2019年11月15日

20191115 今シーズン稲刈り終了

KIF_5769.jpg

 「サリー・クイーン」の圃場は、例の隣家の立木問題でもめにもめた部分である。

KIF_5778.jpg

5年以上日陰が広く覆いかぶさって、主に紋枯病が蔓延し、昨シーズンはそれが半分以上に及んだのだが、今年は樹木を伐採して日照を回復したのが良かったのか、昨シーズンより大きく減った。

KIF_5788.jpg

しかし薬剤を使わずに根絶することは難しく、落下した核種が地表に影響を及ぼさないようにマルチングするくらいである。

KIF_5789.jpg

今シーズンは、田植えの前に全体を焼き、その上に茅を厚く敷いたのが徐々に効いたと思う。病変株を隔離除去しながら、今シーズン稲刈り終了。秋の夜はつるべ落とし。

KIF_5801.jpg

KIF_5799.jpgKIF_5804.jpg

posted by jakiswede at 00:00| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: