2014年11月19日

20141020 秋土用

KIF_3380.JPG

 七夕豆の熟成が始まっている。

KIF_3381.JPG

 赤花豆も秋になって実りはじめた。

KIF_3382.JPG

 そろそろイチゴを植え替えなければならぬ。下から伸びる稗の節に、イチゴのランナーが引っかかって絡まって、除草だけでも難渋する。

KIF_3383.JPG

 ニンニクが元気に発芽。秋土用であるので、鰻でも食いさらしてけつかる。

KIF_3384.JPG



posted by jakiswede at 21:44| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20141018 白サツマイモ収穫

KIF_3369.JPG

 サツマイモを掘る。白サツマイモ「イズミ」の特徴は、株元からかなり離れて実る。しかも深い位置にも出来るので、掘るのが大変である。

KIF_3377.JPG

 おそらくヌートリアの食害。特に新畑では根のものの被害が深刻で、そろそろ対策を打たなければ飯の食い上げである。

KIF_3378.JPG

 分蘖するまもなく、一つ目に出来た芋を丸ごと食われているものが目立つ。この食いかたはネズミの仕業ではない。

KIF_3409.JPG
posted by jakiswede at 21:41| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20141017 丹波黒枝豆最盛期

KIF_3368.JPG

 丹波黒大豆の枝豆が最盛期。毎日柿をおかずに枝豆を食っている。なんという贅沢・・・
posted by jakiswede at 21:40| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20141016 タイの香米脱穀

KIF_3359.JPG

 台風がまた近づいているので、タイの香米は脱穀しておく。脱粒しやすいからである。籾にして網袋に入れて吊るして干す・・・ううむ、これぞまさしくインディカ米。

KIF_3363.JPG



posted by jakiswede at 21:38| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月15日

20141014 vongfong

KIF_3282.JPG


 台風一過、全ての田んぼの水を落とす。


KIF_3283.JPG


 あっちもこっちも・・・


KIF_3284.JPG

posted by jakiswede at 00:11| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20141011 タイの香り米刈取

KIF_3277.JPG


 タイの香り米・・・背が高くて気になるのと、脱粒しやすくて気になるのと、もはや刈り旬ではないかと気になるのと、台風が気になるので、師匠に見てもらったところ、「刈ってもええんちゃう ?? 」てことだったので・・・


KIF_3279.JPG


 見分けは、この穂首の茎が黄色くなりかかっている事。刈りました。


KIF_3280.JPG




posted by jakiswede at 00:01| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月14日

20141011 ツルムラサキ

KIF_3276.JPG


 葉をむしられようが、腋芽を切られようが、這ってでもいざってでも天を目指して伸びてゆくツルムラサキ・・・そうだ !! 「迫力を増せ !!


 http://funasaka-art.com/



posted by jakiswede at 23:56| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月13日

20141010 ammen's

KIF_3269.JPG


 今日は夙川のとあるパン屋さんの店先でのイベントへの出荷である。


KIF_3271.JPG


 かつて住み慣れた場所にはおしゃれな店がたくさん出来た。


KIF_3273.JPG


 その中に違和感なく収まってくれているのは、売り手の人柄のおかげである。感謝。


KIF_3274.JPG

posted by jakiswede at 01:16| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20141009 タマネギとニンニク

KIF_3266.JPG


 タマネギの発芽とニンニクの植え付け。


KIF_3268.JPG

posted by jakiswede at 01:10| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20141008 patlıcan salatası

KIF_3260.JPG


 patlıcan salatası (パトルジャン・サラタシュ) というトルコのナス料理である。トルコを旅行中によく食べたのだが、なにせ貧乏旅行ゆえ、ちゃんとしたレストランでメニューを見ながら料理を注文した事はなく、男達が押し寄せる下街の大衆食堂で、陳列保温ケースの中の様々な料理を大皿に自分で適当に盛りつけて、量り売りで食する「ロカンタ」というセルフの食堂である。料理の名前など解らないので、当時はナスのシチューだと思っていた。しかし親友のトルコ航空のチーフ・アテンダントに訊いてみると、ナスのサラダだといって、瓶詰めで売られているものを買ってきてくれた。なるほどそういわれればそうである。食べてみると確かにその味だ。なんとなくスモークされた香りが特徴であったので、彼女に調理法を訊いてみると、なんと焼きナスだという。そこで自分でも焼きナスを作って、似せた料理に挑戦してきたのだが、どうもあの感じが出ない。そこで今日は、野菜の出荷のついでに、芦屋にあるトルコ料理店に出向いて、トルコ原産のナスを持っていくからpatlıcan salatasıを作ってくれないかと頼んだわけである。さすが、やっぱり頼むべき人に頼むと、こんなにも旨い料理が出てくるのだ。焼きナスであるというのは当たり。しかし日本の焼きナスと違って、水の中で皮を剥く事をしない。それをやると、あの独特のスモーキーな風味が流れてしまうからで、焦げた皮の混入を嫌う日本料理と、多少皮の破片が混じっても風味を大切にするトルコ料理の美的感覚の違いがここに出るのであろう。私は後者をとる。味付けは比較的自由であって、主に塩・レモン果汁・オリーブオイル・ニンニクなどが使われる。そこまでわかれば、あとは自分でエロエロ・・・失礼、いろいろ試すのみ。


KIF_3263.JPG


 まあそんなわけで、久しぶりに味覚の精神が解放されて、農作業をほっぽりだしてパスタ・ソース作りに勤しんでしまった・・・でも、旨い・・・


KIF_3264.JPG




posted by jakiswede at 01:07| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする