2012年05月15日

20120515 人生は苦である

KIF_1327.JPG

 安らかに眠れ。
posted by jakiswede at 16:54| Comment(2) | 写真散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20120514 ジャガイモの芽掻き

KIF_1333.JPG


 イチゴの初なり・・・今日の農作業を終えた後に頂きます。早よせな雨が来る・・・


 


KIF_1343.JPG


 ジャガイモの芽掻き。だいたい一株に月3カ所程度に間引くのが良いとされている。ジャガイモの芽は強いので、掻くときに生え際を押さえておかないと、芋ごと抜けてしまう。


 


KIF_1344.JPG


 なんと、気の早いやつが小さな芋をつけとる。


 


KIF_1345.JPG


 芽掻きと同時に土寄せをしておく。芋は、種芋の高さよりも上に出来ることが多いので、土寄せをしないと芋が地表に露出する。ジャガイモは光に当たると緑変して毒を持つ。貯蔵するには地中にある方が良いので土寄せするのである。植え付けのときも、土寄せを見越して種芋は一列に、高畝にせず、周りに土を多く残して植え付けるのが良い。成長にあわせてもう一度土寄せする。


 


KIF_1347.JPG


 代掻きの終わった田んぼを見ながら、ナス科の畝の予定地に堆肥・杯・切り藁・籾殻を入れる。ここにナス・トマト・ピーマンなどを植える。


 


KIF_1346.JPG


 (`へ'っ・・やられた・・・雨が来る・・・バイトの時間だ。走らな間に合わへん・・・人生は苦をもって当然とする。


 


KIF_1348.JPG

posted by jakiswede at 16:53| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20120514 本代掻き

KIF_1340.JPG


 田んぼの雑草がだいぶ出て来たので、一度代掻きをしておく。今度は荒掻きではなく、きちんと泥を沈着させて、田んぼの状態にする。先ずは水位を上げて、田んぼのでこぼこの頂点がようやく水面に顔を出す程度にする。沈着には、手前のような角材にロープを結びつけたものを使う。


 


KIF_1341.JPG


 かつては牛に引かせたであろうものを、耕耘機で引っ張っているだけのこと。ちょっと水がたらんかったので中断して水位を更に上げる。最後は、写真では、左奥から右手前にかけて斜めに引いて来る。こうすることによって、最初の水の入りが奥まで浸透する。これを「水走」と書いて「ミズハイ」と読む。阪神高速の東大阪線で最後の出口の名前だが、なぜあそこを水走というかというと・・・やめとこしんどい。


 


KIF_1342.JPG


 

posted by jakiswede at 16:40| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20120514 畦塗り

KIF_1328.JPG


 畦塗りである。縣をとって水位の下がるに任せておいた土は、適度に固まっている。塗るに適当な状態、塗るに適当な水位である。


 


KIF_1329.JPG


 あくまで我流の畦塗りである。要するに細かい泥の粒子を作ってそれをセメントのように塗り上げていけば良いのだから、畦際の適度に固まった土を踏みしめて泥にし・・・


 


KIF_1330.JPG


 それをジョレンで掬って畦際に乗せる。


 


KIF_1331.JPG


 次にその上部をジョレンの背を圧し当てて塗り固め、


 


KIF_1336.JPG


 更に側面から底面にかけてを丁寧に塗り固める。そのとき側面から底面にかけてが、写真のように微細な泥の層で埋め尽くされていなければならない。仕上がりがでこぼこなのは堪忍して・・・


 


KIF_1337.JPG

posted by jakiswede at 16:33| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20120513 坂本古楽コンソート

KIF_1311.JPG


 さて翌日曜日も良く晴れて、本来ならば農作業に邁進すべきところ、私はもう何人目になるかもわからん師匠坂本利文氏率いられる古楽コンソートの演奏会に参ったのである。場所は、奈良市の高畑町にある日本キリスト教会である。


 


 http://www4.kcn.ne.jp/~ortiz/concertsguide.html


 


 プログラムは中世のイギリスとヨーロッパの古楽や伝承音楽から選ばれていて、まさに私の興味の核心であって、このように身近に生演奏が聴けるということは至福の行ったり来たりであるが、やはり哀しいかな貧乏暇なしで、演奏会も終わるか終わらぬうちに挨拶もそこそこにそこを辞し、静かなたたずまいの高畑町の裏通りを風情を楽しむためではなく近道になるから走り抜けてバイト先へ急行したのである。もうなんでこない毎日走ってばっかりしてんねやろ・・・もうすぐ52歳・・・年齢相応の体の使い方せな。


KIF_1316.JPG
posted by jakiswede at 16:23| Comment(0) | 変態的音楽遍歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20120512 須磨の風2012

KIF_1282.JPG


 本日のメイン・イベントは、初めて山に登った「須磨の風2012」である。


 


 http://sumakaze.com


 


KIF_1302.JPG


 いままでは須磨海岸のとある場所にて、さわやかな海風を感じながら夕暮れを楽しむ全く希有なイベントであったのだが、よのなかどんどん世知辛くなって、このように楽しんでいる平和な催しにも苦情の嵐が舞い込むようになり、紆余曲折もあり断絶もあったりして今年は遂に山に登ったのである。新しい会場は、このような絶景、神戸ならではの、山と海が競り合う、これまた地上の楽園であった。


 


KIF_1285.JPG


 ステージの向こうには、明石海峡大橋を経て淡路島が望まれる。


 


KIF_1286.JPG


 出しなに一仕事したり、おにぎりに失敗したりしていたので、着いたのはもう後半であった・・・しかしちょうど良いグルーブをたたき出す、「Osaka Local」のステージに間に合った。


 


KIF_1289.JPG


 さて続いて出られたのは・・・この写真を見て「あっ」と驚く人は相当この世界に古い・・・なんと、日本のルーツ・ロック原点との誉れ高き、あの「ルーツ・ロッカーズ」と「カジャ・アンド・ジャミン」のオリジナル混成バンドである。そして・・・


 


KIF_1292.JPG


 すまんすまん・・・と演奏が始まってずいぶん立ってからご登場のカジャ氏・・・ステージはぐっと引き締まったのであった。悦楽のレゲエ・・・


 


KIF_1299.JPG


 ステージは更に続いて、こちらはわが師匠・・・師匠ようさんおるから足どっち向けてええやらわからへん・・・後藤ゆうぞうとワニクマ48て・・・アンタねえ・・・これがまたこなれにこなれて、後ろでドラムたたいたはる福原みのる師匠なんてもう、ぜーんぜん力はいってへんのに音だけぱーんと抜けて、いやもう悟りの境地ですな。マービン・芸の替え歌「what's going on」「どないなっとんねん」と弁舌も絶好調。


 


KIF_1304.JPG


 楽しい時間は瞬く間に過ぎ、更に続くステージを後に、晴れやかな垂水の住宅街を眺めつつ、北へ山を下りてバイト先に急行したのでありました。現実は厳しい。世の中は理不尽であり、人生は苦である。そして苦もありゃ楽もある。

posted by jakiswede at 16:14| Comment(0) | 変態的音楽遍歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20120512 おにぎり

KIF_1276.JPG


 初エンドウ・・・発芽が極端に遅かったのでどうなることかと心配したが、なに案ずることはない。


 


KIF_1278.JPG


 ここのところ朝は一けたの冷え込みであって、季節が2ヶ月程度戻っている。赤米とインディカの種降ろしをする。まずは60度の温湯消毒10分間。


 


KIF_1281.JPG


 しかるのちに、今日は楽しい外出であるので、おにぎりでも作って持って行こうと思んずる。せやけどね、なんぺんやっても、このおにぎりというものが、私にはうまいことでけん。要するにネコ手なんやな・・・熱いもんよーさわらんねん。

posted by jakiswede at 15:48| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20120514 切り干し大根

KIF_1274.JPG

 


 花の終わった大根を抜き取って、未だ使えるものは刻んで干しておく。・・・3日後・・・なんや、たったこんなけかよ (`へ'っ・・・


 

KIF_1339.JPG

posted by jakiswede at 15:16| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20120510 キムチ用薬念醤の仕込み

KIF_1272.JPG

 


 遅れに遅れていたキムチの薬念醤作りをする。まずは餅米5勺を3倍の水で粥に炊き、これに好みの香味材料を放り込んでいく。私の場合は、1 : 1で塩漬けにした1kgの小イワシとニンニク・生姜、それに去年収穫して残った各種唐辛子・・・これは丁寧に種を取って・・・いうまでもなく事前に用便を済ませビニール手袋・マスク・上っ張り・ほおかむり・ゴーグルなど完全防備の上・・・ミキサーで粗く粉砕したものを混ぜ込む。塩はイワシの塩漬けに充分すぎるほど含まれているので足す必要はない。そのあと微粒粉末の唐辛子で好みの硬さにまで練り上げる。目安は耳たぶ程度である。私は松の実を入れるが、これは形のままが好きなので最後に入れている。一年間寝かせて翌年のキムチの仕込みに使う。


KIF_1273.JPG
posted by jakiswede at 15:13| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20120519-20 cafeminhos @「六甲山カフェ」

 季節が一進一退して定まりませんが、いかがお過ごしでしょうか ??
 今週の土曜日5/19朝10時より、朝日放送のテレビ番組「みしらん」に「山カフェ」が登場します。番組ホームページでは、予告編と並んでFacebookのコーナーに、いち早く取材の一部始終が掲載されていますので、どうぞご覧ください。

 

http://asahi.co.jp/mishiran/

 

 さてその放送中の5/19-20は、cafeminhosと番組に出演されたROCKCAFEでまたしても男臭くお送りします。メニューです・・・あまり変わり映えはしませんが、田んぼの準備でぼろぼろの私でも見に来てください。

 

「六甲山カフェ」定番メニュー

 

 山カフェコーヒー (上り/下り) \350

 ハーブティー (上り/下り) \400

 ゆず茶 \300

 ゆずスカッシュ \350

 赤紫蘇スカッシュ \350

 ワイン (赤/白/スパークリング) \500/ glass, \2,500/ bottle

 ウィスキー (バーボン/アイリッシュ) \500/ glass

 焼酎 \500/ glass

 

「cafeminhos 」オリジナル・メニュー

 

モーニング (8:00-11:00)

 モーニング・セット \400

 カフェ・ラテ・セット \450

 

ランチ (11:00-15:00)

 わりとフツーのチキンカレー \500

 さまよえる子羊のウズベク・シチュー \500

  以上はライスとパンが選べます。端境期に入りましたので、次の収穫期まで野菜は全て購入して使用させていただきます。

 塩おでん定食 (おでん3こ + コシヒカリと赤米のお赤飯) \500

 

カフェ

 エスプレッソ \200 (値下げしました !! )

 マキアート \200 (値下げしました !! )

 カフェ・ラテ \400 (ミルク・スチーマが故障してしまいましたので、フォームド・ミルクで代用、当分「カフェ・ラテ」とさせていただきます)

 シルクロードの香茶各種 \350

 シルクロードの香茶スカッシュ \350

 旬 !! fフレッシュ・ミント・ティー \350

 

物 販

 プチパン \100

 クッキー \100

 塩おでん \100

 ホットドッグ \350

 ピザトースト \400

 ゆでたまご \80

 

BGMは、独断と偏見満載「カフェミーニョスの偏愛的ブラジル音楽のススメ」

 

 上記メニューのうち「f」マークのついたものは、私の畑の野菜を主に使っております。化学物質由来の資材は一切不使用の露地栽培です。田舎暮らしや農業にご興味おありの方、私の畑で農作業体験が出来ます。くわしくは、「farminhos」で検索してください。

「六甲山カフェ」は、高座の滝の前にある大谷茶屋さん向かいにて、交替マスター制で運営されている洞窟カフェです。通常の営業時間は10:00〜16:00ですが悪天候による休業の場合あり。現在、モーニング営業8時頃より実施中。

 

http://www.mapion.co.jp/m/34.7424313888889_135.291656388889_8/ 

 

posted by jakiswede at 14:40| Comment(0) | cafeminhos | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする