2012年05月15日

20120514 ジャガイモの芽掻き

KIF_1333.JPG


 イチゴの初なり・・・今日の農作業を終えた後に頂きます。早よせな雨が来る・・・


 


KIF_1343.JPG


 ジャガイモの芽掻き。だいたい一株に月3カ所程度に間引くのが良いとされている。ジャガイモの芽は強いので、掻くときに生え際を押さえておかないと、芋ごと抜けてしまう。


 


KIF_1344.JPG


 なんと、気の早いやつが小さな芋をつけとる。


 


KIF_1345.JPG


 芽掻きと同時に土寄せをしておく。芋は、種芋の高さよりも上に出来ることが多いので、土寄せをしないと芋が地表に露出する。ジャガイモは光に当たると緑変して毒を持つ。貯蔵するには地中にある方が良いので土寄せするのである。植え付けのときも、土寄せを見越して種芋は一列に、高畝にせず、周りに土を多く残して植え付けるのが良い。成長にあわせてもう一度土寄せする。


 


KIF_1347.JPG


 代掻きの終わった田んぼを見ながら、ナス科の畝の予定地に堆肥・杯・切り藁・籾殻を入れる。ここにナス・トマト・ピーマンなどを植える。


 


KIF_1346.JPG


 (`へ'っ・・やられた・・・雨が来る・・・バイトの時間だ。走らな間に合わへん・・・人生は苦をもって当然とする。


 


KIF_1348.JPG

posted by jakiswede at 16:53| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: