2012年06月06日

20120605 芒種

KIF_1478.JPG


 コシヒカリ4葉、草丈は約15cm・・・もうちょいや。


 


KIF_1476.JPG


 インディカの方は種蒔きが遅いので雑草との競合になっている。除草。


 


KIF_1485.JPG


 そのついでに、ひさしぶりに田んぼの雑草の天ぷらと鶏の唐揚げランチ (^^)


 


KIF_1484.JPG


 ニンニクは、春になると中身がスカスカに抜けていく。最後の一株もほとんど使い物にならない。


 


KIF_1475.JPG


 イチゴもほぼ終わり。ほんの2週間ほどのことやのに、なんやかやと一年中手間かかるんよね・・・でも手間のかかる◯◯◯ほど味も甘いというてなあ・・・(^^)


 


KIF_1488.JPG


 ソラマメの横で、まさに体を張ってアブラムシを寄せ付けているゴボウの古株・・・見てるだけで背筋が痒くなってくる。


 


KIF_1491.JPG


 おかげで今年もでかいソラマメが豊作である。


 


KIF_1493.JPG


 しかし心配事もある。極めて生育の悪い黄色い株も多いのだが、除草をしていてふと気がついた。ここは昨年シロップを作るために赤紫蘇を大量に栽培した跡地で、そのこぼれ種が密集して発芽しているのである。それがソラマメの株の中にまで侵入しているところがあって、その株がほとんど生育していない。ということは、これが原因かも・・・まだわからんが調べてみる価値はありそうだ。


 

posted by jakiswede at 01:47| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする