2011年01月27日

20110124 天地返し

KIF_8172.JPG

 

 今年初めての農作業は、田んぼの天地返しである。昨シーズン終了時に、稲刈り後の5畝の田んぼの草刈りをして、切り藁ほぼ5畝分と米ぬか約50kgを鋤き込んで畝立てをした状態が現状で、これに米ぬかを約50kg追加してもう一度混ぜ合わせ、肥料分の熟成を促し、寒気によって雑草の種と害虫の卵を挫く狙いがある。

 

KIF_8173.JPG

 

 山になっているところを畝縦器で割って入ることにより、天地返しをしようとするものである。

 

KIF_8174.JPG

 

 まっすぐようせんのは性格だから致し方がない。

 

KIF_8176.JPG

 

 畦豆の植わっていた部分も中に鋤き込んで周囲を溝切りする。溝つなぎは鍬仕事になる。これで春まで熟成。

posted by jakiswede at 16:41| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: