2010年11月05日

20101104 藁切り

KIF_7888.JPG

 

 藁切りである。脱穀を終えた稲藁は、細かくして田んぼにまんべんなく撒いて土に混ぜ、肥料とする。近隣農家ではコンバインを使っているので、稲刈りと同時に藁を切って畑に散布することができる。こんなことをちまちまやってるのは私くらいのものであるが、これがまたなんとも良い日和で気持ちええんや。しかしひたすら単純作業なので、地味を通り越して苦行の域に入るであろう。

 

KIF_7886.JPG

 

 隣の師匠のところでは、奥さんが田んぼで藁を干しておられる。コンバインを使うとも切り藁を撒く手間が省けて楽なのだが、畑の敷き藁にする分だけは別にしておいて、このように干して使うのである。ウチでは稲を天日干しにするのでその間に藁が乾くのと、納屋があるので乾いたまま保管できるから、このような作業は必要ない。

 

KIF_7889.JPG

 

 いまごろになってトマトがたわわに実っている。ここは次イチゴを植える予定なのだが、二週間様子を見て熟さなければ撤去する。やっぱり今年はどこかおかしい。

 

KIF_7890.JPG

 

 ここんとこの寒さで、ズッキーちゃんもそろそろお迎えかとおもいきや、かわいらしい実を付けていて親近感がわく。

 

KIF_7894.JPG

 

 大根がそろそろ大根として食える状態になってきた。

 

KIF_7896.JPG

 

 なんとか実りのときを迎えたピリピリとペーニョ。

 

KIF_7897.JPG

 

 枝豆の時期を過ぎ、黒豆へ向けて登熟する「丹波の黒豆」

 

KIF_7903.JPG

 

 サツマイモの収穫の準備。土をできるだけ乾かすために蔓を切る。切った蔓は、田んぼで切り藁とともに細かく刻んで肥料にする。

 

KIF_7904.JPG

 

 順調に生育するニンニク。

 

KIF_7898.JPG

 

 冬に向けて、苦瓜も枯れはじめたので、実っているものだけを収穫した。堅くなっているので、細かく刻んで干して茶にする。

 

KIF_7900.JPG

 

 いくぶん柔らかいものは、今年最後のゴーヤ・チャンプルー・・・唐辛子みそバージョン。

 

 下記の予定で私の方の農作業は進めて参ります。
新しいメンバーも来ますので、よろしくお願いします。
11/01 (月) の週 ワラ切り・夏野菜畝の整理
 晴れの日が三日以上続けば、サツマイモ掘り・タマネギ植床作り
11/08 (月) の週 ソラマメ・エンドウ植床作り・田んぼの鋤き上げ
 週後半に晴れの日が三日以上続けば、赤米の脱穀
11/15 (月) の週 タマネギ苗植え付け・イチゴの移植

posted by jakiswede at 09:58| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: