2020年07月03日

20200702 突破

KIF_7751.jpeg

 田植えをしたらスイッチが入ってしまった。亡くなった村の顔役の敷地との境を区切る溝を復元して、田んぼの排水路を確保する (ホースの右)。生い茂った立木の根が多数溝を横切っているので、それらを全て断ち切りながら深さを確保していったのだが・・・農地の中に謎の塩ビ管と、硬くて鋸の歯も立たない太い根っこの下を潜らせる形で、なんとか完成。

KIF_7752.jpegKIF_7753.jpeg

posted by jakiswede at 00:14| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2020 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20200701 半夏生

106639683_3070563516369216_2790840133075709981_n.jpg

 自然農の先達、Morning Dew Farmの中野さんの田んぼの田植えにお邪魔しました。田んぼの作り方、田植えの仕方・・・私は人に教わることなく体当たりで田んぼを借り、いきなり農作業の循環の中に身を置いてしまった。あとは、ひたすら作物の成長と季節の移り変わりに追われて、走れるだけ走り続ける日々・・・考える余裕も、人様の考えを取り入れる時間もなかった。ある意味、自分のアタマで考えたことしか実行できない、聞く耳を持たない性格は生来のものだ。その結果、集落で対立し、謹慎処分状態にあって、いわゆる農家資格剥奪の危機にさらされている。自業自得だ。この、私の置かれた状況について、深く考えさせられる良いチャンスをいただいた。

 田植えの仕方、田んぼの作り方・・・それだけをとってみても、土台から考え方、実践に至るまでの一貫した哲学が、中野さんの田んぼと田植えには、しっかりと息づいている。しかも、毎年、時間・季節・仕事に追われながらも、ブレることなく連綿と続けておられる。それを人に伝えようとする気迫が違う。人徳という言葉があるが、私はそれを見せてもらったような気がした。だから彼のところには人が集まるのだ。私は、自分がまだまだ甘いなと思い知らされた。行動でしか物事を考えることのできず、きちんと学ぶことをしてこなかった私の欠点だ。人に伝えることができないから、人と対立してしまう。その結果が、今シーズンの私である。

 私が今シーズンの謹慎を強いられたのは、村人の陰謀ではない。そうせざるを得ないように、私が持っていってしまった結果である。私が田圃を借りて、周囲と違うやり方を始めたとき、周囲に理解されるように努力したか。百姓を始めたことをネットで言いふらして人が集まってきたとき、周囲とトラブルになることを予測しなかったか。ここで暮らすということは、心を開いて村の一員になるということだと思って移住してきたのか。すべて「No !!」ではないか。だから村人は不安を抱き、その不安を取り除くために法に縋った。それを、法を盾に自分を排除しようとしていると解釈した私は、法を以て対抗しようとした。法理論上は、私を排除することはできない。しかし、人の心は理論で動くものではない。だから、村の顔役と激しい口論の直後、その人が死んでしまった原因を、持病ではなく、私との口論にあったと解釈するのは、心情的に理解できる。法を盾に取れない以上、嫌がらせするしか、残された方法はなかったはずだ。そこまで彼らを追い込んだのは私だ。いくら理論上は正しくても、やって良い時と場所を弁える必要があったのだ。だから、このような仲介がなされたのだ。

 もし私にしっかりとした哲学があれば、理論ではなく、心のこもった正しい生き方の哲学があれば、必ずや理解は得られたはずである。私はここへ移住してきてからの13年間、間違った道を来てしまったようだ。正しい道があったはずだが、それに全く気づかず、自分の不遇ばかり嘆いていたのではないのか。そのようないじけた心で田圃を作り、田植えをするから、私の中途半端が田んぼに映し出されるのであろう。それをプロの百姓が見抜くから、村人は不安になるのであろう。正面突破したなどと粋がって、その実、自分の都合の良いようにしか農作をしてこなかったではないか。だから結果が出ないし、足りない分を経済のせいにする。ダメだこりゃ・・・

 それが証拠に、私の田んぼは、形だけは自然農風であるけれども、生物多様性の循環の中に作物が組み込まれているわけではない。稲苗の植え方もまちまちである。それより、私自身が、土や水の状態を、よく把握できていない。結果として、収穫量が低い。これでは「農」とはいえない。
posted by jakiswede at 00:11| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2020 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月28日

20200627 自家製豆板醤本仕込

KIF_7718.jpeg

 自家製豆板醤の仕込み。調べれば調べるほどわからなく、というか、豆板醤の種類が多すぎて、全く千差万別ほぼお手上げ状態。そもそも原料も気候も違うので、それぞれの気候風土と原料に合わせた製法を取ることができないでいる。ソラマメの発酵のさせ方が全く違うし、赤唐辛子の品種も状態も全く違う。日本の山椒の風味も豆板醤とは全く違う。なのに日本で手に入る、あるいは自分で栽培できる近親品種で代用すること自体、違うのだ。仕方がない。霉豆瓣を作るのにも、日本で醤油を仕込む際の発酵方法を使った。これからして違う。百も承知だ。ここから先も違う。500gの霉豆瓣にごま油を2ℓも放り込む方法もあれば、油を全く使わないレシピもある。油を先に加熱して唐辛子や山椒の香りを移す方法もあれば、冷暗熟成の製法もある。霉豆瓣の何倍もの唐辛子を放り込むものもあれば、仕込みに使う香辛料の総量が霉豆瓣とほぼ同量のものもある。気候が違うのか、緑色の新鮮な山椒と、赤く熟した唐辛子が同時に収穫されているが、日本ではそのようなことはない。いずれかは保存された乾燥原料を使うことになる。しかも、いずれも三年熟成なので、結果が出るのは3年後、それまでは結果を見ずに作り続けることになるので、霉豆瓣を仕込んで二ヶ月、とりあえず自分の都合に合わせてもっともらしいと思われる方法で、使った原料と量目を記録しておいて、作業を進めることとする。配合は、以下の通りである。

KIF_7719.jpeg

 2020.04.26-30 原料の異なる三種類の霉豆瓣をまず作った。ついでに、醤油を絞った後のもろみを有効活用すべく、4つめの原料とした。

  購入はじき豆300g・神戸の輸入業者で扱っている中国産の乾燥ソラマメを炒っただけのもの

  赤ソラマメ250g・鳥取で購入した乾燥ソラマメを脱皮せずに使用したもの

  自家製ソラマメ350g・自分で栽培しているソラマメを炒って脱皮したもの

  鶴の子大豆の醪400g・2017年に仕込んだ醤油を絞った後のもので塩分を約16%含む

KIF_7722.jpeg

 鶴の子大豆の醪400g以外は、すべて蒸して醤油麹をつけて養生し、通常通り派生を見てから塩切りを兼ねて、以下の処理をした。

 高度白酒250cc・胡麻油125g・塩250g

 鶴の子大豆の醪400gは、もともと発酵済みで塩分も含まれていることから、この段階では加塩せず、それ以外のものだけ混入した。

 以上を二ヶ月熟成、この間毎週攪拌した。

KIF_7721.jpeg

 本仕込みは、鶴の子大豆の醪400g以外の三種類については全く同じ方法をとり、鶴の子大豆の醪400gについては、味見の結果、塩分が足りなかったので醤油100ccを加えた。

 胡麻油400g・なたね油100g・中国産乾燥麻椒100g・自家製乾燥赤唐辛子200g・自家製乾燥生姜10g


 これでいいのかなあ・・・

posted by jakiswede at 00:11| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2020 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月16日

20200616 梅雨の晴れ間

KIF_7600.jpegKIF_7601.jpeg

 梅雨の晴れ間、ソラマメとエンドウの完熟を確認してこれらを収穫し、柵と棚を撤去、あわせてインゲンと胡瓜苦瓜の柵を立てる。ソラマメとエンドウは鞘から外して太陽に当て、乾燥と虫の駆逐。大根・タマネギ・ネギの種取り。

KIF_7604.jpegKIF_7603.jpegKIF_7602.jpegKIF_7606.jpegKIF_7608.jpeg

posted by jakiswede at 00:00| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2020 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月14日

20200614 夏への扉

KIF_7576.jpegKIF_7578.jpeg

 食は夏になる。ミシンの使い方もだんだんわかってきた。

KIF_7622.jpeg

posted by jakiswede at 00:00| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2020 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月11日

20200611 農作業自粛

KIF_7572.jpegKIF_7571.jpeg

 人に農作業を辞めさせておいてどうするのかみていたのだが、全く触る気配もなく、梅雨は押し迫ってくるので、農地法上の管理責任者たる私は止むを得ず雨季の排水を図るために溝切りと周囲の草刈りをやった。

KIF_7563.jpegKIF_7564.jpegKIF_7565.jpegKIF_7567.jpegKIF_7566.jpeg

posted by jakiswede at 00:00| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2020 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月05日

20200605 田植えの予告

KIF_7479.jpegKIF_7526.jpeg

6/20頃かな・・・
posted by jakiswede at 00:00| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2020 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月03日

20200603 梅雨入り直前

KIF_7527.jpegKIF_7546.jpeg

 今週後半には梅雨に入る。乾き物の始末をつけておく。

KIF_7497.jpegKIF_7496.jpeg

posted by jakiswede at 00:00| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2020 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月02日

20200602 ベト病のタマネギも早めに

KIF_7492.jpegKIF_7495.jpeg

 タマネギは、晩生の場合、ニンニクよりやや遅れて収穫期を迎える。ここ数年「ベト病」が多発しているので、葉が倒れはじめたら、数日晴れの続いた時に早めに収穫する。畔の日向に半日ほど並べて根と土を乾かし、日陰に数日ころがして葉の付け根が乾くのを待つ。

KIF_7531.jpegKIF_7532.jpeg

乾いたら茎の折れたところで切ってネットに入れて軒下に吊るす。紐で束ねても良いが落下することがある。1kgくらいなら潰れることはない。秋にタマネギごと植えたものは、トウ立ちして開花している。タネができたら採取して冷蔵保存し、9月に種まきして11月に定植する。

KIF_7477.jpegKIF_7489.jpeg

posted by jakiswede at 00:00| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2020 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月28日

20200528 ニンニクは青いうちにとる

KIF_7440.jpeg

 ニンニクは、まだ葉が緑のうちにとる。試し掘りして大きさを確認する。

KIF_7442.jpeg

posted by jakiswede at 00:00| Comment(0) | 農作業食品加工日誌2020 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする