2014年07月17日

20140716 東畑の応急除草

KIF_2493.JPG


 さて今度は田んぼをとりあえず放置して、全く手入れ出来てなかった畑の応急手当。東畑から・・・ウリ科グループ3畝。


KIF_2494.JPG


 今年はモグラが異常に多く、田んぼの畔があちこちで破られ、このように畑が水浸しになっている。そのためか、トルコの白ズッキーの調子が悪い。


KIF_2495.JPG


 最後に植えた苗は、植えたときのままの大きさで草の中から姿を現わした。写真ではわからないが、土には蟻がぎっしり。


KIF_2496.JPG


 オクラを救出して、アブラナグループは全て葬った。


KIF_2497.JPG


 オクラも、心なしか元気がない。


KIF_2498.JPG


 ジャガイモは既に全滅しているので梅雨明けに掘るとして、ほかは全て葬った。


KIF_2499.JPG


 辛うじて生き延びたトウガラシ類を救い出し、各国インゲン類にはネットを張った。


KIF_2500.JPG


 ここも水浸し。


KIF_2502.JPG


 ネパールのインゲンも、蔓を雑草の中から引っ張り出してネットに這わせる。


KIF_2503.JPG


 ツルムラサキも同様に養生。


KIF_2504.JPG


 田んぼの周囲の草刈りにとりかかる。このようにモグラが空けた穴から水をが吹き出している。草を刈っただけで、いくつもの穴が顔を出した。これらも内側から塞ぐ。畑の作物の根腐れを防ぐために、止むを得ず田んぼの暗渠の蓋を開ける。


KIF_2505.JPG


 ハーブ園からバジルを救出、幼苗も探して救出。


KIF_2507.JPG



posted by jakiswede at 01:04| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: