2013年02月14日

20130106 smoked salmon

IMG_6971.JPG


 旭川に住む中学からの親友が、塩鮭のでかいやつを一本丸ごと送ってくれたのである。ひとりで捌くのもなんだし、たまたまトルコ航空のアテンダントの美女が、関空へのフライトで2日ほど大阪に滞在するというので、彼女ともうひとり親友のNY女史を誘って、これを捌いて切り身にしたり薫製にしたりする作業を一緒にする事にした。


IMG_6975.JPG


 三枚に下ろして、適当に切り身にして、一部を薫製機にかけ・・・


IMG_6986.JPG


 試食を兼ねて、ちょうど焼き上がったパンとともにワインを・・・


IMG_7000.JPG


 残りは焼き鮭用・・・


IMG_6983.JPG


 アラを使ってその場で大根やハクサイを煮込んで鍋にしてランチ・・・


IMG_6994.JPG


 ハラスは竜田揚げにして、中骨は圧力鍋で煮込んでサラダのトッピングに・・・


IMG_7001.JPG


 鮭は捨てるところがない。


IMG_7003.JPG


 自分の部屋も、撮る人が換わると違った印象に見えるもんやね。


IMG_7009.JPG

posted by jakiswede at 12:44| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20120616 cafeminhos

 3日間ほど様子を見ておりましたが、どうやらメール攻撃は止んだようであります。しかし憤懣はやるかたないと見え、事実関係を記載した記事は削除されてますな・・・このように、自分たちに都合の悪い事は徹底的に排除する、というこの偏狭な姿勢こそが、彼らの「ままごと」の本質を露呈していると思います。


 http://yamacafe.jugem.jp/?month=201206


 では、当時掲載された記事のうち「創立者」によって変更される前の原文の状態で再掲載しておきましょう。なお、この文面は、その後の「チーム六甲山カフェ」の意向、その後の彼らの行動や展開を正当に反映したものではない事を申し添えておきます。


山カフェプロジェクト:六甲山カフェBLOG - JUGEM

20120616 cafeminhos @「六甲山カフェ」

お客様各位


 残念なお知らせですが、このたび芦屋保健所からご指導があり、私たちは「六甲山カフェ」・「山カフェ」・「ATEYA」・「どいぱん」・「cafeminhos」・「ROCKCAFE」の呼称、旧「六甲山カフェ」独自の営業日・営業時間・連絡先・URLの告知など、「大谷茶屋」とは別の活動をしていると認定される恐れのある全ての表記を使わない事に致しました。旧「六甲山カフェ」すなわち洞窟部分の営業は、限定的ながら継続されます。

 あくまで私たちの活動は、「大谷茶屋」のお手伝いであり、その範囲を逸脱しないことを確認し、「おでん」を調理・販売する傍らで、「大谷茶屋」の営業許可の定める範囲内での飲食物と物販のみを行ないます。誤解のないようよろしくお願い申し上げますが、今回のご指導は複数の芦屋市民の苦情が発端となり、あくまで営業主体と許可品目の再確認と、それに関連した表記の廃止であって、健康被害に関するものではございません。

 しかしながら、「カフェを山に持ち込み」総体として山を楽しみ考えようとしたコンセプト、その象徴としての「六甲山カフェ」という呼称やロゴ、それらを使用したデザインその他一切のものが、今後使えなくなるということは、このプロジェクトの創設者、これまで支援してくださった関係者各位、運営スタッフ一同、そして何よりも活動を支えてくださった多数のお客様に対して、大変申し訳なく残念きわまりなく思います。

 このプロジェクトそのものは永遠に生き続けるものですが、その具体化としての「六甲山カフェ」は幕を閉じます。上記ご指導により、このブログも今後の更新はございません。今後は、新しく開設された「大谷茶屋」のブログをご覧ください。

 

 http://otanichaya.jugem.jp/

 

 なにぶんにも急なご指導であったため全く準備ができておらず、デザインもなにもない状態のブログではありますが、私たちは新しくここからスタート致しますので、どうかこれからも今まで通りご来店いただき、洞窟内の「異空間」をお楽しみくださいませ。

よろしくお願い申し上げます。


 


                          旧「六甲山カフェ」スタッフ一同


posted by jakiswede at 12:34| Comment(0) | cafeminhos | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする