2020年12月30日

20201230 Social Distance

 あのなあ・・・頼むからスーパーに大挙して買い物に来るのはやめてくれ。一家族一人にしてくれ。お父さんは荷物運び頼まれてんのやろけど車で待っててくれ、携帯電話があるやろ、買い物済んだら出口まで迎えに来て車に積み込んでくれたらええやん。特になあ、買い物に付き合わされてるお父さん、ここはあんたの会社とちゃうねん、あんた会社では重要なポスト担うてはるやろから誰も決して邪魔者扱いせんやろ、しかしな、そこで腰に手当てて仁王立ちされたら通路の邪魔になってしょうがない。そこで人が滞留する、こっちも商品を補充する邪魔になるし、お客さん相手にどいてくれて言われへん。頼むから子供連れて外で待ってて寒いやろけど。それからなあ、レジに並ぶ時だけ間隔あけるんちゃうねん。店の中は全部やねん、かまぼこはようけある。えびもようけある。群がらんでも行き渡る。ちゃんと仕入れてちゃんと出してるから慌てるな。それにな、なにもかまぼこやえび食わんかて時間が経てば年は明ける。今回くらいええやないか。ついでに言うけどな、商品に触った手が汚染されてるかもしれんから消毒したいのはわかる。でも使ったウェット・ティッシュその場に捨てるのはやめてくれ。くしゃみした後マスクを交換したいのもわかる。でもその場に捨てるな。掃除専門のスタッフ置けるほど余裕ないねん。拾うんは我々やねん。拾ったその手で次の商品出すねん、それは仕方ないねん。ええか、あと一日ある。頼むから認識を変えてくれ。ここは戦場やねん。しかも最前線や。もろに三密で空調も追いつかへん。でもそんなこと言うたら客こんようになるから「いらっしゃいませ」言うてんねん。1日一万人超える来店客数の中から一人でも陽性者でたら休業やねん、そないなったらみんなの毎日の買い物ができひんようになるんやで。店は、今は遊びに来るとこちゃう。戦場や。俺はまだ死ぬわけにいかん。だからみんなで守らなあかん。わかったか ??

posted by jakiswede at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月17日

20201217 The Great Conjunction

PC170084.JPG
posted by jakiswede at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月05日

20201205 Mac OS 11 "Big Sur"

スクリーンショット 2020-12-05 15.06.03.png

 爽やかな青空続きだというのに、私は地下に潜ったり白蟻の足跡を追い回したり、今日は断続的に昨夜発生したMac OS 11によると見られるトラブルと取り組んでいる。OSをアップグレードしたら、アドレスブックが吹っ飛んだ。アップル・サポートもお手上げの事例で、多分ファイルが破壊されて修復不可能との診断だったが、もちろんバックアップは取ってあるので、またしてもかなりキワドイ裏街道を早駆けしてなんとか解決した。Mac OS 11 ≪ Big Sur ≫ は、さまざまな初期不良が報告されているが、私の場合それらには見舞われなかった代わりに、まだネット上でも報告されていないこのような症状で仕事の手が止まった。まあいつものこっちゃけど、あっぷるさんあんじょうたのんまっせほんまに・・・

KIF_8434.JPGKIF_8439.JPG

 Mac OS 11上の「連絡先」アプリケイションを立ち上げると、殆ど全ての連絡先カードが白紙になっていたものである。バック・アップから復元しようとすると、「読み込みますか」の質問に対してどう答えてもエラーを起こし、脱出できなくなる。ファインダーより強制終了。

KIF_8444.JPGKIF_8445.JPG

 解決方法の結論のみ。バックアップフォルダにあるMacintosh HD - Data / ユーザ/ ユーザ名/ ライブラリ・・・と進むのだが、ここが裏街道への闇の分岐点で、「ユーザ名」を入れた段階で、ファインダーウィンドウではなく、プルダウン・メニューから「option」キーを押しながら「移動」を選ぶと、その時だけ「ライブラリ」が表示されるので、そこから入る。これは技術者でないと知らないやり方。その後、ファインダーウィンドウで Application Support / AdressBookと進んで、これをタイムマシンを使って復元する。まだ検証されていないバグと思われるので解決してアップルちゃんへレポート、さてバイト行くか・・・

KIF_8447.JPG

posted by jakiswede at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月21日

20201121 ツキノワボロボロ

KIF_8330.JPG
なんにちか姿を見ないので、やっと独り立ちしたかと思っていたら、ボロボロになって帰ってきよった。こいつのことやから相手の見境なしに喧嘩ふっかけて返り討ちに遭うたか、罠に引っかかって強引に正面突破したか・・・
posted by jakiswede at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月10日

20200910 絹道遺産

118776484_10217974685934435_7461984683602256674_o.jpg
 写真家の三田崇博さんとは、2017年の「Uyghur-Pamir 東トルキスタンイスラム共和国連帯の旅」の往路、ウルムチ国際空港を突破しようとして知り合った仲である。氏はその後、密命を帯びてイーニンを経てカザフスタンへ抜け、私はタクラマカン砂漠の中心にあって今なお伝統的な生活を守るケリヤ人に接触すべくホータンへ飛んだ。その後の顛末は下記リンクにある通りである。


 今から考えてみれば、その旅はもしかしたら今までの全ての旅よりも、すなわち1991年のザイール奥地への旅よりも、2010年の世界一周旅行でのブラジルやコンゴ赤道州の旅よりも、はるかに危険なものだったのかもしれないと思い返している。というのは、2017年は、チベットを恐怖に陥れた、あの悪名高い陳全国行政長官が新疆ウイグル自治区に赴任して間もない頃だったからである。ケリヤのバス・ターミナルで降りた直後、いきなり武装警察に取り囲まれて連行された時の、ウイグル人警官たちのうろたえぶり、その後ずっと尾行され続けたこと、些細な接触をも避けようとする現地ウイグル人たちの素振り・・・今から思えば、そのいずれかのタイミングで拘束されていても何ら不思議ではなかったはずだ。それがなんの殺気もなく、危険な予兆もなく、つまり彼らウイグル人でさえ意味も分からずに命令されて動いていただけに、全く予期せぬ平穏の中で行われていた。それが最も恐ろしいことだ。敵意を持って近づいてくるものを避けることはできる。しかし、それがない場合は予見できない。あの旅のあらゆる場面を思い出すたびに、よく生きて戻れたと胸を撫で下ろす。

KIF_7987.jpegKIF_7988.jpegKIF_7994.jpegKIF_7995.jpeg

 というわけで久しぶりに大阪へ出てみると、まあなんと人のおらんこと。道頓堀が、宗右衛門町が、相合橋が・・・今日の探索は中国東北料理。美味くも不味くもなかったが、味が濃くて量が多い・・・しかし諸外国を旅していて思うことは、現地の庶民の味って、こんなんよね・・・エグくて濃くて量が多い。店は、日本人が入ってくるとは全く予期していなかったみたいで、近隣中国人のたまり場感満々だったが、若いのがカタコトのニホンゴで親切に勧めてくれたんで楽しめた。ひとりひとりの中国人と、中国政府のやってることの、この極めて大きな齟齬が、まさに中国を体現している感。

KIF_7993.jpegKIF_7992.jpegKIF_7991.jpeg
posted by jakiswede at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月05日

20200904 「コテツ♀」

KIF_7640.jpeg_MG_6360.jpeg

 「コテツ♀」・・・5匹のうち唯一のメスであった。ハチワレの白い部分が最も小さく、鼻も黒かった。離乳期までは兄弟たちと暴れていたが、やがてオス猫のテンポについて行けずに取り残されることもあり、そんな時には私に甘えてくることもあった。しかし警戒心が強く、私に近づかないこともあった。たぶん「セジロ」が譲渡された直後に行方不明となり、約一週間後に中庭の排水管の中で死んでいるのが見つかった。その排水管はごく短くて、二度曲折があって外とつながっており、子猫の格好の隠れ場所であり遊び道具だった。しかし成長と共に通れなくなっていたはずである。なぜそこに入ったのか、なぜそこから出られなかったのか、なぜ助けを求めなかったのか、謎である。発見に至ったきっかけは臭いだった。当初は糞尿の匂いかと思い、トイレの土を交換し、中庭を清掃した。しかし収まらず、中庭に置いてあるものを動かして探しても見つからなかった。残るは排水管しかなかったので、ホースの水を強く当てると、激しく腐乱し、骨も露わになって内臓も出た、見るも無残な状態で流れ出てきた。かわいそうでしかたがなかった。たとえそんなところに入ったとしても、数日は生き延びるはずである。生きていれば声もするはずである。中庭の、毎日のようにその上を通る場所で、その声が聞こえないということは考えにくい。つまり、そこへ入って動けなくなって程なく絶命したものと思われる。何かに襲われてそこへ逃げ込んだか、逃げ込んで曲折を通り抜けられずに襲われたか、私は毎日17時間程度はここで過ごしているので、たまたま私がいなかった7時間以内にそこへ逃げ込んで絶命したものと思われる。苦しかったかもしれぬ、痛かったかもしれぬ、あのつぶらな目を思い出すたびに、かわいそうでならなくなる。

KIF_7484.jpegKIF_7487.jpegKIF_7515.jpegKIF_7523.jpegKIF_7637.jpegKIF_7661.jpegKIF_7709.jpegKIF_7668.jpegKIF_7912.jpeg

 最後の写真は、おそらく彼女がいなくなる直前のものと思われる。左上に映り込んだ横顔である。

posted by jakiswede at 00:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20200904 「セジロ♂」

_MG_6334.jpeg

 「セジロ♂」・・・ハチワレで背中に白い毛の塊があるのでこの名にした。略して「セジ」と呼んでいた。5匹の子猫の中で最も美形である。鼻と口周りの肌色が美しく、ハチワレの柄も調和が取れていて、髭や眉毛が白いのも良い。見事な造作である。授乳期の成長は最も早かったが、乳離しはじめてから、大きさでは他の猫に遅れをとった。しかし性格は活発で狩にもよく出かけ、獲物を咥えて戻ることも多かった。強気であまり私には懐かなかった。「ハナクソ」と同じ農家に引き取られていった。活発なもの同士、元気に狩に勤しんでくれることを期待する。

KIF_7549.jpegKIF_7670.jpegKIF_7590.jpegKIF_7559.jpeg

posted by jakiswede at 00:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20200904 「ハナクソ♂」

_MG_6333.jpeg

 「ハナクソ♂」・・・ハチワレで鼻の片方だけが黒いのでこの名にしたが、略して「ハナ」と呼んでいた。最初に里親候補が現れた。三田市広野の大きな農家で、飼い猫というより害獣対策用の狩猟猫である。ここで学んだことが生かせる職場であって、本来の力を発揮するであろう。もともと独立心が強く、あまり私にも懐かず、狩に出たまま数日帰ってこないことも多かった。体も大きく、触ると筋肉に力が漲っていた。譲渡直前には、他の猫よりも乳を吸う時間も少なくなっていた。最初の譲渡だったので、一度目は失敗し、一週間ほど様子を見て、落ち着いている時に捕獲すると、意外に暴れなかった。

KIF_7483.jpegKIF_7505.jpegKIF_7485.jpegKIF_7588.jpegKIF_7708.jpegKIF_7735.jpeg

posted by jakiswede at 00:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20200904 「ツキノワ♂」

KIF_7631.jpeg

 「ツキノワ♂」・・・全体に黒いが、首の周りだけ白い毛がある。ヤンチャな目をしているのが特徴で、幼い頃は、きょうだいたちが遊びまわっていても、一匹だけ離れて空を眺めているようなところがあった。妙に私と気が合って、こいつだけが私の膝に乗ってくる。ロマンチックなところと無鉄砲なところが同居していて、空を眺めているくせに、獲物を見つけたら先頭を切っている。あるとき隣の農園の檻に捕まって泣き喚いていたのを救出したが、たぶんそのとき暴れたのか、顔面にかなりの傷を負った。彼一匹は母猫のもとに残して、自然な巣立ちを観察することにした。

_MG_6342.jpeg_MG_6348.jpeg_MG_6354.jpegKIF_7539.jpegKIF_7584.jpeg

posted by jakiswede at 00:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20200904 「まっくろ♂」

_MG_6346.jpeg

 「まっくろ♂」・・・全身真っ黒なのでこの名にした。5匹のうち最も痩せっぽちでおとなしい。近所の農家に引き取られたが、害獣駆除用ではなく、室内愛玩用である。引き渡したその日のうちに去勢やワクチン摂取を施されたようである。本来は、「コテツ♀」と一緒に譲渡されるはずだったが、「コテツ」が虚しくなってしまったので単独で引き取られた。ほっそりとして立ち姿に気品がある。足の運びが子猫として愛嬌がある。私にも比較的よく懐いていて、膝にも乗ってくるし、抱き上げても抵抗しない。性格は控えめで、餌の取り合いには負けてしまうことが多い。

_MG_6317.jpegKIF_7579.jpegKIF_7626.jpegKIF_7658.jpegKIF_7922.jpeg

posted by jakiswede at 00:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする