2013年02月15日

20130107 干し芋作り

KIF_0019.JPG

 白サツマイモ「タマユタカ」で干しいも作りをする。芋は、全体がアメ色になるまで4時間ほど蒸す。教えられたところでは、熱いうちに切れと言われたが、4時間も蒸すと手づかみできないほどに柔らかくなり、熱いままでは鍋から取り出す事さえ難しい。そこで何とか触れる程度にまで屋外で冷まし、これを、干すすだれの上で切る事にした。切るには、タコ糸が最も扱いやすい。慎重に切って、慎重に並べるのだが、柔らかすぎてちぎれてしまう。腕を上げたら、大量生産して冬場の現金収入に売ったるわ。

KIF_0020.JPG


posted by jakiswede at 00:05| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: