2014年10月13日

20141007 丹波黒枝豆の出荷

KIF_3255.JPG


 今朝は摂氏8度まで冷えた。この地方特有の朝霧である。


KIF_3257.JPG


 畔の黒豆を枝豆として出荷の最盛期到来。品種は「丹波黒」、いわゆる丹波の黒豆である。


KIF_3258.JPG


 とりあえず20パックほど・・・しばらくは週2回の出荷とする。


KIF_3252.JPG


 急ぎ戻って「大金持」を脱穀し、乾燥不足が気になるので日中は天日干しにする。3程度干した後籾摺をして収納する。


KIF_3253.JPG


 隣家から使わなくなった稲木を頂いたので、有難く頂戴して選別、乾燥させて収納する。もはやこのような木材は手に入らないので貴重品である。



posted by jakiswede at 00:43| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20141004 phanfone

KIF_3247.JPG


 台風が近づいているのと、草丈が高いのが気になるので、念のため柵を立てておく。赤米には既に立てた。一方、脱穀期を迎えている「大金持」は稲木倒壊を避けるためカリーナちゃんに収納。なに積み込まれるやわかったもんやないのう、痒かろうが我慢してや・・・


KIF_3249.JPG

posted by jakiswede at 00:30| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20140928 白菜の定植

KIF_3233.JPG


 白菜の植え付け。予め日々の精米で出た米ぬかや、醗酵力の落ちた麹などをため込んでおいて、それを土に混ぜて慣らしておく。


KIF_3238.JPG


 畔豆が実りはじめている。もう一週間もすれば書き入れ時になるだろう。


KIF_3239.JPG


 朝夕の気温が下がってきたので、日なたの田んぼに育苗箱を移す。


KIF_3240.JPG


 タマネギの種蒔き。今年は本田で稲作の裏で大々的に栽培する予定。売り先が出来ると、ついつい欲も出る。


KIF_3241.JPG


 ここんとこ昼は夏のように暑いので、炒め物がメニューの主役になる。


KIF_3242.JPG


 まだ早いが枝豆を試食・・・う・・・う・・・(;_;)


KIF_3244.JPG




posted by jakiswede at 00:22| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

22140928 新畑の野菜の観察

KIF_3216.JPG


 土手際の黒インゲン。おそらく夏以降にこぼれ種から発芽した数株が青い実をつけていて、他は大量の収穫をもたらしてくれた後、力尽きて枯れ落ちた。


KIF_3217.JPG


 その手前で成熟していくサツマイモ、白いイズミと紅の鳴門金時。


KIF_3218.JPG


 左から赤花豆・白菜の予定地・生育中の青首大根。


KIF_3219.JPG


 赤花豆は、文字通り鮮やかな赤い花をつけるのだが、実はほとんど出来ていない。なお観察する。


KIF_3220.JPG


 左から、イチゴの収穫後放置してある畝・キュウリの柵を撤去後ニンニクを植える予定地・生き残るニガウリ。


KIF_3221.JPG


 ニガウリは、葉を枯らしつつも実をつけ続けている。


KIF_3222.JPG


 ナス科3畝、ナス・トマト・春作のジャガイモの跡地。


KIF_3225.JPG


 トルコのナスは日本の米ナスとほぼ同じ。快調とは言えないものの、食べるには充分な実をつけてくれている。


KIF_3226.JPG


 トルコのエーゲ海地方原産のシシトウだが、肥料をやらないので辛味がある。


KIF_3227.JPG


 収穫期の終ったトマト、残りの実を採ったら整地する予定。


KIF_3228.JPG


 草に埋もれてわかりにくいが、秋ジャガ出島・日常アブラナ野菜各種・ワサビ大根。


KIF_3229.JPG


 秋ジャガ出島も成長中。


KIF_3230.JPG


 直播きのアブラナ科野菜各種も間引を終えてこれから成長するだろう・・・か・・・??


KIF_3231.JPG


 番外というには失礼なほど立派に生長しているサトイモ。間にショウガがあるが、これはあまり調子が良さそうでない。



posted by jakiswede at 00:06| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20140928 新畑の田んぼの観察

KIF_3214.JPG


 新畑のサリー・クイーン。いもち病が懸念されたが、変色した株は全て抜き取って焼き捨てた。これを繰り返した事が奏功したのか、残った株は健全に逃げ切った。


KIF_3215.JPG


 その脇で成長するタイの香り米と黒米。

posted by jakiswede at 00:01| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月12日

20140928 東畑の野菜の観察

KIF_3201.JPG


 東畑の野菜の観察。まずはスウィート・バジル、すでに125g入り10本を生産してあるが、もっぱついけそう。1\500で売ったとして、1万円・・・高いか安いか・・・


KIF_3202.JPG


 左よりウリ科2本とイチゴの跡地。今年は長雨と風と日照不足で、ズッキーやカボチャは散々だった。イチゴはその前に収穫期があるのでまあまあだった。ここは冬の日常野菜などに使う予定。


KIF_3203.JPG


 トルコの白ズッキー (kabak) も、10株程度苗作りをしたのだが、収穫出来るほどになったものは数株、しかも実際に収穫出来たのは3個程度だった。これは最後の実だが、まだら模様がおかしい。


KIF_3205.JPG


 イチゴの隣、左から青首大根・ワサビ大根・オクラ。


KIF_3204.JPG


 大根はいずれも間引き収穫中。間引き菜というものは百姓ならではの醍醐味であって、特に大根は、若々しい根と葉の甘味と柔らかさが絶品なのである。間引き終れば、あとは肥大成長していくので、逞しくなる代わりに、この初々しい味覚を味わう事が出来なくなる。オクラもまだまだ毎日収穫出来る。


KIF_3206.JPG


 糯米「大金持」を干しているが、その下左から、別に育苗中の白菜の定植予定地・秋ジャガ (ニシユタカ・農林1号・メイクイン) ・イチゴの定植予定地。


KIF_3207.JPG


 秋ジャガが育っている。霜降までの短期決戦なので、実ってくれる事を祈るばかり。


KIF_3208.JPG


 その隣、左から、シシトウやトウガラシ類・インゲンとツルムラサキ・キクイモとサトイモとショウガ。


KIF_3209.JPG


 シシトウ類は秋になって調子を上げてきた。これは韓国のキムチ用に使われるまろやかなトウガラシ「고추 (コチュ) 」


KIF_3210.JPG


 ネパール原産の三尺豇豆 (cow peas) も少しずつではあるが採れている。湯がいて良し、炒めて良し、天ぷらにしても旨い。筋がないので重宝する。


KIF_3211.JPG


 初夏に種を蒔いて秋に収穫する七夕豆。筋が硬く薄皮も強いので鞘ごと食べる事は出来ない。熟成させて白い豆を採る貯蔵用。


KIF_3212.JPG


 葉をむしられても腋芽を切られてもどんどん生長するツルムラサキ。葉物野菜の減る夏場に大活躍。粘り気が喉を潤す。


KIF_3213.JPG


 生きてはいるのだが成長する気配のないショウガ。葉ショウガとしては収穫出来なかった。


posted by jakiswede at 23:41| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20140928 東畑の田んぼの観察

KIF_3193.JPG


 さて気を取り直して現実に戻ろう。東畑本田の観察から始める。左は「豊里」、右は「ハッピー・ヒル」である。秋の光を受けてゆっくりと熟成している。稲刈は11月初旬。


KIF_3194.JPG


 いつも草に負けてしまう部分も、今年は除草をタイミング良く出来たので、稲の生育状態が良い。


KIF_3195.JPG


 早くに刈り取った糯米「コガネモチ」の空地・・・名前が気に入らんので私はこれを「大金持」と命名する。


KIF_3196.JPG


 その隣の自家発芽の「サリー・クイーン」・・・いもち病を克服して逃げ切ったようだ。稲刈は10月下旬。


KIF_3199.JPG


 脇田の「サリー・クイーン」こちらも同様の順調な生育を見せている。間にチラホラ見える赤い穂は、こぼれ種から発芽した赤米。


KIF_3200.JPG


 赤米は観賞用としては最盛期を迎えている。濃い緑と紫のコントラストが実に美しい。これから先、茎は色が淡くなり、草丈も伸びて倒れ込むようになるので、柵で取り囲んで稲刈を待つ。こちらも稲刈は10月下旬。



posted by jakiswede at 16:19| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月23日

20140927 谷上マーケット

KIF_2912.JPG


 2014/09/27 () 谷上マーケットに出店します。

 ランチは「赤と緑のアフリカン・シチュー」・・・写真はラタトゥイユに鶏の唐揚げですが、当日はコンゴ風の豆トマトシチューを作ります。緑のシチューは、本来キャッサバイモの葉を搗いて川魚とピーナッツ・オイルで煮込むのですが、サツマイモの葉とオクラに塩鯖と無添加ピーナッツ・ペーストで代用しています。今回に限り500円 x 8食売切れごめんですんでよろしく。ほかは来てからのお楽しみってことで・・・夕方からバイトなので、16時頃撤収します。


 http://niufarm.blogspot.jp/p/blog-page_27.html

posted by jakiswede at 00:17| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20140921 コガネモチ稲刈

KIF_2948.JPG


 本田の真ん中で早く稔った糯米だけ刈り採る。本音は、開花期の晩稲のために早く水を入れたいのである。


KIF_2950.JPG


 一部にいもち病が診られるが、逃げ切れたようだ。


KIF_2951.JPG


 手前の草がおびただしい。その部分は稲が草に負けて途中で失速した。去年もコシヒカリで同じ事が起ったが、原因は解らない。

KIF_2953.JPG


 こんなけやし、昼過ぎからバイトまでの間の2時間ちょいで終了、草刈りして踏み均らして水を入れる。

posted by jakiswede at 00:10| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月20日

20140916 刈待端境

KIF_2905.JPG


 今年は柿がたわわである。


KIF_2906.JPG


 丹波の黒豆もたわわであろう・・・


KIF_2907.JPG


 して、ちょっと気の緩んだ私は、ものすごく年代物のLe Coq Sportifのジャージのファスナーを修理してして指を刺してしまったのであった・・・これ、25年は着てるはず。もちろん阪神淡路大震災以前、たしかとある有名ブランドの、ファミリー向けのセールで格安で買った物。ほとんど毎日着ているのに破れもせず、よう持つわ。




posted by jakiswede at 23:59| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする