2020年01月01日

20200101 正月というものは

_MG_6231.jpgP1010347.jpgP1010352.jpgP1010355.jpg

正月というものは正月にしか出来ないことをやるのである。つまり平日では出来ない、やってはいけない、行ってはいけないことをやる。その一環として何年か前に旧国鉄福知山線の廃線跡のうち、入ってはいけないところへ入って散策したのだが・・・

KIF_6285.jpgKIF_6299.jpgKIF_6290.jpgKIF_6287.jpgKIF_6299.jpgKIF_6292.jpg

http://jakiswede.seesaa.net/article/463538835.html

やはりそんなところに入り込む輩が後を絶たぬと見え、そこへアプローチできる禁断の獣道が厳重に封鎖されてしまったので、来年装備を整えて再挑戦するやむなきに至った。正月早々の挫折である。しかし私の人生は、挫折から這い上がり、裏道どころか藪にまみれた獣の踏み跡を辿るようなもので、地面を這いずり回り山野を眺めること半日、イヌも歩けば棒にあたって、普段なら入れない某工場敷地内にてなかなかインダストリアルな絶景に触れた。

posted by jakiswede at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: