2013年12月18日

20131215 干しいも作り

KIF_1480.JPG


 白サツマイモ「タマユタカ」を干す。まずはこれを4時間ほど蒸す。


KIF_1481.JPG


 手で掴むと崩れるくらいに柔らかくなるので、慎重にすだれに上げて、タコ糸でスライスする。4時間蒸したのにまだ芯が残っている。この白い部分は干すと硬くなる。

posted by jakiswede at 23:19| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20131214 エンドウの植付

KIF_1472.JPG

 巻きひげも生えそろってきたので、本日エンドウ植え付け。ついでに防寒用に枯れ草を着せる。

posted by jakiswede at 23:17| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20131207 農作業納め

 

KIF_1467.JPG


 今シーズンの農作業の仕事納め。圃場周囲の土手の草刈を終える・・・終った・・・やっと終った・・・毎年この重圧からの解放感がたまらんのよね、春までの長い農閑期、保存食を作ったり、部屋に引きこもって物思いに耽ったり、ひたすら音楽を聴き狂う毎日、まとまった時間が手に入る。贅沢さえ言わなければ、百姓はこういうメリハリのある生活が出来るから捨てがたい。


KIF_1468.JPG


 手前は「ユメシホウ」を蒔いた麦の圃場。奥の右が不耕起に失敗した後の本田。左が来シーズン返す畑。


KIF_1469.JPG


 おもにその畑である。7年間土作りをしてきたが、所詮なんの権利もないモグリ百姓、「返せ」と言われれば返さなければならぬ。

 
posted by jakiswede at 23:16| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20131207 冬の畔塗り

KIF_1388.JPG


 2013/11/26 今シーズンの農作業の最後の重労働、冬季湛水のために畔を塗り直す。先ずは畔を切る。


KIF_1445.JPG


 2013/120/01 モグラが地中深くまでトンネルを掘削したのであろう、水が入ると同時に空気が押し出されて、結構長いこと泡を吹いておった珍しい現象。


KIF_1466.JPG


 2013/12/07 水を入れ畔際を充分練り固めたあと、自然水が退くのを待って、後は春の畔作りと同じ作業を、こんな季節にやるのである。またもや周りのお百姓さんたちが怪訝な顔をしながら、犬の散歩にかこつけて偵察に来ては、わざわざ向こうの方まで行って噂話をしている。でも最近では人間関係も良好であるので、温かく見守ってくれているのがよくわかる。まずは県取り。


KIF_1471.JPG


 同日、とりあえず厚めに塗っておいて、固まり次第畔際ぎりぎりの高さまで塗り上げる予定。しかる後に田に水を入れ、圃場を完全に水没させる。つまり不耕起栽培では代掻きをしないので、植え床の土が団粒状に保たれており、代掻きをして泥の層を作る慣行農法よりも、植え床の土の嵩が高いのである。従って不耕起栽培では、水漏れ対策のために慣行農法よりも塗り畔を高くする必要がある。これもやってみるまでわからなかったこと。


posted by jakiswede at 23:14| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20131206 傍示へ

KIF_1465.JPG

 母を伴って交野市傍示にある伊丹家集落へ行ってきた。生前父も来たがっていたので、写真だけ連れてきてもらった。写真は文句いわんから楽で良い。


 http://itami-bunkazai.jp/itamity/pdf2/itamity73_20.pdf

posted by jakiswede at 23:11| Comment(0) | 写真散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20131205 不耕起ジャガイモ栽培

 

KIF_0689.JPG


 不耕起栽培ジャガイモ篇。2013/05/13、冬を越して枯れしぼんでいくアブラナ科の間に4月下旬に植え付けたジャガイモは、芽掻きのシーズンを迎えるまでは順調だった。アブラナ科は地上部で結実してゆき、ジャガイモは地下で育っていくので、生育圏が異なるし、入れ替わっていくものと考えたからだ。しかし、これは不用意な判断だった。


KIF_0730.JPG


 05/26 芽掻きしはじめた数日後に、あちこちのジャガイモの葉が黄変、なかには枯れてしまうものもあった。アブラナに混じって、多くのコリアンダーも冬越ししており、これらはセリ科で勢力が強く、ジャガイモと競合したのかも知れない。


KIF_0735.JPG


 06/01 手入れの甲斐なくまさかの全滅・・・畑を観察していると、ジャガイモと入れ替わるであろうと予想したアブラナ科は、高く伸びトウ立ちして開花結実。つまり彼らが生涯を終えるにあたって大きなエネルギーを使ったので、ジャガイモが生長できなかったのかも知れない。


KIF_0880.JPG


 07/13 夏野菜の種蒔きのため畝を整理していると、いくつかの発芽したジャガイモが転がり出た。春に植え付けた種芋なのか、それから結実した子芋なのかはわからない。しかしこの季節に発芽してくるのは、もしかしたら周囲のアブラナ科が枯死するのを待っていたのかも知れない。


KIF_1085.JPG


 09/24 夏野菜の最盛期を過ぎて草取りをしていると、いくつかのジャガイモの芽が顔を出していた。もしかしたら、これで秋じゃがが収穫できるかも知れない。知れない知れないばかりでなにがなんやらだが、ジャガイモに関しては、植え付けからかなり優位においた方が無難なようだ。例年、一畝で一年分食べるに余るほど収穫できるからだ。それにしても全滅とは・・・多様な植生の中で栽培する自然農法はいかに困難なことか・・・


KIF_1208.JPG


 10/31 手前は、なけなしのジャガイモを種芋として植えたもの。間引きと土寄せを終え、気温の低下が早いか芋の肥大が早いかの秒読みを迎えている。一方その奥は、自然発芽した春植えのジャガイモ。白菜やラディッシュに囲まれて「またかよ」って感じやろね。


KIF_1305.JPG


 11/12 霜にそなえてジャガイモを不織布で覆う。


KIF_1359.JPG


 11/14 初霜。周囲の農家の秋ジャガの葉は枯れ落ちたが、不織布の中の私のジャガイモはまだ生きている。


KIF_1447.JPG


 12/01 秋ジャガイモは芯まで枯れてから収穫する・・・ということは知っていたのだが、にわか百姓の哀しさで、春に植えるジャガイモと秋に植えるジャガイモとでは、品種が違うことを知らなかった。春用のメイクインを秋に植えた結果・・・


KIF_1450.JPG


 まあ、少ないながらも採れるには採れた。これは不耕起や自然農法が原因というより、ジャガイモを取り巻く植生を理解せずに植え付けたことによる失敗と見ることが出来る。来年以降は畝回しに注意する。

 
posted by jakiswede at 23:11| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20131205 冬の畑の観察

KIF_1361.JPG


 枯れ行くピリピリ・・・今年は、種取りにも失敗した。ナス科、とくにピーマンやトウガラシなどが上手く出来ないのは、土壌の酸性化が原因といわれているが、この圃場は土のバランスがとれていると思う。他に原因があるのか、根本的に私が何か間違っているのか、あるいはそもそもこの土がこれらを栽培するのに不適当なのか・・・とにかくこの圃場は、来シーズンは返さなければならなくなったので、新畑にて条件を変えて試験栽培を続けてみる。


KIF_1390.JPG


 菊芋も枯れたので順次収穫、同じ畝に植えていた里芋やショウガも必要に応じて収穫、その跡地に苗の余ったソラマメを植え、オクラの立ち枯れを利用して株元にエンドウを植える。


KIF_1385.JPG


 ニンジンというものは、なかなか面白い形に育つものだが、これは数株あると思って間引きついでに抜いたものが、実は一本だったという例。


KIF_1477.JPG


 一方こちらは赤いラディッシュと交配したのか、でも蒔いた種は自家採種の辛味大根だったはずが、頭をもたげてきたのは巨大赤辛味大根・・・まあいろいろあって楽しい。


KIF_1478.JPG


 大根も根菜であるので、根の先端が硬いものに当たれば、曲がったり分岐したりする。だからプロの農家は、土を深くまでよく耕して、まっすぐな大根を作ろうとする。それにしてもアンタどーしてこーなったんよ ??


KIF_1453.JPG


 三度豆の仲間たるフェイジョアーダ用の黒インゲンも、三度目は流石に気温の低下に対応しきれずに莢付きのまま立ち枯れ、先日の霜で凍りついてしまった。全部とって湯がいてサラダにして食べた。今シーズンのマメ科畝は全部撤去。


KIF_1455.JPG


 夜、柿ジャムを作ろうとしたが、どうもニガテ・・・


KIF_1458.JPG

posted by jakiswede at 23:10| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20131130 さらば天王町長屋

KIF_1393.JPG


 秋晴れの気持の良い朝、「須磨の風」を主催する中野いち朗氏が永年住まいし事務所としても使ってきた味わい深い長屋を引き払うにあたって、お別れの会を催すから参れと誘われたので、神戸電鉄に乗って行ってきた。写真は道場南口駅にて、まぎらわしいが反対の三田行きホームに旧型車両が来たので撮ってみた。もうだいぶ少なくなってきてしまったが、正しい「電車」というイメージを色濃く残す1100系。


KIF_1395.JPG


 基本3両編成のところへ1070系が増結されて4両固定編成となっている。


KIF_1397.JPG


 2013/05/28に脱線事故が起った有馬口駅で待機中の有馬温泉行き。いろいろあるけど、こういう風情は懐かしい。事故以来、新開地方面から有馬温泉へ直通する電車はなく全て三田方面行きに、有馬温泉へはここで乗り換えるダイヤに組み換えられている。ポイントを見ると、下り線から上り線を越えて有馬方面へ接続するレールが切断されていた。


KIF_1400.JPG


 で、私が乗ってきた電車は、このウルトラマン3000系、なんかこういう電車ってないよね、なにもかも中途半端で洗練されてないデザインが結構好きやねん。標識板も真ん中につけへんとこが、またシビレル。鵯越駅で降りる。


KIF_1401.JPG

 

 駅前はこういう佇まい・・・と、別のウルトラマンが反対方向へ・・・

KIF_1404.JPG

 

 ここから南東方向へ降りて行く。烏原 (からすわら) 貯水池へ向かって降りて行く道は、まさに神戸のファベーラの感がある (悪い意味ではない) 。


KIF_1407.JPG


 こういうセンスが、私は好きだ。ここから先は貯水池の周回路になる。もと烏原村、明治の時代に神戸の繁栄と引き換えに水没したという。


KIF_1416.JPG


 http://www.city.kobe.lg.jp/life/town/waterworks/water/suidou/03_04b.html


KIF_1420.JPG


 ダム対岸の斜面に、まとわりつくように集落が広がる。画面右上の路地を上がって行くと、やがて天王町へたどり着く。位置関係はこのようになっている。六甲山北麓からここへアクセスしようとすると、一旦市街へ出るよりも山道を伝った来た方が早い。


 http://www.mapion.co.jp/m/34.688013_135.15841_8


KIF_1425.JPG


 急峻な坂道の路地を上り詰めると、忽然と長屋が姿を現わす。ここが20年以上の長きに亘り「須磨の風」という幸せの時間を創造してきた「One Foundation Kobe」の本拠地である。

 http://sumakaze.com/

 http://jakiswede.com/3photos/31works/312fetes/3127sumakaze2007/index.html

 http://jakiswede.com/3photos/31works/312fetes/3128sumakaze2007/index.html

KIF_1427.JPG


 ここは山中なのか街中なのか、これぞディープ神戸の醍醐味といえるだろう。


KIF_1431.JPG


 バイトがあるので早々に切り上げて、貯水池の周回路を鵯越駅へ向かう。徒歩約30分。


KIF_1437.JPG


 鈴蘭台までは普通電車の小野行きに乗る。写真は営業休止中の菊水山駅。山道とクロスするだけの、いわゆる「秘境駅」であった。


 http://ja.wikipedia.org/wiki/菊水山駅


KIF_1442.JPG


 小野行きも1100系に1070系を増結した4両編成であったが鈴蘭台で三田行きに乗り換え。秋の日の、束の間の癒しであった。

posted by jakiswede at 23:02| Comment(0) | 写真散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20131126 ソラマメ植付

KIF_1386.JPG


 ソラマメがほど良い状態に育ってきたので、本日植え付け。左のエンドウも巻きひげが出てきたので、近日植え付け。


KIF_1389.JPG


 ここは新畑、前作の人は慣行農法であるので親切にも耕して明け渡してくれた。仕方なく土を露出させて植え付け、後に周囲の草を刈って被せた。

posted by jakiswede at 22:48| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20131124 丹波の黒豆収穫

KIF_1360.JPG


 丹波の黒豆 (品種名: 「丹波黒」) が黒豆としての収穫期を迎えた。この時期、晩稲の田んぼの排水から麦畑への作り替え作業と重なるため、今シーズンは労働力軽減のため作つけを半分に減らした。放任栽培にも関わらず、できそのものは極上。乾燥具合を見ながら年内には脱穀する。


KIF_1379.JPG

posted by jakiswede at 22:46| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20131124 タマネギの植付

KIF_1358.JPG


 タマネギの苗がほどよく育ってきているので、本日定植。


KIF_1380.JPG


 下から土ごと掘り取って柔らかくほぐす。左は赤タマネギ、サラダの彩りや、赤いシチューのために・・・


KIF_1381.JPG


 新畑の予定地を除草してホーで3列に軽く溝を掘る。だいたい20cm間隔に互い違いに植え付ける。私は根を倒したままでなく、鉛直に起して土寄せをした上で、除草した草をまとわせる。


KIF_1382.JPG

posted by jakiswede at 22:44| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20131123 谷上マーケット

KIF_1373.JPG


 「谷上マーケット」というのに行ってきた。赤目自然農塾の実践者で、神戸市北区で営農しているという「niufarm」さんが主催するフリーマーケット。有馬街道を有馬から平野へ (西へ) 進んで谷上の駅を越えて坂道を下ると、その先に新神戸トンネルの入口がある。そのちょっと手前に「ヤキタテイ」というパン屋があって、その駐車場の手前がこのようになっている。画面にある軽トラの左手の茅葺き屋根の古民家の庭が会場である・・・表からはちょっとわかりにくい。


 http://niufarm.blogspot.jp/p/blog-page_27.html


KIF_1370.JPG


 ううん・・・とょっとツライ空気だが、いろんな考え方があって良いと思うので、出来るだけ協力して行きたい・・・

posted by jakiswede at 22:42| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20131123 道場生市まつり

KIF_1340.JPG


「道場生市まつり」というものがあるということをネットで知った。歩いてすぐの道場の旧町であるはずなのだが、7年間住んでたのにちっとも知らなかった。しかし、幟は出ているのに、人影がない・・・


KIF_1363.JPG


 捜して捜して、人に訊いてやっとわかった。宿場町の北の外れの愛宕神社というところで、テントがひとつ、甘酒をただで配ってた・・・それだけ・・・この看板、ヤバくない ??


KIF_1365.JPG

posted by jakiswede at 22:39| Comment(0) | 写真散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする