2014年09月20日

20140916 刈待端境

KIF_2905.JPG


 今年は柿がたわわである。


KIF_2906.JPG


 丹波の黒豆もたわわであろう・・・


KIF_2907.JPG


 して、ちょっと気の緩んだ私は、ものすごく年代物のLe Coq Sportifのジャージのファスナーを修理してして指を刺してしまったのであった・・・これ、25年は着てるはず。もちろん阪神淡路大震災以前、たしかとある有名ブランドの、ファミリー向けのセールで格安で買った物。ほとんど毎日着ているのに破れもせず、よう持つわ。




posted by jakiswede at 23:59| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20140915 刈り旬の見極め

KIF_2902.JPG


 本田でひとり登熟期を迎えている糯米・・・刈り時ではあるのだが、状態にばらつきが多く、刈り採りを一週間延期。この芯が、もうちょい黄色くならなあかんそうだ (師匠) 。下は開花するサリー・クイーン。


KIF_2903.JPG




posted by jakiswede at 23:56| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20140914 秋蒔き野菜状況

KIF_2897.JPG


 秋冬の葉物野菜の苗作りを進めています。一番早い物は白菜で、これは間引いて今月中には植え付け出来る予定。あとは順次、独立したら畑に移して、空いたポットにまた種蒔きして、繰り返して寒さに強い品種に変えながら霜が降りる頃まで続けます。


KIF_2899.JPG


 秋ジャガの葉


KIF_2900.JPG


 大根は間引きの時。


posted by jakiswede at 23:55| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20140912 広野開拓高原

KIF_2894.JPG


 ぐっと気温が下がって湿度の高い朝は晴れているのに辺り一面がびっしょり。秋の訪れ・・・


KIF_2895.JPG


 極めて、極めて理想的な高原の一軒家を見つけてしまった・・・質素で奥ゆかしい家主のお人柄が滲み出て光り輝いている。


posted by jakiswede at 23:54| Comment(0) | 移住計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20140910 デング熱撲滅

KIF_2890.JPG


 今日は、カリーナちゃんのオイル交換をかねて夙川で開店しているYamsaiさんへ野菜を届ける。とあるジャム専門店の店先に軽トラを横付けして、そこで営業中・・・と、あとからあとから、来るわ来るわお客さんの列 !! みんな、なんかにこにこしながらYamsai君と会話を交わして野菜を選び、カゴをいっぱいにしている。2千円、3千円、と、結構な金額になるのに、喜んで買っていく。八百屋やスーパーに並ぶような野菜はむしろ少ない。サツマイモの蔓、ニンジンの間引き・・・百姓が農作業がてら刈り採って料理の付け合わせにするような物・・・たしかに都市生活では得られない物が、どんどん売れていく。売れていくばかりではない。お客さんはYamsai君との会話を楽しんで行く。その野菜の採れた農園の事、食べ方の事、種を蒔いた野菜の事・・・「そこらで売ってる野菜とは全然違います」と彼等は言う。野菜を買わなくなった私が、もう何年も前に忘れてしまった感覚だ。かれらは、都市生活者でありながら、農村を体験しようとしている。売られているのは野菜であるが、実は、生命のある食を共有する場になっている。それも、みんなにこにこして、楽しんで・・・私は何故、こんなにも苦しんでいるのだろう・・・私の出荷した野菜を食べて、彼等は美味しいと言ったではないか・・・かれらがにこにこしてそう言うのに、なぜ私は難しい顔をして、毎日苦しんでいるのだろう・・・そもそも、なにが苦しいのだろうか。そんなことさえ、いまはよくわからなくなってきた。


IMG_4078_Fotor.jpg

 なんの脈略もないのですが、「デング熱撲滅キャンペーンTシャツ」・・・たしか2010年にRecifeの旧市街の安売り店で買ったもの。こんな物が役に立つときが来ようとは・・・


IMG_4079_Fotor.jpg

 せっかくなので、もう一発 !! Yamちゃんよ、気に入ったぜ・・・


posted by jakiswede at 23:48| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする