2014年07月04日

20140620 ユメシホウ脱穀

KIF_2380.JPG


 ブルー・シートで毎日干していた湿害で生育不良の「ユメシホウ」を脱穀する。丈が短くて足踏み脱穀機にかからないので、砧 (横槌) で叩く。左が未脱穀の束、右上が脱穀済みの麦藁、右下が脱穀された玄麦と藁屑の山である。この山を両手でおおまかに掬う動作を繰り返すと、重い玄麦が下に落ちて、軽い藁屑が浮き上がる。


KIF_2383.JPG


 脱穀そのものには時間がかかるが、足踏み脱穀機でやるより藁くずの混入が少なく、選別は却って楽である。藁屑を除去して唐箕にかける。


KIF_2385.JPG


 唐箕で殻やごみを飛ばすと、玄麦がよく見えてくる。


KIF_2386.JPG


 とりあえずここまでやっておけば、袋詰め出来る。あとは製粉するときに掃除する。いまは時間がない。


KIF_2387.JPG


 梅雨の晴れ間を有難く頂戴して乾燥させておく。湿害の影響か、収穫量は8kg・・・種蒔きは2kgだったので、たったの4倍にしかならなかった。麦はブレが大きい。


KIF_2388.JPG

posted by jakiswede at 00:02| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: