2019年01月17日

20190117 JCOA 1001/2, 1968, US

R-2406391-1448286111-9593.jpeg.jpg

The Jazz Composer's Orchestra (2LPs in Box, JCOA Records ‎– LP 1001/2, 1968, US)

A1

Communications # 8

Soloist – Don Cherry, Gato Barbieri

13:52

A2

Communications # 9

Soloist – Larry Coryell

8:08

B1

Communications # 10

Soloist – Roswell Rudd, Steve Swallow

13:26

B2

Preview

Soloist – Pharoah Sanders

3:23

C

Communications # 11 Part 1

Soloist – Cecil Taylor

15:10

D

Communications # 11 Part 2

Soloist – Cecil Taylor

17:47


Conductor – Michael Mantler

Piano – Carla Bley, Cecil Taylor

Cornet – Don Cherry

Saxophone [Tenor] – Gato Barbieri, Pharoah Sanders

Saxophone – Charles Davis, Frank Wess, Jimmy Lyons, Lew Tabackin, Steve Lacy

Guitar – Larry Coryell

Trombone – Roswell Rudd

Brass – Howard Johnson, Jimmy Knepper, Julius Watkins, Randy Brecker, Bob Northern

Bass – Charlie Haden, Eddie Gomez, Reggie Workman, Ron Carter, Steve Swallow

Drums – Andrew Cyrille, Beaver Harris


Recorded January, May, June 1968, New York.


 私の所有する正真正銘のフリー・ジャズのなかで最高傑作と言い切れる。情熱・複雑さ・音圧・集中度・緊張感・緻密さ・繊細さ・乱暴さ・・・言葉に言い尽くせない。全てにおいて最高。 ≫Communications ≫と題された曲全てがまさに音によるコミュニケいションの実験であり、各サイドにソロイストが決められており、それを中心に音楽が展開される。なかでも2枚目両面を費やしたCecil Taylorの演奏は凶暴さを超えて美の霧氷が降ってくるようにさえ思われる。フリー・ジャズここに極まる。


KIF_2859.jpg

posted by jakiswede at 00:00| Comment(0) | 変態的音楽遍歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: