2017年03月23日

20170323 Pearl Modern Jazz

Pasted Graphic.tiff


 やってもた !! 断捨離や金欠や言うときながらドラムセット買うてもた・・・とあるリサイクルショップ物色に行ったら倉庫の陰から熱い視線が浴びせかけられてな、なんやと思うて見に行ったらこいつがおったんや。


Pasted Graphic 1.tiff


 店主と交渉してなんとか三千円で手打ってもろて、持って帰ってきてちょっと拭いて組んでみた。これね、1960年代か70年代のパールの「Modern Jazz」というモデル。ジャズに特化した設計で、これのワンランク下の普及セットが、われらが高槻中学軽音楽部にあってな、それこそまさに私の初ドラム体験やったわけや。


Pasted Graphic 2.tiff


 せやし独特のタムホルダーの調整の仕方も熟知しとる。売り手はさっぱりわからんと適当に突っ込んであったけどな、これちゃんと使えるんや。だいぶ汚れてるし錆びてるが、バラして磨いたら綺麗になるやろ。ああまたやってもた・・・俺はなんちゅう意志の弱い人間なんや・・・(;_;)


Pasted Graphic 3.tiff


posted by jakiswede at 00:00| Comment(0) | もちものじまん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

20161105 カリーナちゃんミラー

KIF_4003.jpg


 愛車カリーナちゃんのフェンダー・ミラーの根元がいよいよ崩壊しはじめたので、替わりのパーツを探していたのだが、適当なものは見つからず、ミニ・クーパーの汎用品をネットで購入。


KIF_4004.jpg


 ちょっとかわいらしすぎるきらいはあるが、まあこの際、いたしかたあるまい。


KIF_4007.jpg


 フェンダーの内張りを外す。


KIF_4008.jpg


 従来のミラーを外そうとしたが、取り付けネジが細いフェンダー部分の奥にあるうえ錆びて固着して動かない。しかも車検対応でボンネットの突出部分が衝突時に人体に与えるダメージを最小限にするため、複雑な形状の斜め構造になっており、それを強いバネで維持しているため、ますます外れないのだ。仕方なく、ネジを回すのを諦めて、ネジはレンチで維持しながら、ボンネット脇へ手を伸ばして、非常に苦しい姿勢ながらミラー本体を無理やり回して引きちぎるように外した。カリーナちゃんに乱暴してしまった。


KIF_4010.jpg


 純正ミラーの取り付け穴はふたつ、今度取り付けるものは一つであるので、ひとつを内側から塞ぎ、塵取りをして塗装。さらに穴を保護するために白いカッティング・シートを買ってきて、ハサミで丸く切って貼っておいた。高級車みたいにノーブルな白ではなく、100円の白シートで違和感のない色調だったことは嬉しい。


KIF_4012.png

posted by jakiswede at 00:29| Comment(0) | もちものじまん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20161014 カリーナちゃんの窓にチュ

KIF_3693.jpg


 愛車カリーナちゃんの窓の開け閉めが硬くなってきたので注油。インパネの止めネジを外して開閉ハンドルを中心にぐるっと回せば、防水シートに開けられた注油窓が現れる。


KIF_3694.jpg


 窓ガラスは、ちょうどマジックハンドのような交差する金属ステイの上にガラスが乗ってる構造で、そのステイの脚を開閉して窓を上下させる。そのスライド部分に注油すれば開閉が軽くなる。


KIF_3695.jpg


 ステイは2点支持なので、両側とも注油。軽くなったところで、ヤフオクに出品してあったドラムセットPearl: President Export 22+12+13+164点セットが落札されたので納品に行く。神戸春日野道のクラブのライブ用に使われることになる。近場なのでメンテナンスもできるから、落札者にも喜んでいただき、大変良い取引となった。ドラムセットも嬉しかろう。


KIF_3696.jpg

posted by jakiswede at 00:15| Comment(0) | もちものじまん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20170203 carinaとやむさい

Pasted Graphic.tiff

先日、私の愛しいカリーナちゃんが居眠りねーちゃんにカンチョ→されちゃったんやけど、その修理が上がって取りに行ったら、工場でやむさい号と仲良く並んでた。ハイゼットのエンジン載せ替えで程度の良いのんを探してるみたい。お心当たりある方は、是非情報お願い !!

posted by jakiswede at 00:00| Comment(0) | もちものじまん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月08日

20160908 jakilokole

Pasted Graphic 5.tiffPasted Graphic 4.tiffPasted Graphic 3.tiffPasted Graphic 2.tiffPasted Graphic 1.tiff


ドラム関係ヤフオクに出品しました。

http://sellinglist.auctions.yahoo.co.jp/user/jakilokole2000…


posted by jakiswede at 00:00| Comment(0) | もちものじまん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月04日

20160904 Timbales !!

Pasted Graphic 1.tiff


なんとTimbalesをもらいました。これは憧れの楽器でありながら、今まで縁のなかったものなのです。古くは小学生時代、サンタナの音楽に憧れてこの楽器の存在を知り、そのごファニア・オールスターズなどを通じ、Jose Chepito Alias, Nicky Marrerro, Victor Perezと尊敬する演奏家を知ったものの、自分で演奏する機会はありませんでした。いまでもないんですが、楽器が手に入ったので早速やってみました。初めて叩きましたので大変ヘタクソです。演奏家の方のツッコミをお待ち申し上げております。なにしろこの楽器、高低の位置がドラムやコンガなどとは逆なので、手順に迷うのです。そんな慌て振りも合わせてみていただければ楽しいよ。きょくはなんと、Angel Canalesの名曲に無謀にも挑戦。いただいたのはTimbales本体のみで、手持ちのドラムセットで組んでみました。




続きを読む
posted by jakiswede at 00:00| Comment(0) | もちものじまん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月01日

20160527 便所サンダル

KIF_2619.jpg


 いわゆる「便所サンダル」略して「便サン」・・・昔はどこにでも売られていて、数百円で何年も持つ丈夫なものが当たり前だったのだが、希態に小洒落たサンダルが幅を利かせてこーゆー基本アイテムが入手困難になった。先日インターネットで千数百万円もするのんを探し出してようやく注文できたのだが、昨日たまたま通りかかった履物屋に懐かしくぞんざいに置かれてあったので、種類の異なるものを二つ購入して、これから履き比べてみることにする。左のものが日本製、右二つは中国製である。

posted by jakiswede at 15:08| Comment(0) | もちものじまん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月14日

20160314 CIBIE

Pasted Graphic.tiff


CIBIEの白いランプはこっちにつけたほうが白いフレームとよく似合う。一時期のシトロエンを彷彿とさせるデザインは、さすがフランスらしい洗練を感じさせられる。ダイナモ点灯なので、市販のスイッチ付き単三乾電池4本入ボックスから給電。燈体はLED。自転車法上の「前照灯」には足りないものの実用性は十分。電池も半年程度は持つ。


Pasted Graphic 1.tiff

posted by jakiswede at 00:00| Comment(0) | もちものじまん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月18日

20160216 Q-3535再び復活

KIF_0838.JPG


 気を取り直して、とりあえず真空管を購入した先へ、恥を忍んで訊いてみた。なにしろこっちはシロウトなんだから。幸いにして、バイアスの過電圧程度では、ヒューズは飛ぶものの、回路も真空管も破損することはほとんどないが、ねんのため真空管を全部外してから、電源を入れてみて、何か変な匂い、音がするかしないかを見る。修理記録と回路図を出してきて、電源側から順に所定の電圧が出ているかをチェクする。トランスが逝かれているか、逝かれていないかは、2次側が所定の電圧に近いかどうかで判断。B電圧は高いし、電流値も大きいので、感電しないように充分に注意、悪くすりゃ一発であの世行き、まあ間違っても天国には行かんやろけどな、真空管が刺さっていないぶん高めに出るから衝撃も強烈やろ。次に、入力管というか、電圧増幅管だけを差してみて、点灯するか、また所定の電圧であるかを見る。匂い、音も要チェック。それから、出力管を差してみて、点灯するか否か。少し時間をかけると赤熱するようであれば、過電圧がかかっているのかも。命をすり減らす思いで、ほぼ1日がかりで全回路のチェックは終えた。とりあえず現状では大丈夫そうや。

 で、あらためてバイアス調整ボリュームを右に回しきってから、例の部分の測定を始めた。バイアスを最大にかけた状態では、プレート電流検出用の抵抗器の両端には電圧はほとんど現れない。徐々に左に回していくと、わずかずつ電圧が測定されたが、約45°あたりの狭い範囲で0.1V〜1Vへと急上昇する。0.5Vに合わせるのが非常に難しい。また、時間が経つと値も変わるので、さらに難しくなる。なんとか適正なポイントを見つけ出して暫定的に良しとし、入力をつないで音を出してみた。いや実に素晴らしい音であった。先のロシア製の真空管とは比べ物にならない。とりあえず音が出たことを報告し、各部の電圧確認の結果も良しとした。破損に至らないダメージはあり得る、それが徐々に広がる可能性を否定できない。いつ飛ぶかとひやひやしながら音楽を聴く状態は変わらない、やっぱりやめときゃよかった・・・


KIF_0856.JPG


 結論としては、真空管アンプの基礎を学ぶしかない。それは大変困難なことであろうが、別に全てのアンプを修理できるようになるのではない。このアンプをメンテできれば良いのである。何も知らないでは済まされない。右か左かの間違いに、「そんなこともわからないのですか」と言われるのを恐れ、真空管のフィラメントの明るさにばらつきがあるというと、「そんなもんです」と言われて唖然とし、「各部の電圧は、だいたい一割くらい多めに出るものです。大雑把なものです」と言われながらその気でいたら、0.5Vの調整が指の震えで大きくブレるほど繊細なものと知る。その脇を流れる400Vの高圧を針先でショートさせればあの世行き、調整用ボリュームの可動範囲だと思ってタカをくくっていると、最大値ではパーツを破損させることもありうる、という設計になっている・・・もう、なにがなんだかわからない。これではいかんのだ。落ち着いて取り組むしかない。

 とりあえず今回の経験での教訓、右か左かわからない場合は、真空管を全て外し、そのボリュームのアース側と真ん中から出ている端子との間を測って、どちらへ回せば電圧が上がるか下がるかを確認する事である。というのは、可変抵抗器というものにはX・Y・Zの3本の端子があって、X-Z間は固定抵抗で、その中間をYが移動する事により、X-Y間とY-Z間の抵抗値が変えられる。これを通常、X(入力側)・Y(出力側)・Z(アース) とする事によって、Y点がZ点に最も近い位置でX-Y間の抵抗値最大、X点に最も近い位置で抵抗値最小になる。これを通常のプラス電源では、左から右に回す事によって、すなわちYがZからY点がZ点に最も近い位置からX点に最も近い位置へ移動する事によって、電圧が最小から最大へ変化するように作られている。例えば音量調整ならば、右に回すと音が大きくなる。従って同じ配線にマイナス電圧をかけた場合、抵抗値が大きければ大きいほど、つまり左に回せば回すほど、マイナス電圧が抑えられる、つまり電圧は高くなる。逆に右に回せば抵抗値は低くなるので、マイナス電圧が最大限かかり、相対的に電圧は低くなる。バイアス調整は、プレート電流をどこまで流すのが適切かを制御するものであるから、右に回しきって左へ戻しながら電圧を測るのが正しい。ただし、配線が逆になっていれば操作も逆になる。だから真空管を外して、バイアス調整用のボリュームのアース側と真ん中から出ている端子との間を測って、どちらへ回せば電圧が上がるか下がるかを確認するのである。Q-3535の場合、右へ回しきった状態で-70V前後であった。

posted by jakiswede at 23:22| Comment(0) | もちものじまん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20160204 続Q-3535みたび

KIF_1804.jpg


 「処分します」と宣言しておきながら、やっぱりコレ見てるとつい愛着が湧いてきて、最後に一度だけ、自分で修理してみようと思い立った。物を大切にするのは確かに良いことなのだが、それには当然カネがかかる。ほぼ無職風情で所持金の底がくっきり見えているというのに、またしても万単位の散財、本当に悪い癖だと思う。もちろん家電量販店で新品のアンプも物色した。アナログ音源が綺麗に再生できないものは問題外。録音済みのテープと小型カセットデッキに、RCAラインケーブルを持ち込んで、サンプル機のLine Inに接続して音を聞く。しかし手の出る常識的な価格のものは、もう全然お話にならない音だ。結局、大阪へ出たついでに日本橋の試聴室付きの専門店でも話し合ったのだが、やはり数十万規模の出費でないと、アナログ音源のまともな再生は望めないという結論に達した。もちろん数十年前なら話は違う。しかし数十年前の機材は、ほとんどケミカルがヤラれているので修理前提となる。という堂々巡りで、結局コイツを修理するのがもっとも安上がりで、最も贅沢な選択肢だという助言を得て、意を決して新品の真空管を購入した。


KIF_1829.jpg


 今回の故障は原因が出力管に特定されているので、要するにこれを交換すれば良いのだが、真空管アンプの場合、「バイアス調整」という作業を要し、これに専門知識が必要なのである。単に差し替えるだけでは良い状態を保てない。真空管アンプの調整は、アウトプットを接続して負荷を規定通りにかけた状態で行う。配線はシャーシの裏側、バイアス調整用の可変抵抗器は表にあるので、重い電源トランスを下にして、本体側面を立てる。ハンダ仕事でなくテスターだけの作業なので負担は軽い。とはいうものの、刺し違えれば800Vという高電圧に感電する可能性がある。800Vといえば電車を走らせるような電圧であり、一歩間違えばこの屋敷が全焼、あるいは私自身が全焼する可能性も排除できない。良い音を聴くのは、本当に命がけだ。


KIF_1818.jpg


 回路図と、抵抗器のカラーコードと首っ引゜きで配線を確認する。幾つか変更箇所もあるので細心の注意を要する。読み慣れてくると、案外スラスラと解けていくものだ。


KIF_1831.jpg


 このアンプに使われている出力菅は6CA7といい、現行ではEL34などが代替品となる。今回購入した真空管はスロバキア製JJ社のE34Lである。動作環境を整えるために、特性の揃った4本を丸ごと交換する。テクニカル・ディテイルはあまりよく理解できていないが、要するにバイアス調整とは、真空管のグリッドにかかる電圧を調整して、プレートからカソードへ流れる電流を制御することである。従って、その電流値が適正か、いくらなら適正なのかを知っておく必要がある。これは専門家に訊かなければわからない。なぜそうなるのかは今後の課題として、今はプレート電流を50mAに調整することとする。しかし電流を測ることは、その区間の配線を外して直接テスターを入れなければならないので現実的ではない。そこで、前回の修理時に、その区間に電流測定用の抵抗が挿入されており、その両端の電圧を測って抵抗値で割れば、オームの法則によりその区間を流れる電流の値が求められるということになる。回路図上では理解した。


KIF_1823.jpg


 では実際の配線でどことどこの間を測るのかを示したのが上の写真である。真空管E34Lのピン番号で1 (アース) と8 (カソード) の間を測る。このアンプは、5極管である6CA7を三極管として使用する接続になっているので、カソードと第三グリッドを接続してある。そこに抵抗を割り込ませてあって、その両端を測っていることになる。適正電流が50mAだから、逆算してその10倍、500mV=0.5Vになるように、バイアス調整用ボリュームを回せば良い。そこまでは理解した。


KIF_1834.jpg


 で、その時のバイアス電圧を計測して確認しておくのである。バイアスはマイナス電圧で、いわゆるC電源を整流して、+/-を逆にして第一グリッドに送り込まれている。それが写真で指している左の先、すなわちピン番号でいうと5番になる。そこと1番のアースの間を測れば良い。テスターの+/-も逆にする。ちなみに右隣の6番にも配線があるが、6CA7 (EL34) の6番は空きなので、ソケットのピンをラグ端子代わりに使っているのである。で、1と5の電圧はだいたい-40V程度であるという。これも専門家に聞いた話。よし、どこをどうすればよいかは、だいたいわかった。


KIF_1828.jpg


 さて、真空管を挿して電源を入れようとして手が止まった。バイアス・ボリュームはどうするのか ?? ボリュームをどちらかに回しきった上で、徐々に戻して電圧を測定するはずである。右に回し切るのか、左か ?? それを調べはじめて、さまざまに錯綜する相矛盾する情報に戸惑ってしまった。幾つかの信頼できそうな情報源での表現は微妙である。「回し切る」とは書いてあるものの、右に回し切るのか、左に回し切るのかが書いてないのだ。バイアスはマイナス電圧であるから、ボリュームを右に回すとマイナス値が増え、電圧が下がるはずである。だから右に回し切ると思っていた。通常の音量調整とは逆である。しかし別の情報では、「バイアスをかける」というように、マイナス電圧をかけて真空管を効率よく作動させるということなので、バイアスをかけるということは、動作を促進させる方向に働き、調整はその逆で、動作を抑制する方向から徐々に上げていかなければならないとある。いくつかの情報では「左に回し切る」との表現があった。「バイアスを抑える」という表現もあった。「バイアスが深い」とか「浅い」という表現もあった。私は判断に迷ってしまった。そしてさらに調べた上で、やはりバイアスをかけない状態から徐々にかける電圧を調整するという表現を見て、どうせ調整なんだから全体としては微々たるもんだろうくらいに考えて、左に回し切った。

 電源スイッチを入れた数秒後に、「ボン」と音がしてヒューズが飛んだ。やっちまったのである。なぜ専門家に三たび訊ねなかったのであろうかと、つくづく後悔する。「そんなこともわからんのか」と言われそうで怖かったのだ。訊くは一時の恥、訊かぬは一生の恥。大枚の散財を、たった数秒で灰にしてしまったのだろうか。とにかくヒューズが飛んだということは、どこかに過電流が流れた結果であって、どこに流れたか、パーツの破損はないかを特定しなければならない。注意一秒、怪我一生。素直に4万円払っときゃ問題なく済んだものを、カネをケチったばっかりに、これを修理してさらに交換と調整にそれ以上のカネがかかる。安物買いの銭失い。

 やれやれ全く、弱り目に祟り目、なにもかもがこのように自分に刃向かってくると、思わず武器をとって反撃に転じたくなる。しかし衝動に任せて行動すれば、必ず傷口が広がる。これは致し方のないことだ。ぐっと耐えて頭を冷やし、落ち着いてどうすれば良いのかを思い巡らし、原因を落としこんで最悪の事態に備える。あるいは昼寝したり、散歩に出るのも良い。子供の頃からそうして生きてきたじゃないか、気にするないつものことだ、そんなこんなのone of themだ。必ず打開できる。と、自分に言い聞かせて寝る。

posted by jakiswede at 23:02| Comment(0) | もちものじまん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。