2014年08月06日

20140729 田の除草二巡目

KIF_2572.JPG


 田の除草二巡目。なんやまだ大したことないやんと見えるかもしれないが、今までの経験上、間髪入れずに抑圧しておかないと後で何倍もの仕返しを喰らう。私にはその体力がないから、先に叩いておくのである。こんなの自然農法じゃないよね。


KIF_2565.JPG


 これは、前回抜いてひっくり返しておいた稗の仲間。良くご覧あれ。根は画面の天の方向にある。つまり、こいつは実は逆立ちしているのだ。この稗を抜いたとき、根を上にして乾いた場所に置いたのだが、一週間後、天を向いた根は株元をかき分けて地へ伸び、逆に地に開いた葉は反り返って天を目指すのである。稗の根は強い。


KIF_2579.JPG


 新田は、もともと水はけが悪く、泥土質であるので、耕さなくてもこのように代掻きした田んぼのように水生雑草が蔓延る。スーパーの買い物カゴを引きずってお得意のパターンで除草する。


KIF_2582.JPG


 おおまかにやって二巡目終了。お隣のコシヒカリに穂が出ている。もうそんな季節か・・・


KIF_2583.JPG



posted by jakiswede at 01:09| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: