2015年09月03日

20150831 恨みの秋雨

KIF_0979.JPG

 8月中に畑の除草を完了してしまいたかったのだが、秋雨前線の南下が思ったより早く、東畑を3畝半やったところで長雨に見舞われ中断。大根の種蒔きは、大事を取って先に半分ほど済ませておいたのだが、雨上がりを待つと次の種蒔きがいつになるか解らん。大根というものは、蒔き時が一週間もずれると大きく減収するし、蒔いた直後の種が雨に叩かれると、これまた非常に良くないことを経験により知っている。夏野菜の得意作物の不作に加えて、冬のメインの作物である大根が不作になれば、貯金の底がくっきりと見えてきた状況の中で、移住はおろか夜逃げする自分の姿もくっきりと浮かび上がってくるのだ。そんな悲壮さを他所に、例によって日本の気候と合わないピリピリちゃんは夏が過ぎたというのに、植え付け時とほぼ同じ大きさで成長する兆しも見えない。

KIF_0980.JPG
posted by jakiswede at 22:19| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20150827 新畑除草中

KIF_0967.JPG

 新畑の除草中。きゅうりはもうあきらめた。15株ほど植えてこれだけネット張って収穫2本 !! ・・・こんなこと初めてや。

KIF_0968.JPG

 その隣のカボチャ類の除草、こちらからはゴロゴロとカボチャやバターナッツが出てくるので、土や種や苗が原因ではなさそうや・・・わからん・・・

KIF_0971.JPG

 一方、東畑の豆エロエロ・・・失礼、いろいろ畝では、急に四角豆が突出しはじめた。

KIF_0974.JPG

 新畑に戻って、白サツマイモと黒インゲンの畝を除草する。ともに成長が極端に悪い。キュウリやニガウリとともに、得意作物が不作だと落ち込むこと夥しい。

KIF_0976.JPG

 例年なら畝全体がサツマイモの葉に覆われ、他の草は芽を出すことも出来ないほど抑制されてしまうものだが、今年は稗の海からサツマイモの蔓を見つけだすことすら困難であった。見つけ次第株元まで手繰り、それを一方に倒しておいてた方を除草し、今度は除草した側に蔓を倒してもとの方を刈る。

KIF_0978.JPG
posted by jakiswede at 22:18| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする