2013年12月18日

20131205 冬の畑の観察

KIF_1361.JPG


 枯れ行くピリピリ・・・今年は、種取りにも失敗した。ナス科、とくにピーマンやトウガラシなどが上手く出来ないのは、土壌の酸性化が原因といわれているが、この圃場は土のバランスがとれていると思う。他に原因があるのか、根本的に私が何か間違っているのか、あるいはそもそもこの土がこれらを栽培するのに不適当なのか・・・とにかくこの圃場は、来シーズンは返さなければならなくなったので、新畑にて条件を変えて試験栽培を続けてみる。


KIF_1390.JPG


 菊芋も枯れたので順次収穫、同じ畝に植えていた里芋やショウガも必要に応じて収穫、その跡地に苗の余ったソラマメを植え、オクラの立ち枯れを利用して株元にエンドウを植える。


KIF_1385.JPG


 ニンジンというものは、なかなか面白い形に育つものだが、これは数株あると思って間引きついでに抜いたものが、実は一本だったという例。


KIF_1477.JPG


 一方こちらは赤いラディッシュと交配したのか、でも蒔いた種は自家採種の辛味大根だったはずが、頭をもたげてきたのは巨大赤辛味大根・・・まあいろいろあって楽しい。


KIF_1478.JPG


 大根も根菜であるので、根の先端が硬いものに当たれば、曲がったり分岐したりする。だからプロの農家は、土を深くまでよく耕して、まっすぐな大根を作ろうとする。それにしてもアンタどーしてこーなったんよ ??


KIF_1453.JPG


 三度豆の仲間たるフェイジョアーダ用の黒インゲンも、三度目は流石に気温の低下に対応しきれずに莢付きのまま立ち枯れ、先日の霜で凍りついてしまった。全部とって湯がいてサラダにして食べた。今シーズンのマメ科畝は全部撤去。


KIF_1455.JPG


 夜、柿ジャムを作ろうとしたが、どうもニガテ・・・


KIF_1458.JPG

posted by jakiswede at 23:10| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20131126 ソラマメ植付

KIF_1386.JPG


 ソラマメがほど良い状態に育ってきたので、本日植え付け。左のエンドウも巻きひげが出てきたので、近日植え付け。


KIF_1389.JPG


 ここは新畑、前作の人は慣行農法であるので親切にも耕して明け渡してくれた。仕方なく土を露出させて植え付け、後に周囲の草を刈って被せた。

posted by jakiswede at 22:48| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20131124 丹波の黒豆収穫

KIF_1360.JPG


 丹波の黒豆 (品種名: 「丹波黒」) が黒豆としての収穫期を迎えた。この時期、晩稲の田んぼの排水から麦畑への作り替え作業と重なるため、今シーズンは労働力軽減のため作つけを半分に減らした。放任栽培にも関わらず、できそのものは極上。乾燥具合を見ながら年内には脱穀する。


KIF_1379.JPG

posted by jakiswede at 22:46| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20131124 タマネギの植付

KIF_1358.JPG


 タマネギの苗がほどよく育ってきているので、本日定植。


KIF_1380.JPG


 下から土ごと掘り取って柔らかくほぐす。左は赤タマネギ、サラダの彩りや、赤いシチューのために・・・


KIF_1381.JPG


 新畑の予定地を除草してホーで3列に軽く溝を掘る。だいたい20cm間隔に互い違いに植え付ける。私は根を倒したままでなく、鉛直に起して土寄せをした上で、除草した草をまとわせる。


KIF_1382.JPG

posted by jakiswede at 22:44| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20131123 谷上マーケット

KIF_1373.JPG


 「谷上マーケット」というのに行ってきた。赤目自然農塾の実践者で、神戸市北区で営農しているという「niufarm」さんが主催するフリーマーケット。有馬街道を有馬から平野へ (西へ) 進んで谷上の駅を越えて坂道を下ると、その先に新神戸トンネルの入口がある。そのちょっと手前に「ヤキタテイ」というパン屋があって、その駐車場の手前がこのようになっている。画面にある軽トラの左手の茅葺き屋根の古民家の庭が会場である・・・表からはちょっとわかりにくい。


 http://niufarm.blogspot.jp/p/blog-page_27.html


KIF_1370.JPG


 ううん・・・とょっとツライ空気だが、いろんな考え方があって良いと思うので、出来るだけ協力して行きたい・・・

posted by jakiswede at 22:42| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月11日

20131118 徒然なるままに

KIF_1342.JPG


 麦蒔きを終えると今シーズンの主な農作業は終り、農閑期に突入する。先が見えてきたことで、急に肉をたらふく食いたくなって、鶏のもも肉一本を焼いた。たまにゃ手抜きもええやろと思て、イタリアで買ってきたプリザーブド・ライス、日本でいう「干飯 (かれいひ) 」で喰ってみた。あんまし旨くない。


KIF_1343.JPG


 インディカの跡地に溝を切ってパン用小麦「ミナミノカオリ」を蒔き、稲藁を敷いた。


KIF_1344.JPG


 かねて種蒔きしたソラマメが発芽している。いつもこれを見てからエンドウの種蒔きをする。


KIF_1351.JPG

posted by jakiswede at 00:41| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月09日

20131117 麦蒔き

KIF_1335.JPG


 田んぼから畑への作り替えも終え、表土もほどよくほぐれて乾いてきたので、本日麦蒔きをする。先ずは新畑に「ユメシホウ」を蒔く。


KIF_1345.JPG


 畝幅120cm4条撒くことを想定してガイドラインを引く。その両側にホーで溝を作る。固まった土くれも多いが、特に問題にせずに大雑把に作る。


KIF_1347.JPG


 ガイドラインの両側に、このように条播きをする。ここの田土は粘着気質なので、麦にとっては発芽しにくい環境にあるようだから、少し多めに撒いている。


KIF_1348.JPG


 このような捩り鎌が使いやすい。尖った方で大きな土の塊は崩し、平たい方で覆土する。


KIF_1349.JPG


 田土は隙間が多く、もうすぐ霜柱の立ち季節に入るので、麦の発根を良くするために籾殻を撒く。


KIF_1350.JPG


 土から取った物は出来るだけ土に戻す。刈り取った稲藁を戻しておく。


 

posted by jakiswede at 00:37| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20131115 麦畑に雨が降る

KIF_1323.JPG


 一雨降ればこの状態である。


KIF_1322.JPG


 特に新畑はじゅるい。しかしこれを好機と捉えて、固まっている上の土を細かくほぐしておく。口で言うのは簡単よ、なんでもね・・・

posted by jakiswede at 00:24| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20131114 初霜

KIF_1317.JPG

KIF_1318.JPG

KIF_1319.JPG

posted by jakiswede at 00:17| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20131112 水田から麦畑へ

KIF_1306.JPG


 インディカを刈り取った跡地にパン用小麦「ユメシホウ」を蒔く。11月前半には蒔きたいので急いで田んぼに排水溝を切る。溝間はおよそ120cm、これは標準的な稲の背丈であり、鍬の柄の長さでもある。また、田植えの時に株間30cmに取ったとして、田植え枠一枚の幅ともほぼ等しいのでこの値を取った。来シーズンのインディカの米作りは、この上に不耕起で田植えする。まずは、平鍬で一方に土を上げる。私は右利きなので、左に上げる方が楽である。


KIF_1307.JPG


 来シーズンから新しく借りることにした畑の半分に、これもパン用小麦の「ミナミノカオリ」を蒔く。この圃場は水はけが悪く、稲刈り後2週間以上も経つのに泥に近い状態であるので、注意深く溝を切って行って何日か乾かしてみる。


KIF_1310.JPG


 来シーズンも草刈機以外の機械を使わずにやろうと思う。このようにロープで直線を出して、鍬で溝を切る方が、耕耘機を使うよりまっすぐ出来る。そうや。私の根性が曲がっとるんやない。私はまっすぐや。機械を使うから曲がるんや。それを修正しようとするから泥沼に落ちて足を滑らせ、墓穴を掘るんや。幸いなことに満足な手足がまだ残っとるんやから、これでやったらええねん。畑の両端に、だいたい120cmごとに目印をつけて、それに合わせてガイド・ラインを付け替えて行ったら一人で出来る。


KIF_1315.JPG


 圃場は区画整理されているとはいいながら、必ずしも長方形でなく、道路や用水路も平行ではない。従って、どれかの畝、あるいは隣の田畑の畝の延長線を目測して基準線を自分で決める。それに対して直角を出してから120cmずつの寸法をとって行く。直角はこのように出す。直角定規をロープに載せて、一方を固定したら他方をだいたい直角と思われる方向へ伸ばしてみる。するとこのように誤差が出る。


KIF_1316.JPG


 それをロープの先から見てみると修正できる。


KIF_1312.JPG


 今度は、反対を向いて更に溝を掘って土を上げる。


KIF_1314.JPG

posted by jakiswede at 00:14| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする