2013年03月02日

20130222 新畑の観察

KIF_0177.JPG


 新畑の観察・・・大根と白菜です。大根は順次消費していますが、もうすぐ「ス」が入って表皮が硬くなりますから、早めの収穫をお願いします。白菜あるいはシロナについては、完全な養分不足の症状です。でも食べられますからご自由に収穫してください。


KIF_0179.JPG


 一番右でエンドウが育っていますが、霜によって根が押し出されています。麦踏みのように、越冬する苗の小さなものは、適宜観察して値を土に戻してやる必要があります。


KIF_0180.JPG


 ソラマメは順調。


KIF_0181.JPG


 ウリ科の畝は自然農法的に放置。


KIF_0182.JPG


 タマネギも、その多くが霜によって抜けてしまうので、時折状態をチェックして土に戻しておきます。


KIF_0183.JPG


 マメ科の跡地も自然農法的に放置。


KIF_0184.JPG


 サツマイモの蔓は、極めて腐食しにくいので、刻んで土に戻そうと思います。

posted by jakiswede at 01:23| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: