2017年06月25日

20170621 当然の報い

KIF_6423.JPGKIF_6422.JPGKIF_6421.JPGKIF_6410.JPGKIF_6409.JPG

 農繁期を目前に18日間も遊び呆けとった報いだ。6/21に梅雨入り最初のまとまった雨が降ったのだが、晴れ続きの間に小麦・ソラマメ・エンドウなど乾き物の取り入れ、土の乾いている間に田植えの準備と、気負い込んだは良いが、重なる作業に体が追いつかず、そこへタクラマカン砂漠やパンジャーブを思い出させるような乾燥した暑さが追い打ちをかける。体があげる悲鳴は聞こえぬふり、早朝から炎天下の農作業と深夜バイトで、57歳の老体を酷使しまくり、とりあえず持てるだけの物を持ち走れるだけ走った結果、なんとか畦塗りまでこぎつけた。今、外は土砂降りである。これから本価格的な梅雨の毎日となる。少々の雨でも田植えはできる。雨になるとできない作業だけは片付いたことを神に感謝する。

KIF_6414.JPGKIF_6419.JPGKIF_6418.JPGKIF_6416.JPGKIF_6415.JPG


KIF_6425.JPGKIF_6427.JPGKIF_6428.JPGKIF_6429.JPGKIF_6430.JPGKIF_6439.JPG


KIF_6431.JPGKIF_6432.JPGKIF_6433.JPGKIF_6434.JPG


KIF_6435.JPGKIF_6436.JPGKIF_6437.JPGKIF_6438.JPG

posted by jakiswede at 00:00| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: