2013年12月08日

20131105 循環式精米機

KIF_1246.JPG


 晩稲の脱穀である。先ずは少量なので赤米を足踏み脱穀。


KIF_1247.JPG


 充分に乾いていたとみえ、籾は見事に離れて落ちた。この赤米は長い見事な芒を持つ。


KIF_1250.JPG


 これを籾摺り機にかけると、野木が風選のダクトに詰まって機械が故障するので、このような循環式精米機の出番となる。


KIF_1252.JPG


 この精米機は籾から白米にまで仕上げることが出来るが、構造上、少なくとも10kg程度を入れる必要があり、それを白米にするには数時間かかる。常に少しずつ擦られるので、籾・玄米・白米は混在して高温となり、私の食感では味が落ちる。そこで私はこの機械で芒だけを落とすのである。籾摺り機を動作させて投入口から籾を入れると、籾は画面右から下部へ吸い込まれてゆき、左手に押し出されてあがってくる。


KIF_1253.JPG


 そこには網のついた開口部があって、芒や籾殻やゴミが粉砕されて落ちる。


KIF_1254.JPG


 画面上が機械にかける前、下が後である。この状態であれば、普通の籾と変わらないので、籾摺り機にかけても問題ない。


KIF_1256.JPG


 精米機にかけてしばらく、芒がほどよく取れたら、排出口を開けて籾を排出する。


KIF_1258.JPG


 構造はいたってシンプルである。投入口の上から見たところ、画面右手の口から籾が吸い込まれて行くが、この中にミンサーのような螺旋状の摺り棒が回転していて、それは籾を擦りながら右から左へと送りだす。舌のように見えるスライダーは、レバー操作で吸い込み量を加減できるようになっている。摺られた籾殻や糠やゴミは粉砕されて底の開口部へ落ち、もみは左手の口から投入口へ循環してくる。それで循環式精米機というのである。左手についている押さえ金具は、これもレバー操作で上下に動き、戻ってくる籾の量を加減できる。つまり、金具を押し下げる位置でレバーを固定しておけば、底部で摺られる時間が長くなって、より圧力がかかる。解放すれば弱められる。これで摺り加減を調整する。投入口には、常に摺られる前のものと摺った後のものが混在するので、この機械は、つきっきりで投入口にある籾を撹拌しなければならない。面倒といえば面倒だが、手作業で籾摺をする苦労を思えばありがたいものである。しかも、この機械は動力が外付けになっているので、電気が使えなくなっても、工夫すれば最悪人力で回転させることもできる・・・たぶん・・・


KIF_1260.JPG


 螺旋状の回転する摺り機の部分である。排出口を解放して見ている。


KIF_1261.JPG

posted by jakiswede at 23:58| Comment(1) | 農作業食品加工日誌2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして、タイの友人が、タイ米を精米出来る機会が無いかと聞かれました。。
出来れば、電気が220V 小型の物が良いのですが。。
有れば、是非 お知らせください。
宜しくお願い致します。
アサカワ
Posted by アサカワ ミチヒコ at 2018年03月28日 15:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。