2017年03月23日

20170328 コンゴ民主共和国における長距離徒歩交易

「黒い水」の川を遡り、ジャングルを徒歩で山越えして、InongoからIbokoまで歩いたことを思い出す。川の村や森の村を泊まり歩いて三日がかりで到着した。手作りの丸木舟に放り込まれて川を漕ぎ出し、山越えの際には武装グループと行動を共にし、最後は大名行列のような賑わいで街に繰り出した。良い思い出である。しかし、明るいのは彼らの特性で、笑いながら語る生活の現実は過酷理不尽極まりないものだった。嗚呼、コンゴ・・・汝に平安を・・・


http://synodos.jp/international/19346

posted by jakiswede at 00:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月03日

20160611 紀勢・東紀州

KIF_2981.jpg


 さて帰途である。鳥羽で何を見たかったかというて、これを見たかったのである。「マコンデ」というのは、タンザニアとモザンビークの間の高原地帯に居住する民族の名前で、その抽象的で独特の彫刻美術で有名である。1989年当時のザイール旅行の復路にケニアのナイロビで一つの彫刻を買ったのがきっかけで惹かれるようになった。その彫刻は震災を乗り越えて今も手元にある。やはり本物が語りかけてくる迫力は違う。彫刻美術の中で、マコンデほど特異で複雑で美しいものは他にないとさえ思う。日本でここだけ、いつまでも続けて欲しいと思う。


KIF_2982.jpg


 さていよいよ旅もおしまいだ。勢和多気まで高速を飛ばし、そこから伊勢街道を遡って名張へ出るはずが、どこで間違えたのか参宮街道を馳せ参じて東吉野の手前まで来てしまった。今日は第二土曜であるから「赤目自然農塾」が月例会をやっているはずである。


KIF_2987.jpg


 まあいろいろ友達も増えたことだし、ちょっと寄り道していきたいと思っていたので、高見山を巻いたあたりで山道へ入り、曽爾高原を経て室生へ出、赤目へ戻り、知った顔たちと再会することができた。


KIF_2988.jpg


 名張が近いので、いつかラジオで聞いた「花筏」を風流に鑑賞して旅を締めくくる。


KIF_2994.jpg

posted by jakiswede at 00:28| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20160611 紀勢・東紀州

KIF_2934.jpg


 外宮から内宮へ、徒歩にて参宮街道を歩いてみる。


KIF_2937.jpg


 きわめて豪勢な近鉄宇治山田駅、かつての伊勢参宮の終着駅であった栄華を忍ばせる。


KIF_2944.jpg


 外宮から弓なりに続く旧参宮街道は、生活臭いっぱいの街道筋で、ところどころに古い建物がある。


KIF_2946.jpg


 神宮の三つの博物館のうち農業館、農業館とつくものを見れば入る癖がついてしまった。それは、おもに機械化される以前、どのように農作業を進めていたか、そして彼らの生活は幸せであったかをそこに見たいと思うからである。そういう点で、神宮農業館は、神に供える稲の扱いに重点が置かれていて目論見は外れたが、日本人が稲に対して抱いていた特別な畏敬の気持ちについて、推し量ることができた。


KIF_2950.jpg


 神宮徴古館、建物はベルギーの王立博物館を彷彿とさせるヨーロッパ調のものであるが、展示内容は、そう、これこそまさに日本国家神道の文化財を正しく継承するものといえる。神社の造作、調度、装束、刀・・・綺麗や祭礼の次第や意味・・・普段何気なく触れている神社の伝統行事などが、できる限り実物を使って展示、解説されているところは素晴らしいと思う。このような博物館がきちんと日本の伝統を守り伝えていることを誇りに思う。これはすばらしい。


KIF_2974.jpg


 午後になった。伊勢とはお別れだ。名残惜しいが、戦災で焼け残ったという川崎地区の街並みのそぞろ歩きを最後に、この町とお別れするとしよう。


KIF_2976.jpg


 やたら「伊勢うどん」の看板が目立つので、土産代わりにいっちょ食うていったろかと思て注文したらこんなん出てきた。なんやこれ、ダシは真っ黒で麺はクタクタで全然なっとらんやんけ・・・と思たんやが、これが名物だそうだ。帰りに川沿いに止まるカリーナちゃんをパチリ。


KIF_2977.jpg

posted by jakiswede at 00:27| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20160611 紀勢・東紀州

KIF_2885.jpg


 鳥羽で朝を迎えたので、そのまま日の上がるまで待って鳥羽を観光し、そのあとでお伊勢参りをしようかとも思ったが、行動が先走る私は、先に伊勢を回ってから鳥羽に戻り、帰途につくことにした。伊勢神宮というものを知らぬ私は、それが二つあることも、外宮を回ってから内宮へ行くものだという習わしも知らなかったので、とりあえず道なりに走って内宮の駐車場へ入れた。これは正解だった。


KIF_2887.jpg


 神社そのものはどうでもええんよね。別に参拝することもないし。この佇まいから噎せ返ってくる霊気が大切、礼拝はしないけれども、神聖な場所に入る礼儀は弁えてる。ここがヴァーラーナーシーなら沐浴の人だかりに市も立つことだろう。


KIF_2890.jpg


 日本の神社は、それに比べて自然の中に人を置くふくよかさがあり、決して人を威圧するものではない。


KIF_2900.jpg


 ただ、日本有数の神社ともなると、広大な敷地に玉砂利の広大な道が延々と続く。その整頓された有り様は、私にとっては威圧的である。なぜなら乱してはいけない場所に入って行く気がするからだ。


KIF_2902.jpg


 早朝に来て正解だった。なぜならほんの一時間後にはこんなことや、


KIF_2961.jpg


 こんなことになっていたからだ。


KIF_2963.jpg

posted by jakiswede at 00:24| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20160611 紀勢・東紀州

IMGP2418.jpgIMGP2437.jpg


 こういう日の出は生まれて初めてか、余ッ程゜稀に見るほどの荘厳さであった。赤い光というものが、これほど美しいとは。


IMGP2439.jpgIMGP2443.jpgKIF_2868.jpgIMGP2442.jpgIMGP2441.jpgIMGP2421.jpgIMGP2455.jpgIMGP2427.jpgIMGP2445.jpg

posted by jakiswede at 00:23| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20160610 紀勢・東紀州

IMGP2345.jpgIMGP2346.jpgIMGP2351.jpgIMGP2353.jpgIMGP2369.jpgIMGP2370.jpgIMGP2362.jpgIMGP2376.jpg
posted by jakiswede at 00:21| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20160610 紀勢・東紀州

IMGP2286.jpg


 ということで、要するに志摩半島は全体がリゾート地ということが分かったので、鵜方・賢島・志摩半島を今日一日かけて隅々まで見てやろうと思ってあちこちドライブ・・・


IMGP2290.jpg


 「志摩地中海村」へ行ったのなら「志摩スペイン村」へも行かな不公平やと思たんやが、


IMGP2301.jpg


事前に調べてなかったんで、行くまでわからんかったことなんやが、「志摩スペイン村」というのはリゾートホテルの名前で、


IMGP2298.jpg


併設された「パルケ・エスパーニャ」というのは遊園地の名前であり、


IMGP2304.jpg


いくらなんでも私には関係ないので、


IMGP2310.jpg


その間に立っとる「ひまわりの湯」という温泉施設だけ利用して・・・


IMGP2306.jpg


これがなかなか良かった・・・「パールロード」という観光道路沿いのちょっとした広場・・・たぶん私有地・・・に無断駐車して3泊目の寝ぐらとした。


IMGP2295.jpg

posted by jakiswede at 00:08| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20160610 紀勢・東紀州

IMGP2292.jpg


 志摩半島というと、私の世代で音楽活動を志していた者にとっては、ヤマハが設立した音楽保養施設「合歓の郷」は、一度は見てみたい音楽の聖地であったはずだ。なぜなら、ロックをやる、バンドを組むなんてことは、青少年の健全な育成の観点からいかがなものかというオトナたちの弾圧が厳しく、曲を作るにも、集まってアレンジを練るにも、オトナの目をかいくぐり限られた時間と格闘しながら、まさにマンホールの下に潜ってこそこそとやらざるを得なかった。


IMGP2333.jpg


 我々の望んだことは別に贅沢な望みではない。思う存分に音を出して試行錯誤して良い時間と空間である。まあそれが最も贅沢だと言われればそうかもしれないが・・・ともかくそこから生まれた「音楽的共同生活」の構想を見果てぬ夢として抱き続けた我々にとって「合歓の郷」は、まさに心のよりどころであった。どこかの富豪が中世の城をぽんと買ってくれるわけでも、某巨大レコード会社が環境の良い快適な廃校を自由に使わせてくれるわけでも、自由に出入りして良いヒッピー好きの金持ちのお屋敷が近所にある訳でもなかったからである。


IMGP2335.jpg


 さて、現在「合歓の郷」は「Nemu Hotel & Resort」として経営者も変わって広大なリゾート施設として運営されている。その一角に、サイトにもパンフレットにも掲載されていない「Music Camp」という一角があり、それがかつて我々のあこがれた「合歓の郷」である。


IMGP2293.jpg


 結論から言おう。音楽施設としての「Music Camp」は、現在すでに入っている予約のみを終了したら今年2016年9月をもって閉鎖されるという。だから、施設の表玄関までは行けるが、中には入れない。


IMGP2336.jpg


 「Nemu Hotel & Resort」は、受付棟に車止めはなく、施設内は自由に入ることができる。「Music Camp」の前庭は綺麗に手入れされているが、表立った三つの建物は、近づいてよく見ると痛みが激しい。特に中央のホールに至っては鍵がかかっていない。またガラス越しに見える内部は、非常に荒れたまま放置されている様子が見て取れる。しかも、右側に鎮座する大仰な車、なんぢゃこりゃあ・・・こーゆー世界だったのか、夢は崩壊し現実をつきつけられ廃墟を後にする。残念な気持ちだけが残る。まあ、世の中なんてそんなもんだ。


IMGP2334.jpg

posted by jakiswede at 00:01| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月02日

20160609 紀勢・東紀州

KIF_2855.jpg


 東紀州の太平洋岸を国道42号に沿って伊勢方面へ向かう。七里御浜という長い海岸線を見渡し、尾鷲を経て紀伊長島に至る。そこで国道260号に入り、南伊勢の平野部を東進する。これらのエリアは、紀伊半島の西半分と異なって、山と海の間がなだらかで、比較的穏やかな景観である。農村も多く移住するには良さそうだ。特に南伊勢は、人も柔らかくて良い。


KIF_2854.jpg


 今回の旅の主な目的地である「志摩地中海村」には夕刻に着いた。もちろん予約もしていないし宿泊するつもりもない。ただ、スペインやイタリアの街を本物を使って再現したというのに惹かれて来てみただけだ。


KIF_2860.jpg


 入場料も特にない。宿泊棟以外は夕刻には閉店して、特に店が営業しているわけでもなく、かといって門扉が閉まっているわけでもなく、人気のない街並みをぶらつくことは問題ないようだ。


KIF_2858.jpg


 現地プロデューサーを招いて本格的に再現したとあって、細部に至るまで作り込まれた調度が実に素晴らしい。こんなことをやる会社があるのかと懐の深さを実感する。と同時に採算のことを心配してしまう。中に入れないカリーナちゃんも外構をちょっとだけあしらってショット。ここでねぐらとしても良かったんやが、宿泊者のせっかくのリゾート気分を壊してもなんなんで、近隣のなんの変哲もない道の駅で夜を明かすことにした。


KIF_2864.jpg

posted by jakiswede at 23:57| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20160609 紀勢・東紀州

KIF_2793.jpg


 吉野から熊野へ、大峯奥駈道と並行する車道を下り、気がついてみたらカリーナの導きに従って日本の聖地を巡る旅になっていた。思えば仕事でこの地を訪れていた頃には、自分の通っている道の何たるかさえ知らなかった。カリーナは、まだ私たちが若かった頃、何も見ずに失踪した道の意味を、今改めて我々にふさわしい歩調で辿り直して見せてくれようとしているのかもしれない。


KIF_2795.jpg


 熊野本宮大社。わが心から尊敬する博物学者の南方熊楠氏の特別展をやっていたので、参拝を後回しにしてこれを見る。なんといっても圧巻は彼の直筆の著作ノートである。その細かい字、几帳面な筆跡、複雑な構文を一発で書き記していること、何より教訓、とにかく筆写する、筆写して覚えてしまうやり方は、私も子供の頃からよくやった。多言語を操る。彼の逸話の多くが頭に叩き込まれているので、一つ一つの展示物が生き生きとした実体を持って迫ってくる。


KIF_2802.jpg


 本宮前の観光目抜通り、辺りを散策してみたが、まあ特に感じるものはなかった。巨大な神社の駅前商店街なんて、まあこんなもんだろ。


KIF_2805.jpg


 宝物殿の中に展示されていたイベリア半島様式のタンバリン、装飾とジングルのハンマリングの妙、独特の淵の加工など、おそらくここからチューナブル・タンバリンの発想が生まれたのではないかと思わせる造作である。詳しいことはわからない。もしかしたら西アジアの方が先かもしれない。


KIF_2814.jpg


 熊野川に沿って海に向かいつつ気のついたことがある。川沿いの山肌に、道路の高さとは別に一定の高さで樹木の色が異なる帯が見られるのである。これはもしかしたら、5年前の紀伊半島大水害の爪痕か、水がこの高さまで上がった可能性は十分考えられる。とすれば本宮の宮前目抜通りの不自然な広さや建物の新しさ、人気のなさも頷ける。以前訪れた熊野那智大社や那智の滝周辺の、凄まじい破壊の様相を思えば、おそらくそうだろう。


KIF_2823.jpg


 熊野速玉大社、この河原屋敷のように、いざとなったらパタンと閉じて、大八車一つで夜逃げできるほどの身軽さが望ましい・・・海・・・太平洋・・・


KIF_2835.jpg

posted by jakiswede at 23:54| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。