2013年12月08日

20131013 収穫の秋

KIF_1164.JPG


 稲刈りを終えた田んぼからコシヒカリの蘖・・・たしかに細い。


KIF_1165.JPG


 畑は順調・・・8月末に種蒔きした大根が早くも頭を出してきた。大根作りの秘訣は、ずばり蒔き時と間引きである。


KIF_1193.JPG


 堆肥置き場脇のこぼれ種のトマト・・・酸っぱいが土の味がした。


KIF_1195.JPG


 日本の夏が苦手のピリピリちゃんもようやく結実。


KIF_1201.JPG


 サツマイモ、左がタマユタカ、右が鳴門金時・・・割れないうちに、今年は早めに収穫。


KIF_1202.JPG


 菊芋は初めての栽培。茎の枯れたものから採ると思っていたが、枯れているものは芋も出来ていない。試しに未だ生きている株の根元を掘ってみたら、ショウガに似た小さな芋が出来ていた。


KIF_1205.JPG


 10/31 サツマイモ収穫。例によってタマユタカは暴れ芋で、株元から遠くに結実しているものや、形や大きさがまちまちで、大変個性に富んでいるが、今年は割れは少なかった。早速cafeminhos名物「白サツマイモの竜田揚げバジルソース添」


KIF_1213.JPG

posted by jakiswede at 23:37| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: