2015年02月05日

20150121 Bass drum beaters

KIF_3849.JPG

 かつて大活躍したバスドラム用フットペダルのビーターも、いまや肩凝り解消用のツボ押しボールになりさがってしまった。シャフトを手探りしてツボを得やすいのだが、こんなことではいかん・・・
posted by jakiswede at 21:30| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月09日

20141229 冬ごもり

KIF_3763.JPG

 片づけ終った田んぼを散歩していると、ガマガエルが斃れていた。腕を食いちぎられていたが、前に見た冬眠中の個体ではない。

KIF_3765.JPG

 畑でナスの完全に干からびたものを拾った。しごいて種を採った。春になったら播いてみよう。

KIF_3766.JPG

 寝室でFMラジオを快適に聴くための最も安直な方法、T字アンテナを外に出してフィーダー線を引き込んでクリップで止めた。モノラル限定だが雑音は消えた。

KIF_3767.JPG
posted by jakiswede at 23:52| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月21日

20141220 シーズン終了 !!

KIF_3700.JPG

 茨城の叔父宅より宅配便来たる。手作りの薫製各種・ピクルス・香辛料その他その他もろもろもろもろ・・・これで年内の蛋白源は確保された。今日は、昨日雨の納屋で選別した黒豆を唐箕にかけてほこりを飛ばし、網戸の広げて干す。天日に三日ほど干せばほぼ商品化出来る状態になる。

KIF_3708.JPG

 唐箕にかけるだけで、ぐっと豆の姿が鮮明になる。

KIF_3710.JPG

 まだアスファルトに雨の名残があるが、昼から晴れてきたので網戸に広げる。

KIF_3697.JPG

 私の食生活はランチがメイン。早速、送られてきたマリネなどとともにツバスのポワレ。

KIF_3707.JPG

 朝食と同時に、作業を並行してパンと干し芋を仕込んでおく。白サツマイモの巨大な奴を大きく切って蒸し器にぶち込み、4時間蒸す。

KIF_3711.JPG

 昼食後、これを網戸に広げてカリーナちゃんの屋根で干す。三日ほど天日に干せば、柔らかめの干し芋になる。で、私は防寒対策を万全にして、網戸に広げた黒豆の選別を続ける。これにて、今シーズン作業終了 !!

KIF_3715.JPG


 終了終了・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あとは春までの間の暖かい晴れた日に、少しずつ畑の水はけの溝でも掘るか・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・嗚呼終了zzz……………………



posted by jakiswede at 23:32| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20141219 丹波黒大豆選別

KIF_3702.JPG

 翌日は朝から雨。納屋にBGMも持込んで、脱穀したてのガラや枝やごみの入り交じった状態のものをひたすら選別。こういう単純作業て、やってるうちに陶然としてくるんよね。

豆は箱へ、ごみはペールへ、豆は箱へ、ごみはペールへ、豆は箱へ、ごみはペー豆は箱へ、ごみはペールへ、豆は箱へ、ペールへ、豆箱へ、ごみはペールへ、豆は箱へ、ペールへ、豆は箱へ、ごみはペー豆は箱へ、ごみはペールへ、豆は箱へ、ごみはペールへ、豆は箱へは箱へ、ごみはペごみはペールへ、豆は箱へ、ごみはペールへ、豆は箱へは箱へ、ごみはペー豆は箱へ、ごみはペールへ、豆は箱へ、ごみはペールへ、ー豆は箱へ、ごみはペー、ごみはペールへ、豆は箱へ、ごみはペールへ、ー豆は箱へ、ごみはペールは箱へ、ごみは豆へ、ごみは豆ペールへ、豆は箱ごみへはペールへペールへ、豆は箱ルへ、、豆は箱へ、ルへ、豆は箱へ、ごみはペールへ、豆は箱へ、ごみはペーは箱へ、豆はへみごは、へ、ごみ、へ、ご、ごは箱へペー豆は箱へ、ごみはペールへ、豆は箱へ、ごみはペールへ、豆は箱へ、ルへ、豆は箱へ、ご・・・なんという安らぎ・・・ごみはペーごみはルへ、豆は箱へは箱へ、みへ、ご、ごみは箱へ、豆はペみみはペールへみははペーペール箱豆ルへ箱、ーールへ、ごペーは箱はみは、、ペ豆は豆ーみへペルへ、ごみは箱へールール、は箱へへ、ご箱豆はごは、ごみはペ箱へ豆はごみペへ、ペ豆はは豆へはペールへ、ご箱へへ、ご箱へはへ、ーはルへ、ごはールへルルへ、豆はへ、、ごはへはみへ、豆は、みはペ箱へペ豆ははは、ごみはみはペへールルみ、ごみはごルごみはみご箱、豆豆箱はみは箱へ、豆はペールーペールへへ、豆はペール、ごールへ、豆ごみへ、豆ははペールへ、豆ははみははペー、みは箱は箱へ、ペールみ豆へはペールルへはーみへ、ごはへ豆は箱ごルへ、ごは箱へ、豆はへ、、箱ごへ、ごみ箱へは箱へ、へ、へへ、箱へ、豆ごみペ、豆へへペ、へ、ごは、ごー、豆はみはペールはごペールへは、豆ペ箱ペール箱ペごみはみ箱へへ、豆はルへ、ごみ箱へ、豆はペーペールへへ、豆はペール、ペールへ、豆はペーペールへへ、豆はペール、ペールへ、ごみは箱へ、豆はペールールへ、豆はペーペールへへ、豆はペール、ペールへ、ごみは箱へ、豆はペールへ、ごみは箱へ、豆はごみは箱へ、豆はごみは箱へ、豆はペールへ、ごみは箱へ、豆はごみは箱へ、豆はペールへ豆はペールへ、ごみは箱へ、豆はごみは箱へ、豆はペールへ、ごみへ、ごみは箱へ、豆はごみは箱へ、豆はごみは箱へ、豆はペールへ、ご、ごみへ、ごみは箱へ、豆はごみは箱へ、豆はごみは箱へ、豆はペールへ、ごみは箱へ、豆はごみは箱へ、豆はペールへ、ごみは箱へ、豆はごみは箱へ、豆はペールへ、ごみは箱へ、豆はごみは箱へ、豆はペールへ、ごみは箱へ、豆はペールへ・・・あっ
 気がついたら雨上がりの夕焼けが奇麗でした。しあわせ・・・

KIF_3704.JPG


posted by jakiswede at 23:05| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月18日

20141217 七夕豆

KIF_3688.JPG

 北風が吹き荒れ、大荒れの日である。朝の最低気温は-5℃・・・いよいよ本番である。こんな日は無理に外に出ず、廊下の陽だまりで豆を剥く。

KIF_3690.JPG

 「七夕豆」という日本の固定種である。大粒で艶も良く、収量も多いので、白インゲンはこれをメインにしよう。一方、下は不発に終った赤花豆。

KIF_3695.JPG



posted by jakiswede at 01:29| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20141215 新畑の観察

KIF_3679.JPG

 新畑の観察。左から、花豆跡地・白菜・青首大根。

KIF_3680.JPG

 ソラマメ・ニンニク・エンドウ。真ん中の奥でこんもりしているのは何年越しかで生育を続けるキャベツ。

KIF_3681.JPG

 エンドウ・ナス科跡地・同左。

KIF_3682.JPG

 秋ジャガ跡地・葉物野菜・ワサビ大根。

KIF_3683.JPG

 番外、里芋とショウガの混植。

KIF_3684.JPG

 ユメシホウ

KIF_3685.JPG

 ユキチカラ

posted by jakiswede at 01:22| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20141215 東畑の観察

KIF_3671.JPG

 さてようやく一休みして、あらためてシーズン終了した時点での田畑の状態を記録しておこう。東畑の西側から3畝ずつ、ここは3畝とも春まで食べる葉物野菜である。時期をずらして栽培して間引きながら全部食べてしまうので、見映えは良くない。いつも工事中のような状態であるが、これが私の畑の正常な姿。

KIF_3672.JPG

 その隣3畝のうち、左から青首大根・ワサビ大根・タマネギ。

KIF_3673.JPG

 その隣、白菜・タマネギ・イチゴ。

KIF_3674.JPG

 ウスイエンドウ・ジャガイモ予定地・同左。真ん中の畝にはインゲンが育っていたので作が残っている。今日撤去。豆の隣にこぼれた白菜が大きく育って巻いている。右手前は菊芋。

KIF_3675.JPG

 東南角のハーブの区画、小春日和の折にでもバジルの種取りをしよう。手前はタマネギの余り苗。

KIF_3676.JPG

 本田。畔を壊した土と溝を切った土を圃場の縁に上げてある。その際に、稲作の裏でタマネギとソラマメが出来るかどうかを試している。

KIF_3677.JPG

 一番東の区画は、来シーズン苗代にする。苗作りが疎かになるのは、つまり苗代が狭くて種籾を密に播いてしまうからであろう。来シーズンは広々と播いて屈強な苗を植えてやる。

KIF_3678.JPG

 涌田。「ミナミノカオリ」が出てくるはず。

posted by jakiswede at 01:12| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20141213 配水管の交換

KIF_3648.JPG

 やっと終った・・・と喜ぶ間もなく、どうもここ数日雨でもないのに玄関前に水たまりがひどく、しかも台所の排水の匂いがすると思っていたら、ついにシンクの下にも水たまりの気配・・・

KIF_3649.JPG

 悲鳴を上げてストライキに入ろうとする老体にむち打って、和室の畳を上げて床下へ潜入。

KIF_3651.JPG

 確かに水漏れはしているのだが、これはここの台所の構造的欠陥で、私がどうする事も出来ないし、玄関先に溢れるほどではない。とすると・・・

KIF_3654.JPG

 数年前にも一度似たような事があった。そのとき応急的にこのような継手を使って、配水管の掃除が出来るようにしたのだが、この継手自体が堅固ではない。取り合えずそこを開いてパイプ・クリーナーをソーニューしてみたのだが、確かに詰まっているものもあるにはあるし、突けば少しずつ水は流れてくる。しかしどうもこれが根本的原因とは思えない。

KIF_3655.JPG

 試しにシンクから大量の水を流してみると、やはり玄関先に湧き出してくるのに、配水管からは水が出ない。しかも、水が湧いてくる場所が写真右手前なのだ。確かにどこかで詰まっとる。排水溝側からパイプ・クリーナーを突込んで突き当たる場所にテープで印をつけ、シンク側からも同じように印をつけてみると、ふしぎなことにその距離の合計は、シンク下から排水溝窓の距離とぴったり一致した。ということは、いろんなものが詰まり詰まって堆積しているわけではなく、なにか板のようなものが完全に配水管を塞いでいるという形か ??

KIF_3656.JPG

 私は気が短いので、えい、やあ、たあ、と掘ってみると、あやや、こんなことになっとる。突き当たったのは、詰まった場所ではなくてこの曲折だったのか・・・しっかし・・・えっらいずさんな工事やな・・・つぎはぎだらけやんけ・・・

KIF_3657.JPG

 しかも、シンク側からの配管を、こんながばがばの状態で受けとる。こら漏れるわな。試しにシンクに大量の水を流し込んでみると、ここから勢い良くあふれ出た。あかん、こら換骨奪胎や。

KIF_3659.JPG

 ちゅわけで、全体を掘り起こしてみると、こうなってた。つまり、ここは神戸市でありながら田舎であるので、下水道の整備はずいぶんあとになってからの事である。それ以前は雨水も汚水も一緒に溝へ排水していたのであろう、その名残がスコップの先の延長上にある雨水桶や手前の配管である。台所からの配管は、まっすぐこの雨水桶に向かっているのだが、新しく下水道を整備するときに、これを付け替えたのである。その際、雨水桶を撤去せずに、これを迂回する形で下水道の楷書へ繋いだため、配管がこういう形で回されたのであろう。こら流れ難いわな。

KIF_3661.JPG

 どうせ旧の配管も雨水桶も使われてないのだからこれを撤去して・・・

KIF_3662.JPG

 直角の曲折もなだらかにすれば問題は根本的に解決するはずだ。こういうイメージで仮止めして、各セクションの寸法を出して配管を切る。

KIF_3663.JPG

 問題はここである。台所からの古い配水管の径が今の規格のどれにも合わないのだ。だからあんなずさんな受け方をしたのであろう。

KIF_3667.JPG

 しかし幸運な事にその寸法は継手の外径とほぼ同じであったので、一回り太い配管を短く切って縦に割って両者を包み込むようにスリットを入れて、接着剤を充填して荷造り用のゴムロープでガチガチに縛り上げて一時間ほど放置したら、これががっちり接着していたのでラッキー、更にゴムロープで水漏れのないように全体を縛り上げて、このように点検口までつけて埋め戻したった。ついでに不安定だった排水溝側の継手も通常のものに交換してがっちり固定したから、もう点検のために土を掘り返す必要もない。配管の角度をレンガで示してはい終り。機転の利かんプロより余ッ程゜ええ仕事しまっせほんまに・・・

KIF_3668.JPG



posted by jakiswede at 00:56| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20141210 畔シート撤去

KIF_3644.JPG

 いよいよ今シーズンの農作業も残すところあと僅か。本日畔シートを外せば急ぐ作業はこれにて終了。土が凍結する前にここまではどうしてもやらねばならん。畔を壊して畔際を露出させ、来年の田植え直前にこれを補修する。モグラやヌートリアが無数の穴を開けているので、田に水を入れる直前が良い。作業中、スコップから転がり落ちた黒い物体がやけにぬらぬらしているのでよく見てみると、なんと大きな冬眠中のガマガエル ??

KIF_3646.JPG

 「眠たいからほっといてくれ」・・・とばかりに両手で頭を押さえて縮こまる。その気持、よぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉっく、わーる。俺ももうすぐ冬眠生活。畔土に適当な穴を掘って戻してやった。上から稲藁をてんこ盛りにしといたからちょっとはマシやろ。さて新畑の方は非常に頑丈な厚手の畔シートが施してある。これは長巻になっているのではなく、厚手の樹脂製の板になっていて、設置するときは一枚ずつ畔に叩き込んで行くのである。したがって非常に壊され難く、また撤去にも骨が折れる。確かに本体は壊れなくて良いのであるが、結局モグラやヌートリアはその下をくぐり抜けて穴を掘るので、水漏れが起る事は避けられない。しかも、撤去し難いので畔そのものの補修が却ってやり難いのである。これは地主に返却し、来シーズンからは通常の畔シートを設置する。

KIF_3647.JPG


posted by jakiswede at 00:06| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。