2018年08月19日

20180819 Pesto Genovese


 早朝、日差しが強くならないうちにバジルの葉を収穫。ペーストにする場合の収穫適期は穂が出る前とされているが、私は穂が出てから開花する前を狙っている。穂が出ると葉が硬くなるので滑らかさには劣る。しかし開花前が最も香りが強い。どちらを狙うかは判断の分かれるところだが、それによって栽培方法も若干異なってくる。バジルは摘心をすると脇芽が出て葉が増える。なるべく柔らかく多くの葉を摘みたい場合は、かなり早くから摘心して葉を増やす方に重点を置く。穂が出る頃には脇目に葉が繁ってこんもりするように管理する。しかし、こうするとバジル特有の、あの強く鋭く、オリーブ・オイルやニンニク、松の実と饗宴しうる独特の風味が足りない。やはりバジル・ペーストはガスっ、ドシっときてほしい。そのために私は花芽がつくまで待つ。花芽がついたらそれを摘心して脇芽を待つ。だから私のバジルは高く育つ。収穫する頃には一部開花が始まっている。こうすると、私の好きな、先鋭でほっそりしていて、何もかも原色のイタリアのような、胸にまっすぐ鉄矢を突っこまれたような重みのある味が出る。30cmほどのボウルにいっぱい葉を摘むと、だいたい500gになる。これに対して、エクストラ・ヴァージン・オリーブ・オイル1ℓ・塩50g・ニンニク100g・松の実50gを用意するが、オリーブ・オイルはほぼこれで攪拌できるギリギリの量である。他は味見をしながら加減して良いと思う。まずは瓶を煮沸消毒して乾燥させておく。私は葉を洗わない。その代わり摘む時に厳選する。季節柄、蜘蛛の子が必ず混入する。これを完全に取り除くことはできない。葉は一枚ずつ布巾で汚れを取る。松の実は軽く煎る。ニンニクはおろす。あとはひたすらミキサーにかけるだけである。1リットルでは油が足りなくなるが、ミキシングを終えたペーストから浮き出る油を再利用する。最後に全体をもう一度ミキシングすると滑らかさが増す。空気に長く触れると変色するので素早くやる必要がある。粘度が高いのでミキサーはなるべく高出力のものが良い。煮沸による脱気封入はできないので、そのまま瓶詰めしてひたすら冷蔵である。経験値としては三年ほど保つ。

posted by jakiswede at 00:00| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月14日

20180814 シーズン前半終了

オラオラオラオラ、ヘイヘイヘイヘイ・・・終わったぜ !! 突き破ったぜ !! もう8月いっぱい農作業せんからな、お前ら自力で暑さと乾燥に耐えよ俺は休む !!

Pasted Graphic.tiff

トルコ原産西アジアによくある白ズッキー。どない料理してもうまい !!

Pasted Graphic 1.tiff

サツマイモの蔓上げ。サツマイモのつるには節があってそこから発根して芋をつける。それが多くなると一株から多くの芋が取れるが、一つの芋は小さくなる。そこで、除草を兼ねて一度蔓を上げて株元に芋が集中するように抑制する。この時期、サツマイモとツユクサが混在して伸びる。両者は色艶や伸び方が非常によく似ていて間違えやすい。鎌の先で示した方がツユクサ。

Pasted Graphic 2.tiff

今年は苗をたくさんもらったのでサツマイモの畝が多い。これは除草前。

Pasted Graphic 3.tiff

除草中。蔓上げは片側からやる。地を這う蔓を切らないように慎重に反対側へ倒し、その下を除草する。

Pasted Graphic 4.tiff

昨シーズン、インディカ米「サリークイーン」を栽培した田んぼは、秋からパン用小麦「ミナミノカオリ」を栽培し、今シーズンは畑としてインゲンや大豆を植えている。異常気象で、やっとインゲンから蔓が出たのでネット。大豆は倒れやすいので支柱がわりに竹を渡して茎を結わえる。

Pasted Graphic 5.tiffPasted Graphic 6.tiff

田んぼの水路の除草。

Pasted Graphic 7.tiff

赤米「神丹穂」は、倒れやすいので早めに予防柵を張る。ネットの間を穂が伸びて、こうべを垂れる頃にはネットに支えられて倒伏を免れるという寸法。

Pasted Graphic 8.tiffPasted Graphic 9.tiff

極晩稲の黒米「紫黒苑」、今年はしっかり成長している。田んぼの溝位置を変更したので、畝の状態に左右違いがある。左の新しく土を持った部分は、土がまだ柔らかくも代掻き状態に近いので分蘖も旺盛。右は土も固く植え位置も水面より高いので、生育は左程ではない。

Pasted Graphic 10.tiff

苗代跡地に植えた「神丹穂アルビーノ」・「タイの香り米」などはタネの保存用。

Pasted Graphic 11.tiff

細かいところを終えて全体を草刈り。

Pasted Graphic 12.tiffPasted Graphic 13.tiffPasted Graphic 14.tiffPasted Graphic 15.tiff

蔓上げしたサツマイモは、一旦地面に寝転んでしまうが、一夜開けると夜露を吸って匍匐前進を再開する。

Pasted Graphic 16.tiffPasted Graphic 17.tiffPasted Graphic 18.tiffPasted Graphic 19.tiffPasted Graphic 20.tiffPasted Graphic 21.tiffPasted Graphic 22.tiff

posted by jakiswede at 00:00| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月12日

20180812 日照り続き

Pasted Graphic.tiff

お天気情報によれば未明から雨が降ってることになってるが、このようにかんかん照り。もうかれこれ一ヶ月も雨がない。気温はそう高くないが湿度が高く大変苦痛・・・の中、畑で黒大豆の棚仕立てをしていたら、このかちんこちんの土の上にイネが育っている。危うくヒエと間違えて抜くところだった。見回すとあちこちにイネの姿が・・・それも結構よく育っている。ここは昨シーズンサリーちゃんを植えたところなので、これはサリーちゃんに違いあるまい。さすがインディカ系統、暑さと乾燥には強そうだ。

posted by jakiswede at 00:00| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月10日

20180810 ヒェェェェェッ・・・!!

Pasted Graphic.tiff

おっとっと・・・あんだけエラそうな啖呵きっといてこんなもん生やしとったらシャレならんわな・・・抜いとこ・・・

posted by jakiswede at 00:00| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月09日

20180809 心頭すでに滅却されつくし

Pasted Graphic.tiff

心頭はすでに滅却されつくして火もまた涼し。シーズン前半のゴールが見えて来た。あと実働三日てとこかな。相変わらずレッドゾーン振り切り状態。ゴールネット突き破ってバックパネル粉砕したる。

posted by jakiswede at 00:00| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月08日

20180808 立秋

Pasted Graphic.tiff

立秋。秋風に、吹かれてたぐる、サツマイモ・・・気温34℃を涼しいと感じるこそ、すでに心頭が滅却されたものと思われ・・・コリアンダーを脱穀した枝で箒を作るなり。掃くほどに、漂いきたる、香りやな。

posted by jakiswede at 00:00| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月01日

20180801 少しは人の迷惑も・・・

Pasted Graphic.tiff

 台風に煽られた隣の施設の備品が飛ばされて田んぼ中に散乱し、稲をなぎ倒してしまった。破片を回収し、茎から折れた稲はできるだけ伸ばして立て直す作業に三日もかかってしまった。これでなんとか持ってくれれば良いが・・・

 長い間畑を放置してしまったので点検。トウモロコシは風に倒されたものと思っていたが、どうも様子がおかしい。鳥に食べられない品種ということで植えてみたが、鳥でなければ獣だ。明らかに引きずり倒して、実の出来かけた房を食いちぎっている。房ごと散乱しているのは、鳥ではない。今年は田んぼもヌートリアが畔に穴を開けまくるので、まさに炎天下のイタチごっこに奔走しているのだが、あるいはこれも奴らの仕業か・・・隣接するバジルをなぎ倒されたくないので、成長中だが一部を残して抜き捨てる。隣接するプロの畑でも、堅固に囲ってある中のトウモロコシがほぼやられてる。鳥ではない。自慢の白ズッキーも、脇芽が出はじめると食いちぎられて、株ばかり大きくなって全く進展しない。他の作物もほぼ全滅に近い。大豆だけはなんとかいけそうだ。

 夏至からひと月以上が経ち、夕刻には秋風も感じられるようになった。19時が暗くなり日も短くなった。土手の大穴から吹き出す水をなんとかし終えてふと隣の田んぼを見ると、なんと薄暗がりの中、三反田のグルリを鎌で草刈りする隣のおばあちゃんの姿が・・・ああ、師匠・・・

Pasted Graphic 1.tiffPasted Graphic 2.tiffPasted Graphic 4.tiffPasted Graphic 5.tiffPasted Graphic 6.tiffPasted Graphic 7.tiffPasted Graphic 8.tiffPasted Graphic 9.tiff

posted by jakiswede at 00:00| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月30日

20180729 台風一過

Pasted Graphic.tiff

台風は過ぎました・雨風もパタリとやみました。だいたい5時間程度、何年かぶりに恐怖を味わうほどの直撃でしたが、実害は、さほどでは・・・なく・・・まあこれから復旧します。西の方、突然風雨が強まるのでご注意あれ。

Pasted Graphic 1.tiffPasted Graphic 2.tiff

posted by jakiswede at 00:00| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月29日

20180726 田の除草終了

Pasted Graphic.tiff

抜けた !! やっと終わった。雨が上がって炎天下の猛暑が始まってからやからきっちり2週間もかかってるわ。大幅に予定を遅らせて田んぼの草取り終了。例年なら梅雨空の天然日傘の下で5日もあれば仕上げて、梅雨明け前に畑も片付けてるとこや。それが全く身に堪える日差しと猛暑で最初の数日間は体が全くついていけず、暑さに慣れても通常の半分以下のペース、しかも三年積んだ古茅の下でランナーを伸ばし、反撃のチャンスを伺っていたセリの猛反撃をまともに食うて両手の爪は剥がれる寸前、おまけに豪雨と猛暑で流れ出た近隣の有機肥料の強烈な悪臭が部屋に充満して休まるところがなく、豚小屋に腐ったチーズの塊を積み上げたような匂いにたまらず窓を閉め切ってサウナ風呂状態のなかで寝起きして、満身創痍を通り越してたぶん全身のタンパク質がだいぶやられとるやろ。しかし考えてみたらこの苦難に立ち向かわざるを得なかったからこそ倒れずに過ごせたのかもしれぬ。もし例年通り草取りに手間もかからなかったら、することがなくて暑さだけが身に堪え、たちまち熱中症にやられてたかもしれぬのだ。しかし感慨にふけっている時間はない。この二週間全く雨が降ってないのだ。ホースで水をやってもたちまち干上がって、野菜どもはほぼ植えた時から成長していない。このまま猛暑と日照りが続けば、今シーズン前半の野菜はほぼ全滅であろう。稲は大丈夫、豆も大丈夫なので、とりあえず食うには食えるが・・・

Pasted Graphic 1.tiffPasted Graphic 2.tiffPasted Graphic 3.tiffPasted Graphic 4.tiffPasted Graphic 5.tiffPasted Graphic 6.tiffPasted Graphic 7.tiffPasted Graphic 8.tiffPasted Graphic 9.tiffPasted Graphic 10.tiffPasted Graphic 11.tiff

posted by jakiswede at 00:00| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月22日

20180722 炎天下の除草

Pasted Graphic.tiff

台風が去って大雨が行ったと思たら平年より10日以上早く梅雨が明けて猛暑が来て・・・例年なら天然の日傘の下で、それでも辛い田んぼの除草、今年はまさかの炎天下、しかも「命に関わるほどの暑さ」、田の水は熱いほどの湯になっていて、稲の高温障害を心配するも、そんなことより自分の命を心配しろよと、ほんまに身の危険を何度も感じつつ、メインの「豊里」田んぼの除草を終わり、あとは「サリークイーン」3畝で実働三日、全部でかれこれ一週間ほどかかることになる。草は全て手でとる。日本人なら誰でも米の飯を食う。今は機械と肥料と農薬で大量生産するが、そんなものがなければこうする以外にない。やらなければやられる。作柄は個人差などあるが、私の場合年間150kg程度。スーパーで買えば安い。それを死ぬほどの思いをしてなぜ手作りにこだわる ?? 答えは一つ。いずれやらなきゃならないときがくるから。体が疲れはてると余計頭が興奮して、暑さが疲労に追い打ちをかける。しかも、実はちょっと言えない事情で、この猛暑のなか、窓を締め切らざるを得ない状況なのだ。平たく言えば「畑の香水」を大量に製造してしまった人があって、それが寝室と台所の窓の直下に大量に蓄積されている。室内温度43℃の中で生活している。保冷剤と体温計が手放せない。眠ると体温が上がって水風呂に飛び込む。冷たい水の飲み過ぎで神経をやられてる。しかし、逃げることはできない。おわらせるまでは・・・

Pasted Graphic 1.tiff

posted by jakiswede at 00:00| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする