2020年12月25日

20201225 治らぬ怒り

KIF_8485.JPG

 農業を志して農村に家を確保しようとする場合、非常に困難な問題が待ち受けるので、それについて書いておきたい。これは神戸市の場合なので、自治体によって事情は異なるかもしれない。

 農村に家を買ったり借りる場合、ほとんどが市街化調整区域にある農家住宅が対象になる。農家住宅とは、農業を営むためにのみ認められた、都市計画法に基づく住宅のことであり、外見を問わず建築確認で用途が決められており、一般住宅の形をしていても農業者でなければこれを買ったり借りたりすることはできない。

 目指す住宅を購入する場合、まずは法務局でその物件の地番を特定し、土地や建物の登記がどうなっているかを調べる。これは通常の不動産取引でも最初にやるべきことである。抵当権が設定されているなどの問題がなければ、その自治体に問い合わせて、その場所が都市計画法による市街化調整区域にあるかどうか確認する。そして、市街地と市街化調整区域を線引きした日付を確認し、市役所でその建物の建築確認の日付を見て、それが線引きより前か後かを確認する。

 線引き以前の場合、線引き以後に改築されていなければ農家でなくても一般人でも購入できるし、一定の条件のもとで建て替えや開発もできる。しかし実際には築年数が高くて傷んでいる物件が多いので、補修する費用が大きくなって実用的ではない。線引き以後の物件については、後で説明する。

KIF_8486.JPG

 これから新規就農をする者が農村に住宅を求めることは、線引き以前の良好な物件に巡り合わない限り、事実上不可能に近い。それ以外はモグリである。私の場合、現在借りている農家の、住み込みの空き家管理人という立場で移住した。しかし、それが原因で正式な村入りが遅れ、就農手続きも遅れ、結果的に村八分状態となり、今回の事態を招いた。また、同じことを考える多くの人は、何の届けもせずに住民票だけ移している。いずれにせよ、家主が立退を要求した場合、法的には対抗できない。まずは、なんとかして新規就農の手続きをとって、農家資格を獲得することが先決となる。

 しかしここでも何度も触れたように、農家になるには、指定された研修期間で2年ほどの研修を経て合格し、実際に農地を確保して1年間問題なく営農していることを農業委員会に認めさせなければならないから、これだけで3年の年月がかかる。こうして初めて農村に農家住宅を確保する目処が立つ。この時点で、農家住宅を賃借する権利は問題なく発生する。

 市街化調整区域にある農家住宅のうち、使える状態のものはほとんどが線引き以後に新築または改築されている。この場合、購入するには農業者証明書が必要になる。これは新規就農して少なくとも一年以上、問題なく営農している実態を農業委員会が認めて初めて得られる。農家資格とは、新規就農の手続きをしても農地台帳に名前が載るだけで、資格証明書の類はない。農家住宅を購入したり新築したり改築したりする場合、その都度証明書の発行を申請することになる。そのうえで、営農している農地が集落内にあることが事実上の認可要件になるので、その図面と貸借証明書が必要になる。また、農家は、一世体当たり農家住宅を一軒しか持つことができないので、事前に仮住まいしているのであれば、それを証明できる書類が必要になる。

 これで手続き上は農家住宅を購入できる。購入した後、必ず法務局で土地や建物の登記をしておくことを忘れずに。これをしておかないと、もしもの時に所有権を主張できない。また、市街化調整区域とは、開発を抑制する意図で設定されているので、農家として営農するために建てられた農家住宅を、ほかの目的に使ったり、壊して更地にして投機対象にしようとすると、様々な規制がかかって、その狭間に落ちるととんでもないことになる。その複雑さはプロの不動産業者も手を出さないくらいなので、我々の考えるべきことではない。

KIF_8487.JPG

 さて、以上のことだけであれば、さほど複雑とは思われない。しかし世の中では様々に不正確な情報がまかり通っており、混乱の原因になっている。それは、都市計画法・農地法・農振法・建築基準法・借地借家法・不動産登記法など、多くの法律の網の目に足を掬われて奈落の底に落ちる人が多いからである。不正確な情報は、それらに陥った人の遭遇したケースの一部分が一人歩きしたものがほとんどである。

 曰く、未登記の建物を購入したら開発許可の申請を求められ、許可が得られなかったために使用できなくなった。曰く、属人性をクリアしても接道義務が果たされていなければ開発許可は降りない。曰く、農業振興地域に指定されている場合、宅地であっても親族にしか所有権が認められない・・・市役所・農協・不動産業者・・・それぞれに言うことがまちまちなので、最終的には全部羅列して各部署の最も信頼できる機関に問い合わせることが大切である。正面突破せよ。

 というわけで昨日、外出自粛が激しく求められている中、それでもクリスマスムードいっぱいに花咲く三宮界隈を、プロでも手を出さない頭の痛くなるような案件を解決するために走り回ったのでありました。感染予防の観点から車に自転車を積んで移動し、三宮で最も安いパーキングに1日駐車して、自転車で神戸の街を走り回りました。

 そして最終的に分かったことは、なんと、私の農家資格が既に切れてしまっていることでした。以前、農地を乗っ取られた時に、問題を穏便に解決するために農業委員会に相談したのですが、争いを避けて合意解約の手続きを踏んだのでした。書類には三つの日付を書く欄がありました。解約を申し入れた日・解約が成立した日・農地を明け渡す日。それぞれ、地主が作付けをしていることを確認した日・解約合意ができた日・賃借料を支払う期限、と説明されたので、その指導に従って日付を入れたのでした。私の常識では、賃借料を支払ってある限り、契約は有効なはずです。したがって今年の末まで私は農業者であるはずでした。しかし農業委員会の見解は違います。解約の合意が成立した時点で、申し入れた側は権利を失うのです。すなわち私はすでに農家ではなく、農地利用に空白期間が生じているため、新規就農の研修から3年間のプロセスを、もう一度やり直さなければならないのです。なんということだ。年内に問題を解決して、年明けから再出発と考えていたのに、そのスタート・ラインが13年も前に引き戻されてしまったとは・・・それもこれも、決して私が望んだことではない。問題を穏便に解決しようとして、関係機関に相談し、その指導の通りに手続きしたのだ。即刻、私は不服を申し立て、農家資格の継続の確認を求めることにしたが、そのような書式はなく、これからの戦いになります。でなければ、もはや行政に従うつもりはない。実力でやるべきことをやるまで。こうしてまたひとり、いらぬテロリストが養成されてしまうのである。

KIF_8491.JPG

 怒りがおさまらん。住むところがなければどうやって農業をするのか ?? 普通の人が常識的に考えてそうだろ ?? しかし農業委員会の常識は違うのだ。農地があってはじめて住処を確保させてやる。この堂々巡りは農業への入り口からして同じだ。つまり、農家でなければ農地を使えない。農地を使っている者を農家と認める。完全に閉じているのだ。ムラ社会のように。まるで鶏と卵の議論と同じだ。もういいかげんにしたらどうなんだ。ここまで穏便に、注意深く、最大限の忍耐を持って対応してるのに、馬鹿なことばっかり抜かしとったら本気でブチ切れるぞ !!



posted by jakiswede at 00:00| Comment(0) | 移住計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月01日

20201201 空き家に入れた

KIF_8423.JPG

 母と妹を呼び寄せて家族三人で暮らそうという件、空き家探しは難航を極めた。使いたい農地が決まっているので、そこに通える範囲で探した。その範囲には約60軒の家があって、実に三分の一の20軒が、住む人のない事実上の空き家であった。そのうち、これまでの人間関係上の懸念のある家や、傷んでいて修理に費用がかかると思われる家を除いた12軒について、農地に近い順に訪ね歩いた。一般に、農村では農家の売買には不動産業者が関わりたがらない。いわゆる「農家資格」のある人に限定されることや、第三者に売却されてもムラ社会のしがらみが後を引き、移住者がトラブルに巻き込まれやすくてクレームがつくからである。そのため農家物件は、農村を維持するための行政による空き家バンクに頼らざるを得ない。しかし我がムラの場合、ムラビト同士の派閥争いなどで村が分裂していて、行政と一体となった取り組みができず、空き家物件が行政の俎上に乗ることがない。したがって、望む場所に空き家を見つけるには、一軒ずつ近所から訪ね歩き、親類縁者に繋いでもらい、あるいは民生委員を通さざるを得なかった。多くの場合、元の所有者が死亡して複数の権利者に相続され、連絡先がわからなくなっていたり、権利者に尋ね当たっても個人情報保護の観点からアクセスを止められたり、直接連絡できても耳が遠いなどで意思疎通が不可能だったり、会話が成立しても仏壇が置いてあるなどの理由で、貸したり売ったりしてもよいという色の良い返事はもらえなかった。

KIF_8416.JPG

 この間、農地の確保と同時進行で村中を動き回ったため、私が家と農地を探しているということは、村中の知るところとなった。貸してやるとも売ってやるとも言ってない相手に対して、退いてくれ貸してくれと言いに行くわけだから、こちらが圧倒的に分が悪い。「わしらに早よ死ね言うとってか !! 」と罵られたことも複数回、しかしなかには親身になって、わざわざ一緒に歩いて顔つなぎをしてくれたり、方々へ連絡して親類縁者に繋いでくれる人もあった。「なんの力にもなれないけれど」と、野菜やジュースをくれる人もあった。空き家と思って尋ねて行った先が、実は引きこもりを抱えた深刻な家庭であったこともある。範囲内の60軒の家のうち、これも実に11軒に引きこもりの家族がいた。その半数近くが、80-50であったたり90-60であったりした。そんな家の門前で追い払われたこともあるし、親が涙ぐみながら応援してくれたこともある。農村は、自然環境と直接対峙してるだけに、人の生き様の赤裸々な面を垣間見る。

KIF_8413.JPG

 さて、訪ね歩いた最後の家、範囲の中では最も遠い家で、ようやく満更でもない感触が得られたのは先月末のことである。それから一ヶ月、家主の悩みや相談に乗りつつ、また近隣の村人たちの想いに応えつつ、またそこに保浮された荒れ農地の再生に期待を寄せられつつ、何がどう作用したのか具にはわからなかったが、なんとか昨日、その空き家に入ることができた。一歩前進。

posted by jakiswede at 00:00| Comment(0) | 移住計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月30日

20201030 そして三人で・・・

KIF_8219.jpeg

 還暦とは、生まれ変わることを意味するらしい。人生が一区切りして、新たな一歩を踏み出す時。今年はその通りになりそうである。13年前にここへ移住してきたときも私の人生にとって大きな転換であったが、今はそれをさらに一歩深めるチャンスと捉えたい。

 さて、実は夏場に母が体調を崩し、運ばれた病院で大脳動脈瘤が見つかった。ごく小さなもので、体調不良との直接の因果関係はなく、血圧に注意しながら日常生活は送れるようだ。しかし今後のサポートは必要になる。一方、同居する妹も、事情があって一部の仕事を辞めたらしく、家族三人とも人生に一区切りがついた形になった。そこで私から「三人で一緒に住まないか」と提案したところ、合意ができたので、三人で住める家探しを始めることになった。7月のことである。

 三人で暮らす、と言っても、今まで何度も却下されてきたのだが、それには理由がある。私を含め、我が家の家族は、全員にごく軽微な適応障害がある。父は東大卒のキョーレツな選民主義者であって、自分以外は全て愚か者、自分を重く用いない世間はクソだといって、会社や国からカネを毟り取ることにしか生きがいを持ち得ないまま死んでいった。母は、紆余曲折のある複雑なストーリーを理解することが極端に苦手で、頭脳明晰で論理展開の早い父の話には全くついていけず、思考停止状態になって久しい。妹は父の影響を色濃く受け、私は母の影響を引き継いで、それぞれに長所と短所を交互に持ち合う形になった。

 我々に一家団欒の空気があったのは、私が小学校二年生の頃までだから、妹にはその記憶はない。その頃までは、父母はまだ二人の子育ての難関を乗り切った頃だが、その後昇進するはずだった父は、持ち前の我の強さから社内で全く使えない存在となり、その鬱憤が家庭内で爆発した。家族に対する絶え間のない暴力と諍いに明け暮れ、私や妹が暴行されている真横で母は炊事や洗濯をし、妹や私は宿題をしていた。家庭内の法律は事細かに父が定め、ほとんどの楽しみや自由は封圧されていた。したがって私は就職と同時に家を出、何年も音信を通じなかった。

 妹は残った。その頃から日本はバブル経済に沸いた。父は自分の鬱憤を不動産投資に賭け、結果的に大きな損害を出してしまった。その穴埋めのために父と妹はかなりの苦労をしたが、母は社会に出ることができなかった。人の話がよく理解できないのだ。一度だけ、とうとう金策の尽きた父に頼まれて、私は幾ばくかの金を渡した。以前から私は父の無謀を何度も忠告していたが、当然聞き入れられることはなく、私は家族との関係を断ち、家族の苦しみを共有することはなかった。父の死後、借金が残っていたが、近所に住宅開発がかかったのを機に、持ち家を結構な値段で売り抜けて完済し、母と妹は必要最低限のものだけを持って、狭いマンションに落ち着いた。そんな苦労をよそに、私は何度も海外旅行をし、趣味に明け暮れ、自由奔放に暮らしてきた。だから母と妹の、私に対する気持ちには複雑なものがある。

 マンションに閉じこもってからの母の日常は、ただテレビを見て家事をするだけである。見る見る老いさらばえてしまって、体は樽型に太り、目は寝ているのか起きているのかわからないほど生気がなくなった。このまま適当な時期が来たら施設に入るなどと、そこが終着駅のような思っている母は、もはや自分を見つめ直すことすらできないでいる。私は息子として、自分にできる精一杯のことをして、この状況から生みの親を救い出せないものかと考えていた。

 そこへ三人ともに人生の転機が同時に起こったので、これまでの経緯はとにかくさて置いて、まずは母の人生が実りある最後を迎えられるよう、そして妹の健康が増進されるよう、そして私の夢が実現されるよう、バラバラの生活インフラを統合してコスト削減し、同居について模索することにした。幸か不幸か、私も妹も独身である。誰に気兼ねすることも要らず、力を合わせれば、母の人生を充実したものにできるだろう。土に触れ、植物を育てれば、生命の喜びに触れることができるはずだし、死へ向かって衰えていくのではなく、生き切って死ぬことができるだろう。私も人の子、息子として母にできることはそんなことくらいしかない。三人三様の人生だったが、再びここに集い、過去は一旦リセットして、前を向いて生きたい。母のみならず、私や妹も、そう若くはないからだ。先のことを考えるだけで精一杯だ。進もう。

posted by jakiswede at 22:48| Comment(0) | 移住計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月18日

20200918 西谷

KIF_8093.jpeg

見切りをつけて家探しを始めた。

KIF_8096.jpegKIF_8094.jpegKIF_8097.jpeg
posted by jakiswede at 00:00| Comment(0) | 移住計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月13日

20160411 移住計画その後

_MG_5717.jpg


 移住計画その後。地主からは、未だ金額の提示がないのだが、まあおそらく敷地図面とか広さの確定とか、諸手続きに要する書類が揃わんのやろ。この物件の条件が調う調わんは別にして、一般論としてこのテーマは重要だと思うので、FBおともだちの皆様、できれば各分野の専門家に届くように広くシェアしていただきたいと思います。テーマをひとことで言うならば、「持続可能なライフスタイルの提案として一人一反百姓いかに育てるか」・・・これです。実現には、非常に複雑に絡み合った法制度の枠組みを突破し、明文化されていない不透明な霧の川を渡りきらなければなりません。どうかお力をお貸しください。問題は、大きく三つに切り分けることができると思います。


_MG_5718.jpg


 まずは建築の分野で、どういう家がふさわしいかを様々な意見を出し合って考え、農業をするにふさわしいシンプルな家屋のデザインを考えること、次に不動産関連法規の分野で、都市計画法の適用を受ける市街化調整区域内の更地に家を新築するための特例措置をいかに獲得するかを考えること、最後に農業関連法規の分野で、農地の利用権設定や継続の諸条件、集落自治会、農会、水利組合などとの折衝において、様々な知見や調整のノウハウについて考えること、そこへカネはありあまってるけど使い方がわからんよって、いっちょ山でも買おうかと思っているお金持ちの方がおられれば、心から大歓迎します。


_MG_5719.jpg


 農地法第三条たったひとつを正面突破するのに、一人で苦しんで足掛け三年もかかった経験からして、このような大きなテーマは老体一人では到底進めることなどできそうにありません。しかし制度や仕組みや国家に反対してばかりでは、その反対の先が見えないように思うのです。たとえば原発に反対するのなら、それにまつわって利用できなくなるすべてのものが、なくても生きていけるライフスタイルをきちんと描けなければ、その反対の声は不安にかき消されてしまう。無農薬野菜が良いのはわかりきったこと、農薬や化学肥料がなければ、誰がどうやって野菜を供給するのか、これもきちんと描けなければ、ただのわがままです。今の世の中のすべての便利には、必ず負の要素が付随していて、それを差し引けば、結局人間は人力以上のものが得られなくなる。それを認めることができなければ、常に負の遺産を次の世代にツケ回ししていくだけで、ちっとも持続可能なライフスタイルにならない。だから気がついた人から、なんとか力を合わせてやり方を探っていきたい。私はそう思ってます。たまにはええこと言うやろ (`へ’っ

posted by jakiswede at 23:37| Comment(0) | 移住計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月08日

20160404 一億総一反百姓社会

KIF_2170.jpg


 場所はまだ言えないのだが、今住まわせてもらってるところから車で30分ほどのちょっとした山あいの村に、独り住いをするには最適な小さな土地を紹介された。ここでは集落との関係その他でまあいろいろあって、かねてから移住先を探しているのだが、私は斜面に生まれ育っているので、今住んでいる盆地のようなくぼみが体に合わない。しかも建物の周囲は囲まれていて、眺望は全くのゼロ。日本の古い農家の造りが私の感覚に合わず、何をするにもその違和感との戦いから出発しなければならないことに、最近正直いって疲れてきた。私も今年で56、このままここに居候して人生を終わらせるわけにはいかない。たとえ崖ッ縁゜であろうが、広々と解放された空間で、のびのびと思う存分人生を開花させて終わりたい。かといってカネはない。ここに全くおあつらえ向きの空き地がある。しかも遠くない。また、手入れが行き届かないのを処分したがっているので、価格も驚くほど安い。これはやるしかないでしょ・・・


KIF_2359.jpg


 25歳で人生を棒に振ってから、人生ウラ街道ひたすら自分の好きなことだけをやってきた。社会からドロップ・アウトした身、人並みのことはなにひとつやらなかった。だから当然、家を持つなんて考えてもいない。もちろん夢としては持ち続けていた。たかが野郎一匹、雨風をしのぎ煮炊きをするのに大した設備はいらぬ。アウトローの身の丈に合ったシンプルな家のイメージも、常にある。しかし夢は夢。あくまで夢としての設計図を、空想の中で改良していくのは楽しいことだ。家の建て方を実地に学ぶのも、また楽しいことだ。しかしそれが突然、実現可能な範囲にぶらさがってきた。ちょっとジャンプすれば届きそうなところに人参がぶら下がっていて、まだまだ棺桶に突っ込むには元気すぎる足を活用しないウマはおらんだろう。


KIF_2362.jpg


 何を考えているのかというと、極端な話だから8割がた差し引いて読んでもらいたいのだが、私は、持続可能な社会を目指すには不都合な真実を受け入れて、極めて厳しい生活に立ち戻らざるをえないと考えている。それは一億総一反百姓社会だ。それしか生き残る道はない。なぜなら、人間が出しうる体力以上のものは、いずれ化石燃料であれ夢のエネルギーであれ、いずれ手に入らなくなるからだ。人間の体力以上のことは、人間にはできない。これが真実だ。では人間の体力だけで、どれだけの土地から恵みをいただけるかというと、一反が最初のハードルである。機械やケミカルは一切なし、原始的な道具だけで、健康な男が管理できる田畑の広さが一反。それを十全に活用してまかなえる食が、まあ4人分、嫁さんと子供2人である。それが確実にできれば、もはや政府などいらないし、資本主義ともおさらばできる。それができなければ、人は大樹の陰に寄らざるをえず、大樹は暴走して覇権主義へ向かわざるをえない。それを止めようと思うならば、そう思う全ての人が、この生活を貫徹する勇気と覚悟を持たなければならない。今の日本は解体されて一億総一反百姓が自給する国に生まれ変わらざるをえない。好むと好まざるとにかかわらず、我々の次の世代には必然的にそうなってしまう。いまから軟着陸の可能性を真剣に検討するのか、墜落して乗員乗客全員死亡を覚悟の上で飛行し続けるのか、目を背けることは単なる欺瞞だ。


KIF_2371.jpg


 だから農村を解体する。現在の農村は、元来大所帯で営農していたことを、長男あるいは養子一人に押し付けることによって次男以下と分家を排除し、排除された者たちを都市へ流出させることによって資本主義を実現し、機械とケミカルを売りつけることによって一人大規模営農を可能とし、農村と都市の共存関係を維持してきた。この共存関係を崩さないために、農村の既存の集落と家制度を温存する必要があって、大所帯で営農していた田畑を分割することを、様々に入り組んだ法律によって禁じている。これがすなわち農村の排他性の根拠である。これが解体されない限り、一億総一反百姓社会は実現できない。すなわち持続可能な社会を実現することもできない。具体的には、都市計画法のなかの市街化調整区域に関する規制を緩和して、一反単位でそこで営農することを条件に宅地開発を認めること。そこから始めなければならない。今回紹介された土地は、そのテストケースになりうるのである。一軒の農家で一反の農地を、完全に自給し得ること、自己完結した形として提示すること、それに足りうる必要十分な家屋とは、果たしてどんな形と設備を持っているのか・・・そこには現行の建築基準法の規制も関わってくる。しかし、あくまで持続可能な生活を模索するという観点から、それに適した住宅のデザインを考えてみても良いのではなかろうか。どうかみなさん、これをプロジェクトに育ててみませんか ??


posted by jakiswede at 01:23| Comment(0) | 移住計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月25日

20150821 ao sul

・・・というわけで観光 (^^)

KIF_0881.JPG

KIF_0887.JPG

KIF_0889.JPG

KIF_0890.JPG

KIF_0893.JPG

_MG_5446.JPG

_MG_5443.JPG

_MG_5514.JPG

_MG_5493.JPG

_MG_5515.JPG

_MG_5465.JPG

_MG_5527.JPG

_MG_5557.JPG


posted by jakiswede at 12:14| Comment(0) | 移住計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20150820 ao sul

KIF_0877.JPG

 上は現地の看板を撮影したものだが、この地形を的確に表している。

KIF_0873.JPG

 室戸市室戸岬町先山台地。集落としては過疎化しており、耕作放棄地も空家も多いが、ムラの結束が固く、移住者を受け容れる気風は期待出来ない。

KIF_0875.JPG

 室戸市室戸岬町西山台地。開拓が最も進んだところで開拓民が主流なので、移住者があれば受け容れられそうだが、現状では家屋も農地もフルに使われていて、移住枠がない。しかも、開拓農地の単位面積が決まっていて、自然農などの手作り営農ではとても管理出来ず、その状態での栽培を嫌がる傾向にある。つまり農法が制限される。

KIF_0892.JPG

 田野町大野台地。台地と街なかが最も近く、景観も極めて美しいが、開拓民の結束が固く、入り込む余地が少ない。いわゆる集落営農の形を取っており、個人の自由な栽培計画は、事実上認められない。

KIF_0908.JPG

 安芸市下山 ・・・海岸線をドライブしている途中に偶然見つけた集落。もしこの物件が確保出来れば理想的。情報はこれから収拾する。

 全体として、役所の人と話しをしていると、行政は人口減少に歯止めをかけたいので、なんとか人を寄せたい熱意が感じられるのだが、実際、寄せられる側の集落の住民と話しをしていると、決してそうは思っていないようで温度差が大きい。制度としては、農地法の要件その他は開放されていてクリア出来る。しかし実際には、集落の自治会に受け容れられる為の諸条件があって、そのハードルが高い。また、台地では殆どが簡易水道であり、これは自治体の行政サービスではなく、自治会の自主管理である。農用地の開拓地であるので、住民が全て農民であることから、農会と水利組合と自治会とが同一であり、これが集落営農という方式や栽培品目の決定など、一定の政策を集落の「取り組み」として、事実上住民に強制することが普通なので、自由な農業を志すものにとってはこれも困難なハードルである。何十年も先、これらのハードルが壊れるほどに世の中やこれらの地区が変わったら、是非再訪してみたいところだが、現状では、移住者が受け容れられる状態とはほど遠い。事実、行政の支援で農業移住した殆ど全ての人が去って行ったという。また、現金収入を得る為の仕事が殆どないので、現状では移住と同時に生活保護を申請するのが現状だという。それによって住宅と医療が無償になるからだ。まだまだいろんなことを聞いたが、とても私のようなカネのない変態が勝手気ままに楽しく生きられるところではなさそうだ。観光に徹するに限る。ともあれ、各集落、自治体の担当者とは良好な時間を過ごし、次に繋がる関係だけは作ってきた。 

posted by jakiswede at 12:09| Comment(0) | 移住計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20150820 ao sul

KIF_0836.JPG

 室戸岬の尾根伝いに走る「室戸スカイライン」の途中にあった展望台駐車場で一夜を明かし、早朝より付近を散策・・・

KIF_0838.JPG

 行き当たりばったり岬を遠望したり、灯台へ行ってみたり・・・山歩きはええのう !!

KIF_0846.JPG

 で、海沿いに降りて岬を散策・・・遊歩道も整備されていて、ここの地形が、いかに地殻変動とともに成立と変遷を遂げてきたかを示す掲示が随所にあって、いろんなことが大変良く解った。

KIF_0856.JPG

 竜舌蘭・・・アロエのような多肉植物の巨大なやつの真ん中から、突如このような柱が突出してその上に花が咲く。この部分が花茎であって、この植物は一度花が咲いたら、種を残して枯れ落ちる。しかし花茎が突出するまでの成長は極めて遅く、数十年をアロエのような低い姿で過ごした後、突然花茎が突出していくので、英語名ではCentury Plantsという。南イタリアの旅で目にして以来。

KIF_0860.JPG

 岬には宿泊施設が多く、トップからボトムまで選り取り見取りだ。私のような貧乏闇オートキャンパーにも寛大であり、都会の銭湯よりも安い入浴施設があったりする。

KIF_0864.JPG

 これはそのうちのひとつ、「シレスト室戸」でアメニティは高級リゾート・ホテル並だが、価格は私の懐にも実に優しい納得のいくものであった。カリーナちゃんもハイビスカスの花に囲まれてうっとりご休憩・・・

KIF_0867.JPG
posted by jakiswede at 12:06| Comment(0) | 移住計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20150819 ao sul

KIF_0802.JPG

 三連休がとれたので、巷が夏休みの間に室戸岬へ行っておきたいと思ってカリーナちゃん宿泊で出発した朝の神戸は雨だった。

KIF_0806.JPG

 ほどなく620000kmの切り番達成・・・時速100kmで撮るなよなって・・・それよりダッシュボード拭けよきたない。

KIF_0817.JPG

 「徳島道」を行けば高松へ行ってしまうとは知らずに金と時間と燃料を空費してしまって、でもまあぶらぶら走りながら室戸岬に到着。近づく台風の影響か、海は荒れていて潮風がきつかった。

KIF_0819.JPG

 室戸への旅の眼目は、終の住み処捜しであった。日本中の農村集落というものは、どうせどこも同じように排他的なもんだろう。とすれば、景観重視で移住先を選ぶのもありかなと思った。こんな風景の中で百姓しながら死にたいとさえ思えるほどの景観がこの世にあるのなら、本気で移住しても良いと思って旅に出たわけである。室戸を選んだのは、写真のように海岸段丘になっていてその台地の上に農村が広がる、おそらく西日本唯一の地形だからである。夕陽が水平線に落ちるのが見られて、高台に農地と集落の隣接する場所を、GoogleMapsで細かく西日本の海岸線を見ていって目をつけ、更に航空写真で確認した。上の写真は「行当岬」という。三瓶山の「投げやり堂」、長門の「ムカツク半島」に引き続きまして、行き当たりばったりの私の人生にはぴったりの名前だ。この上から西へ、いくつかの台地が広がっている。

KIF_0826.JPG

 スロースタートで道に迷っていたりもしたもんだから早くも夕暮れとなった。雲に遮られて夕陽は拝めなかったが、台地の集落から落日を眺められることは確認出来た。現地の景観は実に素晴らしく、移住先としては日本で最も気に入った。目論見としては大当たりだった。しかし現実は厳しい。結論から言うと、現時点でここへ移住出来る可能性は、ほぼゼロだ。

KIF_0834.JPG
posted by jakiswede at 12:02| Comment(0) | 移住計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。