいことも柔らかくわかってくれて、いろんな解決方法を試してくれたのだが残念ながら原因の特定には至らず、転送されたさらに上の部署では、最新OSの不具合ではなく旧型のハード的な問題なので有償対応になる・・・うむむ一回五千円・・・いままで三回「有償対応」のサポートを受けたのだが、いずれも問題の解決には至らなかったのに料金だけ請求された苦い経験があって・・・しかし、ここまで電話つないで来てこのまま断ったら今日一日が全く無駄に・・・と思ったのだが、意を決して断った。

 さて気を取り直してパソコンを立ち上げてインターネット接続を試してみると、なんと繋がり、不通だった数日分のメールがどさっと落ちて来て、その中にプロバイダからの詫び状が入っとった。接続異常はプロバイダのネットワーク障害だったのだ。しかし文字入力ができないので、認証に必要な設定項目の入力ができないから、自分のデータへのアクセスができない。落ち着いて充電ケーブルを抜き差しして、少しずつ、だましだまし必要な返事を書いていて、ふと気がついた。キーボードの脇にあるごく小さなスライド・スイッチ・・・これをON/ OFFしてやると、なんと、全く問題なくワイヤレス復活した。これに気を良くしてヘッド・ホン端子を観察し、念のため接点復活剤を塗布したステレオ・ミニ・プラグでごそごそやったら、なんと音が鳴りだした。なんやこいつら・・・最新鋭のデジタル機器のくせにアナログなトラブルには全く無防備やの。こーゆーこともきちんと選択肢に入れとかんかいこのあほんだら・・・

 というわけで、文字が打てない音が鳴らないのトラブルが解決しないとき、案外接続部をナメらかにソーニューすると治ることがあります。で、ネット・オフ状態の間に告知すべきことや済んでしまったことがありますんで、近日中に投稿します。とりあえず4/08 (日) 苗代作り、4/15 (日) 稲の種籾の塩水選と温湯消毒ちゅうのんをやります。米作りの第一歩です。詳細は後ほど。ご興味のある方は早めにエントリーしてください。いずれも10-15時、神戸ノルデスチ道場付近。

posted by jakiswede at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月28日

20180326 亦楽山荘

KIF_0329.jpgKIF_0324.jpgKIF_0327.jpg

引き続きまして、「亦楽山荘 (えきらくさんそう) 」へ行ってみました。ここは武田尾駅から旧福知山線の廃線跡を生瀬へ向かって歩き、トンネル二つ越えたところから山に入ります。かつては、教えられなければわからないほど地味な場所でしたが、今では保存会もできて公園として整備されています。「亦楽山荘」は桜の隠れた名所で、特に山桜や奥手の品種が多く植えられてあり、周囲に自生する桜とともに、一体の斜面は桃源郷を思わせる風情になります。ここは日本の桜研究の草分け的存在である笹部新太郎が演習林として整備したもので、一時荒廃していたものを保存会が復活させたものです。笹部新太郎は、大阪造幣局・夙川公園・甲山・吉野山の桜を中心とした公園づくりに貢献した人物で、我々の心の糧といっても良い。で、その「亦楽山荘」、山桜は未だでしたが。モクレンは満開でした。

KIF_0333.jpgKIF_0330.jpgKIF_0335.jpgKIF_0337.jpg

posted by jakiswede at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月26日

20180326 米麹別注

KIF_0317.jpg

米麹の注文があったので、さくっと養生してみた。見事な出来栄え、もう米麹は極めたかな・・・さっすっが俺 !!!!

posted by jakiswede at 00:00| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月25日

20180325 旧跡武田尾道場間西側

30261324_1511121845677721_3112707398075154432_n.jpgKIF_0251.jpg30411799_1511121949011044_5691003654870401024_n.jpgKIF_0249.jpgKIF_0255.jpg30261620_1511122222344350_1633925144172822528_n.jpg

 ジャガイモの植え付けなんて数分で終わっちまうので、貴重な残り時間、過ぎ行く冬の面影を追って散策に出た。新名神が開通して一週間、子供の頃からの私の庭であった野山を破壊して造成されたので複雑な思いはある。しかし世の中の流れは、おしとどめようもなくあらゆる物を潰して進んでいく。私にできることは、いっとき立ち止まってそれらを写真に収めることくらいか・・・「神戸セミナーハウス」の北数百メートルの位置に、名もない山の頂上から新名神を遠望できる場所がある。もちろんここはそんなものを遠望すべき場所だったのではなく、道場から生野にかけての山並みと谷筋、百丈岩などを眺める静かな絶景の場所であったのだが、もはやその風情はない。造成の始まった頃2013年、道路の敷設が始まった頃2016年、そして現在の様子を定点観測して見よう。また、道場町平田の集落の新名神高架下には、かつて小さな茅葺の民家があり、これは文化財的価値から同じ道場長内の旧街道筋に移築された。また、それに隣接して弥生時代の遺跡も発掘され、この一帯が古くから人の住むに適した場所であったこともうかがわれた。まあそんなことはどうでも良い。今日の主眼は、新名神を遠望した後、かねてより気になっていた国鉄福知山線の廃線跡地、といっても武田尾から生瀬にかけてのハイキング・コースではない。道場から武田尾にかけての、良い子は絶対に真似してはいけない禁断の区間である。道場側の入り口は工事現場、武田尾側の入り口は武庫川の激流に孤立している。従って到達するには水量の減った時に適当な場所を見極めて川を渡るしかない。「春に三日の晴れなし」というクセに、今年は晴れ続きである。打ち捨てられた本当の廃線跡を散策するには絶好の日和であった。蒸気機関車に石炭を補給したのであろうか、錆びた施設がそのまま放置されている。対岸の新線を電車が通過している。その上を新名神が飛んでいる。トンネルは当然真っ暗で足元も悪い。しかも水が落ちてくる。そのかわり枯れた荒廃の絵が姿を見せる。いつまでもここにとどまっていたい、非常に心の和む原風景である。

KIF_0262.jpgKIF_0268.jpgKIF_0269.jpgKIF_0270.jpgKIF_0276.jpgKIF_0279.jpgKIF_0281.jpgKIF_0283.jpgKIF_0286.jpgKIF_0289.jpgKIF_0295.jpgKIF_0312.jpgKIF_0292.jpgP3250244.jpg_MG_5830.jpgKIF_0311.jpg



posted by jakiswede at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20180325 ジャガイモの植え付け

KIF_0247.jpgKIF_0318.jpg

 農作業シーズンのスタートは、ジャガイモの植え付けから始まる。当地方では3月の下旬が敵機だが、遅霜の心配があるので、例年4月に入ってから植え付けている。しかし私の畑はナス科との相性があまり良くなく、そんなに穫れるわけではない。今年は春の訪れが早く、しかも展開が急である。ジャガイモは、植え付け予定の二週間前には購入し、部屋の明るいところへ出しておく。とはいっても直射日光がスルドク当たったり温度が上がるところは良くない。すりガラスや障子越しの外光が柔らかく差し込むような窓辺が良い。暫く置くと発芽してくる。できれば左のような黒い芽が出るのが良い。白い芽が出るのは光が足りないからで、もう少し明るい場所を探すべきである。植え付け三日ほど前で、晴天が続くことが予想されるときに、芽の位置を確認しながら芋を縦に切って切り口を日光にさらして乾かす。三日も経てば、断面が黒ずんでコルクのようになる。これを植え付けるのである。植え方には色々の説がある。最も普通には、切り口を下にして、芽が上を向くように、深さ10cm程度に植え付ける。しかし考え方によっては切り口が上の方が良いとか、横向きが良いとか、切り方にも横に切るべしとか、いろいろある。例えば切り口を上に向け芽を下にするのは、どうせ茎が何本も出て芽かきをしなければならないのであれば、最初から発芽生長を抑制的に導いたほうが手間が省けるという考え方なのであるが、私の畑の土は結構痩せ気味であるので、これを実行して全滅したことがある。なにごとも試してみることである。で、株間は最低でも30cm、乾燥気味を好むので、水はけの悪いところでは高畝、弱酸性を好むので苦土石灰などでの中和は必要ない。芋は植え付けた親いもよりも高い位置にできる。従って、獣虫の害と緑化発毒を避けるには、開花後様子を見ながら土寄せしたほうが分がある。つまり一条植えを基本として、土寄せ用の土を確保するために広畝にして周囲を時々除草しておくと良い。また、発芽後日数が経って、葉が自立しはじめた頃に遅霜に当たると全滅することがある。発芽当初であれば、芋にまだ余力があるので、種族保存の本能から、さらに発芽してくることもある。「八十八夜の別れ霜」という言葉があって、遅霜の害はGW頃まで警戒が必要。さらに「九十九夜の泣き霜」という言葉もあって、芽かきの終わった後で霜にやられると全滅である。そのために不織布を畝横に用意して、いつでも被せられるように段取りしておくと良い。


KIF_0344.jpgKIF_0347.jpg

posted by jakiswede at 00:00| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月24日

20180424 私の須磨の風

KIF_0184.jpgKIF_0193.jpgKIF_0198.jpgKIF_0204.jpgKIF_0187.jpg

 今年は、冬仕事を早めに始めたので、味噌・醤油・キムチの漬け込みがほぼ終わり、桜の季節に余裕ができた。ちょっと早いが、大蔵海岸と須磨浦公園へ観光気分でちょい出。まずはJR朝霧駅で降りて海へ、再開発されて段丘上の住宅街からのアクセスは良くなったが、管理された海岸線はつまらん。再開発当初に不幸な事故が相次ぎ、さらに別の事情もあって砂浜も使えず、当初の目論見は全く外れて、いまや地元の人は近寄らない場所になってしまった。今日の目的の一つ目は、そこから東へ数百メートルにある古い二つの不思議な建物、西側の一つは、もうキューキョクテキにつんのめったエキゾティシズムの結晶体で、普段は開放されていないが、貸切パーティーなどでは運用されていた。しかし今日見てみると何やら改装中。工事が進行していたので外から伺うこともできず残念。しかし東側のもう一つはカフェとして通常営業、すっかり女子供の喜ぶ世界になってしまったが、古くからの調度も空気感もよく残っていて、時々ここへ来て気を抜くのが至福の時間。さてその後、山陽電鉄の西舞子駅まで、さながら神戸の湘南的風景を散策した後、電車に乗って須磨浦公園へ、桜には未だ早かったが梅には間に合い、山上から眺める瀬戸内の風景や淡路島の山並みを楽しみつつ、少し下ると、ああ、ここは大規模なコンサートとしての「須磨の風」最後の舞台となった場所・・・感慨を胸に、夕刻より行われたる瓜ちゃんの歌を聞きに急ぎ岡本へ、その場を中座して大急ぎバイトへ・・・これを充実した一日というべきか、楽しもうと思うたら現実こんなもんよというべきか、アクロバティックな一日であったことは間違いない。

KIF_0216.jpgKIF_0221.jpgKIF_0232.jpgKIF_0225.jpgKIF_0237.jpgKIF_0241.jpgKIF_0243.jpg

posted by jakiswede at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20180324 伽奈泥庵閉店

29511247_789447204585845_2822870304722780160_n.jpg29512922_789447081252524_2949679433180512256_n.jpg29511565_789446804585885_9159586841886720000_n.jpg29510909_789446681252564_378577903736061952_n.jpg29511410_789446741252558_8377693255445250048_n.jpg29497724_789446587919240_1917446552540938240_n.jpg29496222_789447024585863_5224764081348542464_n.jpg

谷町8丁目「伽奈泥庵 (カナディアン)3/26をもって閉店 (;_;)

posted by jakiswede at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月21日

20180321 Çaydanlık

20180321 Çaydanlık

KIF_0176.jpgKIF_0180.jpgKIF_0181.jpg

 3月も末というのに寒くて紅茶で体を温めながらパン用小麦のゴミ掃除をしております。やかんを二つ重ねているのは、トルコ風の紅茶を楽しむためです。茶の飲み方に関してはトルコ人は徹底していて、茶の最も重くて苦い風味をいかに持続的に熱く楽しむか、という事に素晴らしいこだわりを発揮しているように見えます。ポットだと、最もシャープな味の出るタイミングを見極めるのが難しいうえ、その瞬間はすぐに過ぎ去ってしまいますが、この方法だと、それが長く味わえるのです。正式には、二段式の専用のケトルがあって、「チャイダンルック」と呼ばれています。下の大きなやかんに水を入れて沸かし、同時に上の小さなやかんに多めの茶葉を入れて温めます。下のやかんの湯が沸いたら上のやかんに入れ、下のやかんに水を足してもとどおりに重ねてさらに温めます。約15分ほど蒸らしておいて、上のやかんの茶を茶器に注ぎます。このとき茶は非常に濃く出ているので、下のやかんの湯で好みに割って飲みます。実際には、トルコ人の美的感覚では、茶の色のことを「鶏の血の色」と表現し、かなりの苦み渋みを、多めの砂糖を溶かして飲みます。したがって、茶請けは甘いものではなく、ナッツや糖分のない焼き菓子などが好まれます。彼らと茶を共にしていると、あまりに濃厚な渋みと甘さのために、ちょっと頭が痛くなりますが、濃いめの茶を、常に熱く、決して濁らせることなく、長時間楽しんで温まるには、この方法が確かにベストです。他の地域でこれに値する特別な飲み方を見たことがないので、私は長い冬の楽しみとして、彼らの方法を見習っているのです。で、小麦の方は、風選や篩い分けで大体は選別できますが、これをそのまま粉にするので、少しでも砂や石などの異物が混じっていると食感が損なわれます。最終的には一粒ずつ手で選り分けて行かざるを得ず、結果、かなりの量の殼と石が除去されました。

KIF_0174.jpgKIF_0178.jpg


posted by jakiswede at 00:00| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月18日

20180320 自家製醤油

20180320 自家製醤油

KIF_0170.jpgKIF_0171.jpg

ほぼ三年仕込み自家製醤油、不純物も取り除いて瓶詰め。十分煮沸して十分乾燥させ、生の自然落下分180mで12本できた。あと搾り取った分が3ほどあるが、これは複数の容器や道具と接触しているので、念のため火入れ用に回す。醤油絞りは毎年スタンドを立てて直接瓶詰めしていたのだが、オリをとる作業をするのなら、何もそんな装置を使わずとも、膜を隔てて写真のように仕込み瓶ごと回収してしまった方が早いことに今更気がついた。さすが俺・・・

posted by jakiswede at 00:00| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20180318 サイフォンの原理

20180318 サイフォンの原理

KIF_0161.jpg

さてこちらは先日の一番搾り三年醤油の生(き)揚げ。表面に脂肪分、底にオリが溜まっている。表面は掬えばなんとかなるのだが、底のオリを取るのは難しい。そこで考えた。「サイフォンの原理」・・・さっすが俺 !!

KIF_0164.jpgKIF_0169.jpg

posted by jakiswede at 00:00| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20180318 蔵人からの助言

20180318 蔵人からの助言

KIF_0154.jpgKIF_0155.jpgKIF_0156.jpgKIF_0159.jpg

 杜氏のご助言の通り豆麹の手入れを豆がバラバラになるまでほぐしてさらに養生したところ、三日でキョーレツな状態になった。裏返しても板のように菌糸が蔓延って芳香を放っている。さらにこれをバラバラにして養生して五日麹にしようとしたのだが、気温の乱高下を読み切れず、品温を適正な状態に保てなかった。しかしバラバラにした方が麹菌の活性は促進されるようで、気温の高い昼はむしろ冷却が必要なほど自己発熱が盛んだった。バイトで長時間外出して夜に戻ると冷え込んでいて、水分がどっしりと重く、慌てて加熱したが表面が乾いてきて菌糸の成長が遮られた感じになった。霧吹きで水分を補給することも考えたが、かつて同じようにして異臭がしはじめたことがあったので、嫌な予感がしてここで出麹とした。三日目ほど万全な状態ではないが、なんとか対応して本日本仕込み。

KIF_0160.jpgKIF_0166.jpg

posted by jakiswede at 00:00| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20180318 醤油絞り代用法

20180318 醤油絞り代用法

KIF_0138.jpgKIF_0139.jpgKIF_0140.jpg

 醪からさらに醤油を搾り取る安易な方法。鍋を蒸し器として使う穴あきの蒸し目皿と、鍋の直径よりわずかに小さな鍋の蓋を持っているので、これを利用。醪を布で包んで鍋の蓋で抑えて、重石を乗せ、それを袋で包んでさらに巨大な重しを乗せる。醤油絞り器がない場合の代用法。さすが俺・・・

KIF_0157.jpgKIF_0141.jpg

posted by jakiswede at 00:00| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。