2018年02月21日

20180221 キクイモ

KIF_7595.jpgKIF_7628.jpgKIF_7629.jpgKIF_7630.jpgKIF_7633.jpgKIF_7634.jpgKIF_7635.jpg

寒い !! 朝は寒かったが、陽が差すと気温が上がり、まさに春の陽気になった。初秋に収穫したカボチャ類も2月がほぼ限界。まとめてポタージュにした。梅雨前に取り入れた小麦を放置してたんで、干して明日そうじしよ。暖かいので畑に出てみた。玉ねぎ早くも全滅の兆し、小麦の葉先は赤く焼け、遅まきの品種はまだ出たばかり・・・この冬は寒すぎる、というか、寒い日が続きすぎる。例年なら気温に波があって、土が柔らぐ晴れの日に根を押さえつけることができるのだが、今年はそんなチャンスがない。麦やタマネギは、幼苗のまま冬を越すので、霜柱が立つ時に、盛り上がる土とともに根が押し出される。その状態で霜が溶けると、根が抜かれたのと同じ状態になり、そこに寒気が当たって枯れてしまうことがある。これを防ぐために、これらの植えあとはよく観察して、定期的に根の手当てをしてやるのだが、朝霧の濃い日の昼が曇りがちだったり、最高気温が氷点下だったりすると、土が凍てついてしまって手が出せないことがある。そんな日の翌日には、きまって畑中をカラスが暴れたみたいに、あらゆる根が蹴散らかされた状態になる。それらをひとつひとつ見つけ出しては植え直すのだが、今年はそれがなんども続き、とうとう植え傷みが重なって凍結に耐えられなかった。苗づくりをもっとしっかりやれば良いのだが、ちょうど時期的に秋の農繁期で米作りの最終段階と作業が重なるので、どうしても手薄になるのだ。そこへいくとキクイモは逞しくて、凍土の下でもしっかり残ってる。

posted by jakiswede at 00:01| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: