2016年08月11日

20160731 新畑の観察

KIF_3283.jpg


 梅雨明け後の田畑の観察、まずは新畑脇田のサリークイーンと、右端の豊里。


KIF_3284.jpg


 古茅を積んでそれをかき分けて田植えする方法が功を奏したのか、草は生えているものの稲を凌ぐほどに蔓延ってこない。スポット的な修正のみで様子を見る。


KIF_3285.jpg


 畑の方、茨城から土地の固定種である「黒花豆」を送ってきたので、植え付け用に番外畝、急の田んぼの土手を除草して表面のみ耕して、先に柵を立てておく。種蒔きは盆の前後。


KIF_3287.jpg


 ナス科3畝、トマトとその奥韓国唐辛子、真ん中は苗が混じったがタイの唐辛子とハラペーニョ、右はトルコのナス。所々にこぼれ種の大根が育っている。


KIF_3288.jpg


 赤花豆、花が咲いているのは去年のこぼれ種、去年育ったものは一昨年のこぼれ種、がなかなか実がつかないので、ためしに別途育苗して植え付けてみた。


KIF_3289.jpg


 もとウズベキスタンの中型トマト、6株ほどにしとくつもりだったのだが、脇芽が元気なので、つい親心で植え付けてしまったら、ほどなく活着。


KIF_3290.jpg


 韓国の唐辛子、ちょっと小さいまま足踏みすぎる。


KIF_3291.jpg


 育苗ポットのラベルをカラスにほじくり出されてどれがどれだったかわからなくなった唐辛子、タイのものとハラペーニョだったはず。


KIF_3292.jpg


 5年前から種取りしているトルコのナス。大きいものは支えが必要になってきた。

posted by jakiswede at 23:32| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: