2018年02月25日

20180225 小麦干し

20180225 小麦干し

KIF_7629.jpg

 晴れの間に、収穫したまま穀物庫にぶち込んであった小麦を干す。

KIF_4277.jpg

 脱穀して唐箕にかけた状態では、篩で分けても実のついたままの穂が残る。

KIF_4279.jpg

 結局、これらは手で選り分けねばならない。手で揉むと実は剥がれるが、皮や芒が落ちて混ざってしまう。

KIF_4280.jpg

 「ユキチカラ」という品種は芒がなく、「ミナミノカオリ」は強い芒がある。前者は脱穀しやすいが鳥に食われやすく、後者は鳥に食われにくいが脱穀しにくい。

KIF_4283.jpg

 皮や芒はあえて落としてしまい、混ざったところでバットを揺すると、重い実が沈んで軽い皮や芒は浮いてくるので、これを吹き飛ばす。

KIF_4285.jpg

 何度も繰り返していくと、やがてこれらは除去されて綺麗な玄麦になる。

KIF_4286.jpg

 多少の皮や芒が残っても、製粉機にかけて篩で振るうとこれらのほとんどは除去されるので、完璧を期さなくても良い。ただし、篩にかけると小麦の微粒子が舞い上がるので、風の少ない屋外でやったほうが良い。

posted by jakiswede at 00:00| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする