2011年07月10日

20110629 梅仕事

KIF_9048.JPG

 

 6/27に友人宅でもらって来た梅を選別する。青くてきれいなものは梅シロップ用、青くてそれなりのものは梅酒用、黄色く熟しているものは梅干し用、傷んでいるものは畑の肥やし。

 

KIF_9049.JPG

 

 梅シロップや梅酒にするものも、あとで梅の実をジャムにするので、ガクは取り除いておく。

 

KIF_9050.JPG

 

 梅シロップ用は、フォークで穴をあけて果汁の出を良くする。

 

KIF_9051.JPG

 

 梅の質量の1.2倍の上白糖で漬ける・・・漬けるというより、砂糖の中に梅が紛れている感じである。梅酒は、私は炭酸で割って飲むので、梅の質量の同量の焼酎に、半量の氷砂糖を入れる。三温糖や粗目を使う場合は、いずれもこの20%程度多めのほうが良いだろう。梅干しは、私は梅の質量の15%の塩で漬けている。

posted by jakiswede at 23:07| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: