2016年08月15日

20160815 シーズン前半終了

KIF_3356.jpg


 シーズン前半の農作業終了。お盆を迎えるにあたって集落をきれいにしておくのがどったらこったら言う無言の圧力に配慮して周囲の草刈りも済ませた。


KIF_3357.jpg


 猛暑が一段落して、雨がないものの朝夕に秋風が感じられる時候となって、畑では次の季節が実りはじめている。四角豆。


KIF_3359.jpg


 いろんなウリ・・・カボチャとカポディキーノス。


KIF_3360.jpg


 トルコ原産のナス。


KIF_3365.jpg


 畑全体の除草も完了、管理という、百姓の精神衛生の都合上、一旦砂漠化もやむなし。雨を待つ。


KIF_3366.jpg


 陸稲状態で追加で植えたインディカ米「サリー・クイーン」も、悪条件下にもかかわらずたくましく育っている。


KIF_3368.jpg


 暑さが和らいだのを見て、トルコ原産の白ズッキー (Sakiz Kabak) がいくつも実りはじめた。


KIF_3369.jpg


 ちょっと遅まきだったが、やっとオクラに花。


KIF_3371.jpg


 茨城原産「黒花豆」定植。


KIF_3373.jpg


 全く除草していないのに、このように溝が見通せるほど、これは古茅の抑草効果と結論付けてよいと思う。 


posted by jakiswede at 16:41| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: