2017年02月03日

20161224 丹波黒大豆の選別

KIF_4489.jpg


 丹波黒大豆の選別。


KIF_4491.jpg


 今年最後の出荷


KIF_4492.jpg


 選から漏れたクズ豆・・・さらに選んでいって粉に挽いてきな粉餅にして食てこましたる。


KIF_4495.jpg

posted by jakiswede at 00:57| Comment(0) | 農作業食品加工記録2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20161221 ウコン干し

KIF_4457.jpg


 寒くなる前に取り込んでおいたウコンを乾かす。


KIF_4487.jpg


 水洗いしてバラす。


KIF_4486.jpg


 スライサーでスライスして網に広げる。


KIF_4488.jpg


 風があると半日ほどで軽くなってこんなことになる (;_;)


KIF_4498.jpg

posted by jakiswede at 00:54| Comment(0) | 農作業食品加工記録2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20161220 シーズン終了

KIF_4473.jpg


 農作業の終了・・・終わった・・・やっと終わった・・・


KIF_4478.jpg


 東畑脇田のパン用小麦「ユキチカラ」と、それを挟むソラマメとウスイエンドウ。


KIF_4479.jpg


 茅を積み込んだ東畑本田。


KIF_4480.jpg


 生き残った多年生キャベツ。


KIF_4482.jpg


 新畑の様子、ここは来シーズンはオフになるので、茅をどんどん積み込む。


KIF_4483.jpg


 そこで育つパン用小麦「ミナミノカオリ」


KIF_4484.jpg


 結球せずにわき芽を出す白菜。下は新畑脇田。


KIF_4485.jpg

posted by jakiswede at 00:52| Comment(0) | 農作業食品加工記録2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20161213 ふと気がつけば・・・

KIF_4458.jpg


 気がつけば冬景色・・・


KIF_4460.jpg


 今年の大根は非常に小さい。


KIF_4463.jpg


 唐辛子類も採り納め。


KIF_4467.jpg


 乾かす準備。


KIF_4468.jpg


 冬の加工品ラインナップ・・・てほど量ないんやけどね。


KIF_4469.jpg


 まあそれでも毎週出荷できるのはありがたいこっちゃ。


KIF_4471.jpg


 久しぶりにクープがよく開いたパン・・・


KIF_4472.jpg

posted by jakiswede at 00:50| Comment(0) | 農作業食品加工記録2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20161212 黒豆の脱穀

KIF_4438.jpg


 追い込み。早く農閑期に入りたくてうずうずしてくる。田んぼの畦シートを外し、生育に問題のあった部分に一年食品残渣を積み込んだ堆肥を集中投下。


KIF_4416.jpg


 丹波黒大豆の脱穀、12月も中旬なので、あと2回しか黒豆を売るチャンスがない。


KIF_4446.jpg


 豆は、米や麦ほど細か聞くないので、シート養生も簡略で良い。


KIF_4447.jpg


 脱穀直後は、実も鞘もごちゃごちゃで、しかも開いてない鞘もたくさんあってその中に実が入っている。


KIF_4452.jpg


 分けては飛ばし、分けては飛ばしを繰り返して・・・


KIF_4453.jpg


 それでも開いてない鞘があるので砧で叩いて実を出す。


KIF_4455.jpg


 繰り返していくうちに、だんだん純度が上がってくる。これを網に広げて、さらに干す。


KIF_4456.jpg

posted by jakiswede at 00:47| Comment(0) | 農作業食品加工記録2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20161207 干し芋づくり

KIF_4404.jpg


 程よく皮が乾燥してきたら貯蔵する。湿気ている間に箱に入れるとカビる。


KIF_4415.jpg


 さつまいもは低温と密閉に弱いので、このように保温性と通気性のあるブドウのスチロール箱に入れて台所の水屋の上に積んでいる。春まで保存できる。


KIF_4418.jpg


 すでに傷んでいるものや、ネズミがかじって保存のきかないものは、先に干し芋に加工してしまう。


KIF_4419.jpg


 芋は適当な大きさに切って4時間蒸す。全体が飴色に透き通ってきたら頃合い。手で持つと崩れるほど柔らかいので蒸し布を使う。


KIF_4423.jpg


火から下ろして蓋を開けて数分、粗熱が取れたら固まらないうちにスライスする。刺身包丁が良い。


KIF_4424.jpg


しのぎが芋で粘り、それがすぐに固まって切れなくなるので、常に水洗い水切りしながら手早く切る。


KIF_4426.jpg


切ったら網の上に並べる。べとついて埃が付着するので、網戸の上によく洗った網を敷いてから載せる。こうすると突然の雨の時にも対応が早い。三日ほど晴天が続けば糖分が粉を吹いて、美味しい干し芋ができるはず・・・


KIF_4427.jpg


さて今シーズン農作業全体も、箇条書きにできるほどになった。終了まであとわずか。


KIF_4435.jpg

posted by jakiswede at 00:45| Comment(0) | 農作業食品加工記録2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20161202 豆・・・豆

KIF_4330.jpg


 丹波黒大豆収穫。「神丹穂」ハンモックでしばしお休み。


KIF_4359.jpg


 ウスイエンドウとちょっと足りなかったソラマメを撒き足した分の植え付け。それと、ためしにガルバンゾが冬越しできるかどうかやってみる。もしできるなら、その方が栽培の可能性が広がる。


KIF_4366.jpg


 パン用小麦「ユキチカラ」が発芽している。


KIF_4386.jpg


 干し柿もそろそろ食べられるか・・・


KIF_4367.jpg


 手を止める暇もない。干し芋用白さつまいも「イズミ」の収穫。出来るとなるとキョーレツ。


KIF_4373.jpg


 あんまり美味いんで、ネズミも残さず食うてまいよったんぢゃろ。


KIF_4387.jpg


 結構豊作==Э.:・'゜☆。


KIF_4405.jpg

posted by jakiswede at 00:43| Comment(0) | 農作業食品加工記録2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20161128 脱穀を終えて

KIF_4319.jpg


 今年の米作り終了。籾摺り機を掃除する。かなりの小米や破砕米が出るので、それを回収して丁寧にゴミや石を取り除き、これを炊いて食べる。毎年、感謝の気持ちを込めて、初めての新米は、敢えてくず米をいただくことにしている。


KIF_4320.jpg


 さてシーズン終了に向けてラスト・スパート。手が回らないので、取り込んで干してあった豆類を剝く。


KIF_4324.jpg


 豆・種・唐辛子その他、細かいものが取り込まれていて、それらを仕分けしながら長期保存に耐えられる状態に持っていく。


KIF_4325.jpg


 結局花豆は、場所を食った割にたったこれだけの収穫だった。


KIF_4326.jpg


 合間にくず米ご飯を炊いていただく。


KIF_4328.jpg

posted by jakiswede at 00:41| Comment(0) | 農作業食品加工記録2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20161128 稲の脱穀

KIF_4301.jpg


 足踏み脱穀機の段取り、一番下に大きなシートを敷き、その上に小さなシートを敷いて、足踏み脱穀機を乗せる。その足回りを取り囲むようにさらに小さなシートを敷いてから、籾を受けるためのスチロール箱を置く。こうしておくと突然の雨にも撤収が早い。


KIF_4302.jpg


 脱穀機には専用の傘があって、それを覆うに足るだけのシートを洗濯バサミで止める。もみの飛散を防ぐためである。シートの裾は角材などで重石をしておくと風に煽られなくて良い。


KIF_4308.jpg


 脱穀を終えたら上からシートを外してスチロール箱を回収し、


KIF_4309.jpg


 脱穀機をどけて順次シートに残った籾を回収していく。


KIF_4310.jpg


 最後のシートにはほとんど落ちてないくらいが良い。


KIF_4311.jpg


 唐箕をセットする。これも何重かにシートを敷き、風で飛ばされる側にもある程度受けるものを用意しておくと回収が早い。


KIF_4312.jpg


 繰り返し風選してゴミを取り除く。


KIF_4315.jpg


 籾摺り機にかける。


KIF_4316.jpg

posted by jakiswede at 00:38| Comment(0) | 農作業食品加工記録2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20161123 稲の脱穀

KIF_4263.jpg


 晩稲は幸いにして天候に恵まれてカラッと乾燥、めでたく脱穀。


KIF_4266.jpg


 まずは「神丹穂」から。このキョーレツな芒を見るとほんまにうれしくなる。今年も元気やな、って。


KIF_4269.jpg


 何種類かの少量栽培品種を先に脱穀して唐箕で飛ばしてたら、空がにわかに掻き曇り湿気を帯びた暖かい風が吹いてきたので、大雑把に片付けて軒下に避難。


KIF_4273.jpg

posted by jakiswede at 00:36| Comment(0) | 農作業食品加工記録2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。