2020年08月20日

20200817 赤山椒の収穫と加工

KIF_7893.jpegKIF_7901.jpegKIF_7915.jpeg

 山椒は、乾かしてスパイスにするには、ちょっと青みの残る今が絶妙の香り。常識的には、10ー11月になって皮が割れてくる頃が良いとされているのだが、どうもそれでは香味に欠けるような気がして、私は赤くなりはじめるこの頃に収穫して、天日に干して、割れたらその皮だけを収穫して粉砕し、スパイスにする。早速、豆豉・赤唐辛子・塩・ごま油で即席の醤を作って炒め物に使ってみる。猛暑にシビレル。中の黒い種は、集めてガンザの実に使えば、振るほどに爽やかな香りが・・・するかな ??

KIF_7913.jpegKIF_7903.jpeg

posted by jakiswede at 00:00| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2020 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: