2015年10月03日

20150925 赤米「神丹穂」見ごろ

KIF_1112.JPG

 赤米「神丹穂」が見ごろを迎えている。この稲は丈が高く、開花期が済んで実が入りはじめる頃が最も美しいが、登熟するにつれて足許が弱くなって倒れやすくなる。収穫期には見るも無残な姿を曝し、穂が土につかないように支える必要があるので、もはや栽培する農家は殆どない。左は、開花期の同じ「豊里」の圃場の中で育った穂が赤くない「アルビーノ」である。恐らく苗代で苗とりをした時に、浮き苗が混じったのであろう。下の写真は、「豊里」に囲まれて育つ「神丹穂アルビーノ」、その奥に「神丹穂」が見える。

KIF_1149.JPG
posted by jakiswede at 23:59| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: