2015年11月13日

20151029 食品加工日誌

KIF_1389.JPG

 昨日刈り取った「タイの香り米」の様子。今夜はライブがあるので体力温存のため、「サリー・クイーン」の稲刈を数日後に設定し、たまっていた食品加工を進めておく。

KIF_1390.JPG

 珍しいからか、人気商品になった「四角豆」だが、どうやって食べたら良いのかとよく訊かれるので、私なりの食べ方をふたつ。「四角豆」は、外見からは鞘ごと食べられるかどうか解りにくい。私は、輪切りに包丁が入るものは天ぷらに、入らないものは、剥いて秋の豆ご飯にしている。スジが強いので、包丁の刃元を豆の天辺に入れて両側を剥く。

KIF_1391.JPG

 輪切りにするものと開いて豆をとるものに分ける。

KIF_1392.JPG

 なんだか毎日畑の野菜の天ぷらばかり食べている。でも運動量が大き過ぎて全然太る気配がない。

KIF_1393.JPG

 おとなりから規格外のトマトを大量に貰ったので、ペースト作りをしながら、小麦のごみ取りをする。これは一度に10kgほどやるのが精神力的限界である。厄介なのは下の写真の箸の先が指示している麦と色や大きさや形が良く似ている何かの植物の種、中は真っ黒な粉末で、これが製粉機に入ると、あとで選り分けることは不可能だ。しかも食味を著しく損なう。

KIF_1396.JPG
posted by jakiswede at 00:43| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: