2016年02月18日

20160217 Tito Valentin

KIF_1862.jpg

Tito Valentin Y El Grupo Aji Bravo: Tierra Musica Y Sentimiento (LP, Nuestra Records, LP105, 1979, US)


En Mi Tierra

Jibaro

Anhelante

Pepe Juan


Voy A Cantar

No Me Toques, Sara

Fiesta En Naranjito

Cosas Del Campo


 もっぱつJibaro系いきましょか、Batacumbeleと同じ頃ニューヨーク・サルサの本流から離れてプエルト・リコの伝統音楽の中に身を沈めていた時に出会ったレコードである。なんとも物悲しいメロディとハーモニー、不器用なまでに牧歌的な情感がなんとも知れぬ良い味を醸し出していて、言葉でなんと説明したら良いのか、名作名演という話も聞かないし、他にアルバム数枚出してるだけなのだが、それらは普通のサルサだし、このアルバムだけがなんとも形容しがたい「なにか」を秘めていて、常に愛聴盤の箱に入っていたので震災を生き延びたのです。Jibaro・Guajira・Plenaという、非ルンバ系でほとんどナイジェリアはヨルバからカリブ海に伝播した音楽スタイルの良い歌を聴くことができます。まったく隠れた名作。



posted by jakiswede at 23:42| Comment(1) | 変態的音楽遍歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いいアルバムですよね
ほかにも愛好家がいるようです

https://genichi-yamaguchi.hatenadiary.org/entry/20101202/1291318613
Posted by at 2020年10月30日 08:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。