2012年09月12日

20120909 菊の節句

KIF_2020.JPG


 farminhos新畑の観察。畝番号で示す。1-3、旧ナス科の跡地、1と2は日にちをあけて大根の種まきを進行中。3はナス科の夏野菜が成育中。1-3は、今秋からソラマメとエンドウを植え、隣接畝には続けて来春から大豆・小豆・インゲンを植える畝回しである。


KIF_2021.JPG


 草丈は春の苗のような大きさだが、ようやくピーマン結実。


KIF_2022.JPG


 ナスも結実。


KIF_2023.JPG


 トマトは完全に黙りこくってしまった。なかには一つも実をつけなかったものもある。成長も止まったままである。肥料分が足りないのであろうか。


KIF_2024.JPG


 4-6、穀類、4はタカキビ・5はアマランサス・6は空き。タカキビとアマランサスは、結実しはじめてから顔色も良くて元気そうだったのだが、猛暑のなかでやがて色を失い、登熟期には虫食いが目立つようになった。初めての取り組みなので、情報を調べつつ経過を観察する。1-6の6畝で1グループとして畝回しをして行く。マメ科のように多く栽培するものに関しては、6畝中4畝を使うこともあり得るが、基本的には、連作障害の強い品種を3畝に、弱いものを残り3畝に栽培して緩衝地帯を挟みつつ、3畝ずつずらして行って6年で1周期となるようにする計画である。


KIF_2025.JPG


 畝が空けば、この畑では基本的に緑肥の考え方でもって刈った草をそのまま土に鋤込んで行って作る。ここは現在ポットで育苗中の白菜を植える。


KIF_2026.JPG


 7-9はウリ科、7はカボチャとバターナッツ、8は手前がキュウリで奥がズッキーニ、9は手前がニガウリで奥がズッキーニの伸びしろ。この部分は、近いうちに除草が必要である。7-12の6畝も一塊で、来シーズンはナス科が来る。


KIF_2027.JPG


 野菜として売られていたバターナッツを食した後の種をまいたものだが、未熟な種だったのか、実を付けても成長しないままに蔓が枯れる。


KIF_2028.JPG


 ほとんど肥料分のない畑であるので、キュウリも葉が茂らず、実も疎らである。しかし通常は一人暮らしであるので、ぼちぼち収穫できてよい。味はこの上なく美味い。


KIF_2029.JPG


 ニガウリもしかり、ただし実は養分のある畑のものよりも格段に小さい。こちらも味はしっかりと苦い。


KIF_2030.JPG


 ズッキーニの部分では、猛暑のさなかにはほとんど収穫がなかったが、秋風が吹きはじめて再び実を付けるようになった。写真は、トルコ原産の白ズッキーニ。これがまた美味い。


KIF_2031.JPG


 10-12はアブラナ科の日常野菜、10と11は時期をずらして同じものを種まきした。12の手前はオクラ、奥は空き。


KIF_2032.JPG


 10の手前側では、べんり菜が食べごろを迎えている。


KIF_2033.JPG


 写真手前が11、奥が12番畝である。単に蒔き時をずらせただけだが、11は猛暑の前に成長したので枯れたものはなく、12は成長する前に猛暑が来たのでレタス以外に生き残ったものはない。


KIF_2034.JPG


 12の手前側のオクラ、非常に元気で毎日オクラ納豆をして食べている。


KIF_2035.JPG


 13-15はマメ科である。13は各種インゲン、14は大豆と小豆、15は大豆と丹波の黒豆。


KIF_2036.JPG


 13のインゲンのうち元気なものはブラジルのフェイジョアーダ用黒インゲン、ほかにアメリカの白・南米の茶・コンゴの緑のインゲンを栽培しているが、種を採集できた程度。


KIF_2037.JPG


 14の小豆、黄色い花が咲き、一部は結実している。全体に葉が多すぎるように思われる。


KIF_2038.JPG


 14-15の鶴の子大豆は、枝豆としての旬を迎えている。丹波の黒豆は開花。


KIF_2039.JPG


 16-17サツマイモ、18空き。下の写真は番外の里芋。


KIF_2040.JPG

posted by jakiswede at 01:48| Comment(0) | farminhos | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月09日

20120908 稲刈り

KIF_2019.JPG

時々小雨もありましたが、無事稲刈りは終了しました。
次の稲刈りは9/15 (土) 9時より道場町塩田で行われます。
私は「六甲山カフェ」営業のため11時頃まで不在ですが、途中から合流します。送迎は出来ません。
現在のところ参加希望者がいないようですので、
あるいは隣接する平日でお手隙の方があれば参加表明してください。調整できるかも知れません。


よろしくお願いします。
posted by jakiswede at 01:34| Comment(0) | farminhos | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月07日

20120908 稲刈り

各位

予報は午後から雨ですが、降り始めるまでやるそうです。
今回は集合場所がいつもとは異なりますのでご注意ください。
何時とは申し上げません。ご都合のつく限りお越し下さい。
よろしくお願いします。



伊丹 正典
Itami Masanori
please reply to: jakiswede@gaia.eonet.ne.jp
posted by jakiswede at 23:43| Comment(0) | farminhos | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月29日

20120829 farminhos稲刈り

各位

地主様より、稲刈り予定の変更が届きましたのでお知らせします。
もっと早くにお知らせするべきでしたが、パソコンのOSを換骨奪胎していたら、
メール・アドレスや履歴も換骨奪胎してしまって復元に手間取っておりました。
下記、当該ブログからの転載です。出典は :


です。ほとんどすべて道場町のいつものところです。これを「塩田ハウス」と呼んでます。
「教会」とあるのは、「天理教有馬口分教会」:


です。地主さん側に人手が集まらない事態が予想されますので、
下記日程に関わらず、稲刈りの体験をしてみたい人はエントリーしてください。調整します。
集合場所は、現地あるいはJR道場駅、または個別対応につとめますので、どうぞよろしく。

=============

※9月は、稲刈りシーズンです。天候に左右されはしますが、以下の日程を予定しています。みなさんのご協力をお願いします。 
 …服装 : 長袖、長ズボン、帽子、首にはタオル、あれば長靴

◇9月5日(水) 16:30〜18:00
   …稲刈り準備<教会西側>  

◆9月8日(土) 
  9:00〜10:30 
   …「峰の雪モチ/稲刈り・はざがけ」 <教会の西側の田んぼ>
 14:30〜17:00
   …「あきたこまち=北六小の米/中央の稲刈り・はざがけ」<教会西側の田んぼ>

◆9月15日(土) 9:00〜12:00
   …「ミルキープリンセス/稲刈り・はざがけ」<塩田ハウス集合・解散>
   +「サツマイモの試しぼり」
   →予備日16日(日) 9:00〜12:00
   ※ミルキープリンセスは今年初めて作る低アミロース米です。アミロース成分が低い
    ほどおいしいお米になります。

◇9月19日(水)16:30〜18:00
   …「黒米の稲刈り」<塩田ハウス>

◆9月22日(土)
  9:00〜12:00
   …「ヒカリ新世紀/稲刈り・はざがけ」<塩田ハウス集合・解散>
   +「サツマイモの試しぼり」
   →予備日23日(日) 14:00〜17:00

◆9月23日(日) 14:00〜16:00
   …「峰の雪モチ/脱穀」<教会西側の田んぼ>

◇9月26日(水) 16:30〜18:00
   …「峰の雪モチ/臼スリ」<塩田ハウス>

◆9月29日(土) 9:00〜12:00
   …「ミルキープリンセス/脱穀・臼スリ」<塩田ハウス集合・解散>

◆10月13日(土) 9:00〜12:00
   …「ヒノヒカリ/稲刈り」<塩田ハウス集合・解散>
   +「いもほり本番!」 

◆10月14日(日) 14:00〜17:00
   …「ヒカリ新世紀/脱穀」<塩田ハウス集合・解散>

★10月20日(土) 10:00〜14:00
   …「山口小・やまびこまつり/おいも屋さん出店」<山口小・集合解散>
   ※山口小以外の方もぜひ、多数お手伝い+遊びに来て下さい!

・・・・・

未定ですが、この後、「ヒノヒカリの脱穀・うすすり」をして、10月27〜28日か11月3〜4日に秋キャンプを予定しています。

 





伊丹 正典
Itami Masanori
please reply to: jakiswede@gaia.eonet.ne.jp

posted by jakiswede at 20:52| Comment(0) | farminhos | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月19日

20120818 farminhos連絡

各位

farminhos の皆様全体へのメールは、原則送らないことにしましたが、
田植えや稲刈りなど、イベント性の高いものについてはお送りすることにします。
現状の生育状態から見た9月の稲刈り予測です。

9/08-09 地主様の田んぼの稲刈り
9/15-17 伊丹コシヒカリの稲刈り
9/29-30 伊丹インディカの稲刈り

現在、farminhosのブログをご覧になって、自発的に新畑での耕作をされる方数名によって作業が進んでおります。
この畑については、今後とも「持ち込まず持ち出さず」の自然農法の原則に従って耕作して参りますので、
収穫実績については、ほとんど期待出来ないと思います。

これとは別に、3反の農地が地主様のもとに返還されてくるのですが、
これを4畝ずつ7区画に区切って貸し農園としてご希望の方に使っていただく計画が進んでいます。
このメールをお送りさせていただいている皆様は、なさるとしても通いにならざるを得ないので、
実際には維持管理する事は不可能だと思いますが、そんなことを言ってたら誰も農業体験など出来ないことになるので、
もしご希望の方がおられれば、その方の分については最低限の維持管理は私がやります。
すなわち共有部分の草刈り、必要に応じた水やり、株を維持するための収穫です。
そのかわり月額5千円を徴収したいと思います。
勿論一切手を触れるなとおっしゃる方はこの限りではありません。
勿論これとは別に、地主様に対して地代が多分年間で数千円程度かかります。


これから諸条件を詰めて地主様と交渉しますので、貸し農園の件につきご希望の方がおられれば早めにご連絡ください。
契約更新は11月の予定です。そのときに一定の人数に達していなければ、農地は恐らく業者の手に渡ると思います。
4畝が広すぎれば、グループで使ってもらってもかまいませんので、エントリーよろしく。



伊丹 正典
Itami Masanori
please reply to: jakiswede@gaia.eonet.ne.jp

posted by jakiswede at 00:48| Comment(0) | farminhos | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月15日

20120815 新畑の観察

KIF_1893.JPG


 新畑の観察。かねてよりご説明申し上げている通り、ここは10年来農薬や化学肥料を使わずに稲作されて来た田んぼである。従って土壌の性質は酸性に傾き、養分が少ない。畑にする前に、全体に相応の肥料を鋤き込む事も提案したが、ここで無農薬有機栽培に取り組みたいとする仲間の意見を容れて、なにも投入せずに始めることにした。しかし、そのやり方を提唱した人たちは一度もここを訪れる事なく、それとは関係のないほぼ全くの素人数人の手によって維持されることになった。その経緯を踏まえ、隣接する地主様の畑の出来具合と比較することによって、新畑における野菜作りについて、現状を総括しておこう。先ずはナス科のトマトである。漸く1段目が熟し、2-3段目が結実している。真っ赤に熟した物は、早速カラスにつつかれている。なにもこんなとこつつかんでもお隣は鈴なりになっとるちゅうに・・・


 


KIF_1894.JPG


 お隣の畑では、柵を補強し続けなければならないほどの豊作である。この程度のネットであれば、カラスはネットに掴まってトマトをつつく。


 


KIF_1895.JPG


 ナスは、こちらではようやく春先に店頭に並ぶ苗くらいの大きさである、もう立秋を過ぎたというのに・・・


 


KIF_1896.JPG


 お隣では、既に秋ナスの収穫用に切り戻されて、そこからまた花が咲いている。


 


KIF_1897.JPG


 ピーマンは、こちらではどこにあるのかわからん程小さいのに、


 


KIF_1898.JPG


 お隣では支柱を立てて枝を支えなければならないほどである。


 


KIF_1899.JPG


 キュウリのネットはスカスカで、採れるには採れているが、下葉をみれば、もう息切れで収穫期満了の感がある。


 


KIF_1900.JPG


 お隣は既に「上がって」いる。時折ヒョウタン型にくびれた実がつくだけ。


 


KIF_1901.JPG


 ニガウリも、こちらではやっとのことで実をつけはじめたのだが、


 


KIF_1902.JPG


 お隣は分厚い緑のカーテンに実もたわわ。


 


KIF_1903.JPG


 サツマイモも漸く蔓を伸ばしはじめたところで、


 


KIF_1904.JPG


 お隣は足の踏み場も、雑草の付け入る余地もない。


 


KIF_1905.JPG


 唯一自慢出来るのが大豆で、


 


KIF_1906.JPG


 これは質・量ともにこちらが上回っている。


 


KIF_1907.JPG


 しかし、私の得意中の得意のズッキーニは、なんと初めての粗チンがアルビーノで痛々しい。一方、下のように「ズッキーニてどないして食べんねん ?? 」とおっしゃるお隣の畑のズッキーニの逞しさよ・・・


 


KIF_1908.JPG


 さてこれらの違いは何処から来るものか。先ず最も大きな違いは、お隣はほぼ全て購入苗で、同じ時期に種蒔きをして自然環境下で育苗した私とはスタート・ラインが全く異なる事。その後の生育も、畑なりの肥料を施して来られたとお隣と、「外から持ち込まず外へ持ち出さず」の鉄則に従って、一切肥料を施さず、手入れだけで育てようとした事の違い。もともとの土中養分が、田んぼと畑では違いすぎる事・・・などが挙げられる。さて、ではこれからどうするか、この結果を見ておとなしく大量の肥料を購入し、まんべんなく土に入れて来シーズンからの収穫を期待するのか、またはそれぞれの作物の特性を生かして、収穫は望めずとも野菜を作り続けることによって、持続可能な循環農法を目指すのか・・・その場合「外から持ち込まず外へ持ち出さず」の言葉通りに、収穫すら持ち出せなくなる可能性があるが、それでも良いのか・・・契約更新は11月であるので、その頃までに皆様のお考えを確認しておきたいと思いますので、メールでお寄せください。別に3反の畑が空いてくる話も、進捗あり次第お知らせします。

posted by jakiswede at 22:43| Comment(0) | farminhos | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月09日

20120803 新畑の観察

KIF_1852.JPG


 新畑の観察。見事なアマランサスの開花。


 


KIF_1853.JPG


 こちらはタカキビの出穂と結実。


 


KIF_1815.JPG


 近くでバターナッツやズッキーニを栽培しているからであろうか、ヒョウタン型のキュウリが目立つ。しかしこれがまた美味いんや。


 


KIF_1850.JPG


 遅まきながら、ニガウリの結実も始まった。


 


KIF_1812.JPG


 夏のヌメリ野菜の代表オクラは、収穫したらその直下の葉を取り除く。これを残すと腋芽が出て枝分かれし、肥料をやらないと良いオクラが採れなくなる。採り遅れたオクラのうち、健康そうな物は乾くまで採らずに放置して種を採る。


 


KIF_1808.JPG


 マメ科の畝の周囲は、奇麗に除草されている。


 


KIF_1848.JPG


 鶴の子大豆は結実しはじめている。あと2週間もすれば、新鮮な枝豆が食べられるであろう。他にも収穫出来る野菜は、チシャレタスがたくさん、べんりなを間引けばこれもたくさん。どんどん間引かないと大きく育たない。


 


KIF_1813.JPG


 残る作業は、前々回に除草してもらったサツマイモの畝周囲の再除草。


 


KIF_1814.JPG


 埋もれたイチゴの親株の顔出しと、子株孫株の養生・・・そして、今月後半には、早くも冬野菜の種蒔きに備えての畝造りを始めます。白菜と大根がメインですが、他に栽培してほしいものがあればお知らせください。

posted by jakiswede at 09:26| Comment(0) | farminhos | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月26日

20120726 farminhos新畑の観察

KIF_1764.JPG


 「farminhos」の新畑の観察です。この圃場は、10年来農薬や化学肥料を使わずに田んぼとして作られて来た場所を、そのままなにも投入せずに畑に転用しています。従って非常に生育の度合いが悪いのですが、ある意味ではその品種の自然なあり方が観察出来るとも言えます。ここを当分の間、作物が育つのを手助けするだけの作業で、どれほど収穫出来るか、それらがどう育つのか育たないのかを未定期待と思います。これをご覧になって、この畑での農作業を希望される方は、この記事にコメントをしてください。個別に対応させていただきます。場所は兵庫県神戸市北区道場町、最寄り駅はJRまたは神鉄道場駅です。


 


KIF_1765.JPG


 カボチャとバター・ナッツ、いずれも市販の野菜を食べたあと種を採って撒いたものです。


 


KIF_1769.JPG


 オクラが実を付けています。漸くこの新畑でも夏野菜の忙しい日々が始まります。


 


KIF_1767.JPG


 アブラナ科の日常野菜を撒いた畝のひとつが雑草に埋没しています。これ以上雑草が蔓延れば、隣接する田んぼの防虫の観点から、全てを苅り捨てなければならなくなります。


 


KIF_1768.JPG


 マメ科の3本の畝です。インゲン・小豆・大豆はこの土に合うのか、雑草と共生して良く育っていますが、ここもこれ以上蔓延ると、肝心の我々が足を踏み入れることが出来なくなりますので、ある程度の除草が必要です。

posted by jakiswede at 23:29| Comment(0) | farminhos | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月19日

20120619 farminhos連絡

各位

台風4号が大阪直撃のコースを取っています。6/19-20あたりが最もシビアな状態になるでしょう。
続いて台風5号が数日後に通過する予測です。したがって今週いっぱいは、なす術もなく風の収まるのを待つ以外にありません。
しかし晩稲の苗・畦豆その他の苗など、これ以上ぬるま湯に浸けておくと全滅しかねないので、ぎりぎりの選択、来れる人は来てください。
6/24 (日) 麦の干し場作り・麦刈り・麦干し・全体の草刈り・麦跡地の鋤上げ・畦豆の植え付け・入水・縣取り (死の労働)
6/25 (月) 畦塗り・粗掻き・コシヒカリの補植・その他のポット苗の植え付け (遅れ必至)
6/26 (火) 代掻き
6/28 (木) 頃・・・無理矢理田植え (インディカ・赤米)
夏にかけての今年の気候が高めに推移するという予感は的中したが、種降ろしを一週間遅らせるという判断は、台風2個の直撃を予測出来なかった事で、結果的に誤りであった。今年は「風」に翻弄されそうである。

お願いします・・・m(_ _)m


伊丹 正典
Itami Masanori
please reply to: jakiswede@gaia.eonet.ne.jp
posted by jakiswede at 00:24| Comment(0) | farminhos | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月16日

20120616 田植えの延期

各位

 低気圧の接近と前線の活動によって、6/16 (土) は一日大雨が予想されるため、予定していた田植えを6/17 (日) に順延します。若干の枠がございますので、ご体験なさりたい方はご連絡ください。なお、雨の中での田植えとなりますので、雨具と随時休憩出来る場所、暖房とお風呂は用意させていただきます。できれば履き潰しても良い靴下を2足ご用意ください。ない場合はこちらで軍足を用意しますが、数に限りがあります。素手で行いますので、汚れても良い服装と、下着を含め着替をご用意いただければ、他に必要なものはありません。苗の状態その他の関係で一日で終わらせる必要がありますので、作業開始を9時、送迎ご希望の方はJR道場駅8:30集合、事前にご連絡ください。ランチにcafeminhos名物「わりとフツーのチキン・カレー」をご用意致しておりますが、持ち込み大歓迎です。雨は来週木曜日まで続く予報ですので、来週に予定しておりましたインディカと赤米の田植えを延期します。麦畑の跡地に田植えする予定ですので、雨が上がったら麦を刈り、跡地を整地して田んぼの状態に仕上げてからでないと田植えが出来ないためです。来週以降の作業予定は大幅に遅延して、だいたい以下のようになると思います。自然相手ではこのような試行錯誤もつきものですので、合わせてご体験いただければと思います。

6/22 (金) 麦干場作り・麦刈り
6/24 (日) 草刈り・整地・粗掻き・畦打ち・入水・代掻き・畦塗り
6/27 (水) 頃 インディカの田植え 平日予定ですが、ご希望の方はご連絡ください。6/18 (木) でもOKです。


以上、取り急ぎ・・・

伊丹 正典
Itami Masanori
please reply to: jakiswede@gaia.eonet.ne.jp

posted by jakiswede at 00:18| Comment(0) | farminhos | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする